ホットトイズ ムービー・マスターピース DX バットマン レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ ムービー・マスターピース DX バットマン レビュー

b89085.jpg
今回は遅れましたが、ホットトイズ ムービー・マスターピース DX バットマン レビュー です。




今回のバットマンは、1989年公開されたティムバートン監督のバットマンです。バットマンことブルースウェインを演じたのは俳優のマイケルキートンです。いままでのヒーローとしてのバットマン像をダークヒーローへと転換させた転機の作品といえると思います。バットマンは数々の秘密兵器とバットモービルなどを駆使して、ゴッサムシティを滅ぼそうとするジョーカーと激しい戦いを繰り広げました。今回のフィギュアは、ダークナイトとは違ったスーツや劇中の再現に期待が高まります。それではレビューをはじめます。

(全体像)
b89045.jpg b89046.jpg b89047.jpg b89048.jpg
全体像はダークナイトバットマンと比べて全体的に丸く、スーツもゴムというより皮製のような質感があります。そしてマントはダークナイト版とは違って、人工皮革で作られており質感が高いです。

マントなし
batt094.jpg batt096.jpg batt097.jpg
胸部や腹部のスーツの筋肉を模したような造型も忠実に再現されています。腕のトゲも再現されており、こちらには折れたトゲのパーツも用意されています。

(顔)
batt084.jpg batt085.jpg batt086.jpg batt087.jpg batt088.jpg
頭部の造型は非常に高く再現されています。うちにバットマン放映当時のパンフレットがあるのですが、その写真と見比べても遜色のない仕上がりです。眼の周りの皮膚の塗装もしっかりと再現されていますね。

(眼球可動システム)
batt108.jpg batt109.jpg
DXシリーズの特徴である眼球可動システムももちろん搭載しています。今回は、ダークナイトなどよりもかなり動かしやすくなっています。更に眼自体の質感も前のものよりもかなり向上しています。 batt110.jpg batt111.jpg batt112.jpg batt113.jpg
今回のバットマンは右左にあまり首を曲げることができないので、目線を変えるこのシステムは必須だと思います。上下左右どちらを向かせてもちゃんと様になります。

各部
batt083.jpg
バットマンといえばこのバットマークですね!上映当時は、バットマークと周りの黄色(もしくは金色)を逆に見て、「金歯」に見えるという人が結構いましたね。

batt100.jpg batt098.jpg ベルト batt099.jpg
ベルトはダークナイト版に比べてかなり見た目は簡素です。ベルトの右側に磁石が接続可能であり、あとで示すグラップネルガンを装着できます。


b89050.jpg
脚の造型も、映画のスーツに近く再現されています。

(口パーツ変更)
batt117.jpg batt118.jpg batt119.jpg batt120.jpg batt121.jpg
口パーツは通常、笑み、そしてバトルダメージと付属しています。特にバトルダメージでは生々しい血の跡が再現されており、劇中の臨場感を最大限に引き出しています。

(可動性)
b89052.jpg batt102.jpg
肘は90度以上曲げることができます。肩関節は肩から上に腕を上げることはできますが、スーツの干渉があるの真上に上げることは難しそうです。

batt104.jpg batt105.jpg
腰の可動性は前後そこそこあります。ただ、あまり無理にそらすことはできません。 batt106.jpg
脚はゴムスーツの抵抗があるので高く深く曲げたまま維持は難しいです。 batt107.jpg
股関節の可動性はダークナイトと同じ程度です。あまりやると股のゴムスーツにダメージがきそうなので注意が必要だと思います。足首の関節可動域が高く保持力もあるので、どの状態でも高い安定感があります。

オプション ガントレッド
b89070.jpg b89065.jpg b89064.jpg b89067.jpg b89066.jpg
ガントレットは詳細なところまで作りこんであり、先端部分は左右に90度くらいまで曲げることもできます。

トライアングルガード
b89073.jpg
腕の間に専用パーツを差し込んで、トライアングルがード使用を再現できます。

グラップネルガン
b89075.jpg b89076.jpg
上記の通り、分解することができます。
b89079last.jpg
ベルトに磁石とサポートパーツを使って装着することができます。

装備状態
b89083.jpg b89084.jpg b89085.jpg b89069.jpg

他のオプションパーツ
b89080.jpg
バットモービルリモコン、手裏剣、スモークカプセル等 b89143.jpg
折れた腕のトゲトゲみたいなものもあります。小物も充実し、今後バットモービルやジョーカーとのからみの際にも使用できるアイテムが揃っていますね。

b89104.jpg
持ち手を利用することで、これら小さいアイテムも手に持たせることができます。

マント
b89119.jpg b89121.jpg b89123.jpg
マントは中に棒を通すことによって、劇中でのマントを広げた状態を再現できます。ただ、なかなか棒を見えないようにポーズをとらせることは本体の可動性もあってちょっと難しいと思いますが、うまくセットできると劇中のシーンを良く再現できます。

スタンド
b89129.jpg b89130.jpg
ディスプレイスタンドは、バットマンのマークが描かれています。 b89132.jpg b89133.jpg
前の両端にライトが付いており、ある程度照射方向を変えることができます。 バットシグナル
b89138.jpg
バットマンを呼ぶときに、空に照射するバットマンマークを、付属したバットシグナル照射用アイテムと懐中電灯を使って、壁に照射することができます。今回の写真ではあまり鮮明に撮れませんでしたが、普通の壁などには鮮明に映し出すことができます。


(そのほか)
b8144.jpg b89105last.jpg b89107.jpg b89108.jpg b89109.jpg b89111.jpg b89114.jpg b89115.jpg b89089.jpg b89090.jpg b89093.jpg b89063.jpg b89086.jpg b89095.jpg b89099.jpg b89100.jpg b89101.jpg
滑空バットマン
126lastrr.jpg 128lastrr.jpg
飛行状態を再現したかったのですが、CG処理不完全ですいません・・・。実際に、バットマンは第一作ではマントを使った滑空はしなかったと思いますが、バットマンリターンズでは、マントを使用した滑空シーンがありました。リターンズも商品化されるので、その時は新型バットマントも再現してほしいですね。

バートン版&ダークナイト版
b89145.jpg<\br> ダークナイト版バットマンとはかなりデザインが異なりますね。デザイン的にはバートン版のほうが古く見えますが、フィギュア自体は様々な改良がくわえられているバートン版のほうが見栄えは良く見えます。 以上、ホットトイズ バットマン(ティムバートン版1989年)レビューでした。

(総評)
良かったところ
全身に使用されたラバースーツの質感が高い
眼球可動システムの改善がみられ、目の質感やその操作性も改善されている
マントの支柱や豊富なオプションなどが充実

気になったところ
全身のラバースーツのため、可動性は制限されている
マントの支柱を見せずにディスプレイするのはなかなか難しい

今回のフィギュアは、全身のラバースーツによる劇中の質感を再現しています。その分可動性は制限されますが、全体的な見栄えは非常に臨場感があります。マントも人工皮革を使用して質感を再現し、ダークナイト版よりも堅いのですが、その分たなびくマントの形状をある程度再現できるのも良かったです。ガントレットなどの装備及び付属品も作りこみが高く、どれもリアルに仕上げられています。また、マントのポーズをつける際に、若干マントの中に支柱を隠しにくいのが残念ですが、バットマンのポージングには不可欠のマントの形状をコントロールできるのはよかったです。

ダークナイトよりも多くの点で改善がみられ、より完成度の高いバットマンフィギュアだと思います。今後、ジャックニコルソンのジョーカー、そしてジョーカーになる前のマフィア、ジャック・ネーピアも発売予定なので、今後もバートンバットマンのフィギュアにも大いに期待できると思います。そして、バットマンが搭乗できるバットモービルも来年に発売を控えています。バットマンリターンズも商品化が決定し、バートン版バットマンのフィギュア展開には目が離せないですね。

それでは今回はこれにて!

関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます