「ピクサーフィギュアコレクション ウォーリー」代行レビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

「ピクサーフィギュアコレクション ウォーリー」代行レビュ―

walle037.jpg
今回は、
「海洋堂」の
「ピクサーフィギュアコレクション ウォーリー」の代行レビュ―です。


2008年に公開された
「ピクサー・アニメーション・スタジオ」と
「ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ」制作の
映画「WALL・E」の主人公「ウォーリー」が、
「海洋堂」の新ブランド
「ピクサーフィギュアコレクション」から
登場です。

物語は、
荒廃し、
全人類が宇宙へ脱出した
29世紀の地球が舞台です。

たった一体となっても
ゴミの整理を続ける
ロボット
「ウォーリー」は、
長い年月を経て、
感情を持つようになりました。

そんなある日、
ウォーリーは、
人間の宇宙船から地球に送られた
女性型ロボット「イヴ」と出会います。

彼女に、
宝物として持っていた
「植物の芽」を見せた所、
彼女はそれを自分の体内に収納し、
動かなくなります。

やがて彼女を連れ戻しに来た宇宙船に、
「ウォーリー」はしがみついて、
宇宙空間に飛び出してしまいます。

やがて「ウォーリー」は、
地球を離れて旅を続ける人類を乗せた
宇宙船「アクシオム」に辿り着きます。

そこで「ウォーリー」は、
「地球再生」に関わる
大活躍をします。


それではレビューです。


※本レビューには、
作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なのでご容赦願います。


「Down To Earth」ピーター・ガブリエル

※動画投稿者の皆様へありがたく使わせて頂きます。


(全体図)
walle001.jpg
walle002.jpg
walle003.jpg
walle004.jpg


(付属品)
walle005.jpg
靴に入った植物
消火器
スクラップ
ハル

(「双眼鏡」アップ)
walle006.jpg
walle007.jpg
頭部の「双眼鏡」は角度を変えて、
表情をつける事ができます。

(「首」アップ)
walle008.jpg
walle009.jpg
首のジョイントも、
可動して、
伸ばした状態等にもできます。

(「マニピュレーター」アップ)
walle010.jpg
walle011.jpg
「マニピュレーター」は、
開閉可能です。

(「アーム」取り付け位置変更)

(下)
walle012.jpg

(前)
walle013.jpg

(中央)
walle014.jpg
「アーム」は、
胴体への取り付け位置を
変更できます。

(「胴体」アップ)
walle015.jpg
「胴体」正面には、
「WALL・E」
の文字がプリントされています。

(「キャタピラ」アップ)
walle016.jpg
walle017.jpg
「キャタピラ」と「胴体」は
「リボルバージョイント」で接続され、
向きを変える事が可能です。

(収納状態)
walle018.jpg
「首」・「アーム」・「キャタピラ」を外して、
「頭部」を「胴体」に取り付けて、
「収納状態(?)」を再現できます。
ただし、
「頭部」も完全に「胴体」に収納して、
立方体の状態にはできません。

(スクラップ)
walle020.jpg

(ハル)
walle021.jpg
walle022.jpg
「ウォーリー」の友達である
「ハル」も付属します。


(消火器)
walle023.jpg
「ウォーリー」が宇宙空間で使用した
「消火器」も付属します。

(靴に入った植物)
walle024.jpg
物語の鍵となった
「靴に入った植物」も付属します。

(以下適当に何枚か)
walle019.jpg
walle025.jpg
walle026.jpg
walle027.jpg
walle028.jpg
walle029.jpg
walle030.jpg
walle031.jpg
walle032.jpg
walle033.jpg
walle034.jpg
walle035.jpg
walle036.jpg
walle037.jpg
walle038.jpg
walle039.jpg

(「ウォーリー」と握手を交わす「ドラえもん」)
walle040.jpg
ドラえもん「こんにちは、ぼくドラえもんです。」
ウォーリー「WALL・E」

(「ハル」に驚く「ドラえもん」)
walle041.jpg
ドラえもん「ぎゃー!ゴキブリこわ~い!!」
※ゴキブリが苦手なのは、
「ドラえもん」の妹「ドラミちゃん」です。
「ROBOT魂」で「ドラミちゃん」がほしいです。
…無理でしょうね…


(「靴に入った植物」を「のび太」に見せる「ウォーリー」)
walle042.jpg

(仲良く手を繋ぐ「ウォーリー」・「ドラえもん」・「のび太」)
walle043.jpg
天の声「ぼ~く達、地球人~♪」




(総評)


(長所)
「特撮リボルテック」
「リボルテックヤマグチ」
と違い、
箱がコンパクトで、
場所を取らない点がうれしいです。

劇中で使用した小物も付属し、
様々な場面を再現できる点も
良かったです。

頭部の「双眼鏡」が可動して、
表情が変えられる点も良かったです。

小さいながら、
「マニピュレーター」が可動するのも
うれしかったです。

かわいらしい「ウォーリー」を
再現できる点が、
何よりもうれしかったです。


(短所)
「アームの付け根のジョイント」が、
すぐに外れてしまい、
「アーム」の向きを変える時等、
少しストレスを感じました。


「頭部の双眼鏡」の向きを変える事はできるものの、
劇中のように、
「瞼が半開き」になった状態を再現したパーツが
付属しない点が残念でした。

また、
「太陽光を充電する状態」
を再現できれば良かったです。

そして、
「頭部」・「アーム」・「キャタピラ」を
「胴体」に完全に収納した状態にできない点も
残念でした。



残念な点はありましたが、
ハイターゲット向きのアクションフィギュアとして
「ウォーリー」が商品化された事は
とてもうれしく思います。


今後も、
「ピクサーフィギュアコレクション」は
続きます。

「ウォーリー」のパートナーとして、
「イヴ」も商品化してほしいです。


それから個人的には、
「ピクサー」の作品ではありませんが、
今後「海洋堂さん」に、
映画「シュレック」の
主人公「シュレック」の「リボルテック」を
商品化してほしいです。


それでは、今回はこれまで!


関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます