メディコムプレミアムクラブ ProjectBM! ハンターナイトツルギ レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

メディコムプレミアムクラブ ProjectBM! ハンターナイトツルギ レビュー

turugi043.jpg
今回は、メディコムプレミアムクラブ ProjectBM! ハンターナイトツルギ レビューです。

ハンターナイトツルギは、ウルトラマンメビウスに登場した蒼い巨人です。正体はウルトラマンヒカリなのですが、かつてボガールから惑星アーブを守れなかったことからアーブの思念体の憎しみに取りつかれて、復讐の鎧であるアーブギアをまとったのがこの姿です。アーブを滅ぼしたボガール抹殺のみを目的とし、ボガールが現れた地球へとやってきました。ボガールを追っている最中にあちこちでいざこざを起こしたらしく、剣豪ザムシャ―が勝負を挑みに地球にやってくるなど宇宙ではかなり名を知られていました。地球では、ボガール抹殺を優先するあまり地球人への被害も顧みない行動をとってウルトラマンメビウスと対立しますが、後に共闘してボガールを倒すも、力尽きてしまいます。ウルトラマンヒカリとして蘇った後、アーブの鎧を今度は勇者の鎧として自らの意志で装着することができるようになりました。

今回のフィギュアはメディコムプレミアムクラブ限定販売のフィギュアで、ウルトラアクトでも商品化されていないツルギのフィギュアとして期待が高まります。

















turugi129.jpg
turugi131.jpg


(全体像)
turugi047.jpg
turugi049.jpg
turugi051.jpg
turugi053.jpg
ウルトラマンヒカリと比べると全体的にデザインが複雑化し、アーブギアの装着部分の再現によってヒカリより全体的に大きく見えます。デザインはウルトラマンヒカリよりも深いブルーが基調となっています。

(顔)
turugi054.jpg

turugi055.jpg

turugi056.jpg

turugi057.jpg
turugi058.jpg
顔はウルトラマンとは違って目が出ていないデザインになっています。耳と口の部分以外はヒカリと共通点はありません。劇中の頭部を良く再現していると思います。

(各部)
turugi062.jpg
ヒカリとは違ってアーブギアの襟も再現されています。

turugi063.jpg

turugi064.jpg
胸部は硬質素材ではなく、すべて軟質素材でつくられています。胸の装甲や身体のラインもヒカリと差別化されています。

turugi067.jpg

turugi068.jpg

turugi069.jpg
腹部や腕の部分もアーブギアの装着部分も同様に再現されています。

turugi066.jpg
太腿から延びる部分は軟質素材で再現されています。

turugi072.jpg
脚の踝の部分は、ヒカリよりもしっかりと関節を覆うように長くなっています。


turugi060.jpg

turugi061.jpg

turugi070.jpg

turugi071.jpg
背面のアーブギアの造型やラインもしっかりと再現されています。

(オプション)
127.jpg
ハンドパーツ両手3種類、ポーズハンドパーツ一個、ナイトビームブレード

ナイトブレス
turugi073.jpg

turugi074.jpg

turugi075.jpg
ハンターナイトツルギの主要装備であるナイトブレスは、ヒカリのものと違って前部が着脱可能になっています。

ナイトビームブレード
turugi077.jpg

turugi078.jpg
ブレスの先を付け替えることによって、ナイトビームブレードを装備することができます。ツルギはメビウスよりも剣撃に優れる設定だったので、このブレードが再現されたのは良かったです。これがウルトラマンヒカリにセットできれば良かったんですが、ヒカリのナイトブレスは分割するようにはできていませんでした。

可動性
turugi083.jpg
ヒカリよりも頭部の可動性が制限されています。


turugi080.jpg
腕の可動性はヒカリ同等です。肩のパーツの影響で真上には腕を上げにくいです。
写真はありませんが、脚の可動性はヒカリと同程度です。

turugi079.jpg
腕の関節の保持性はヒカリよりも高く、より深く関節を曲げた状態で保持できます。



(その他)

ナイトシュート
turugi090.jpg

turugi089.jpg

turugi084.jpg

turugi085.jpg

turugi086.jpg

turugi087.jpg

turugi088.jpg

ババウル星人が化けたハンターナイトツルギのつもり
turugi132.jpg

turugi136.jpg

turugi138.jpg


そのほか
turugi096.jpg

turugi102.jpg

turugi103.jpg

turugi104.jpg

turugi105.jpg

turugi108.jpg

turugi111.jpg




turugi114.jpg

本人同士
turugi116.jpg
turugi115.jpg

turugi117kast_20120212232550.jpg


ババウル星人が化けたツルギVSウルトラマンヒカリ
turugi121.jpg

ナイトビームブレードをヒカリに無理やりつけてみた
turugi123.jpg

turugi125.jpg

turugi126.jpg

turugi140_20120211212819.jpg
turugi141.jpg
ヒカリのナイトブレスの間に無理やりナイトビームブレードをつっこんでみました。せめて接続部分が外れせば見た目だけは再現できたんですが、壊しそうだったので断念しました。やはりヒカリにも専用のブレードが欲しかった・・・。

turugi118.jpg
以上、ProjectBM! ハンターナイトツルギ レビューでした。


(総評)
良かったところ
ナイトビームブレードをナイトブレスの分割で再現できている
関節の保持力はウルトラマンヒカリよりも高い
足関節及び手関節の関節部分をスーツでしっかりと隠している

気になったところ
首の可動性などが私の購入分ではヒカリよりも低い


今回のフィギュアは、ハンターナイトツルギのフォルムを良く再現したフィギュアだと思います。そしてなんといってもナイトブレスの分割によってナイトビームサーベルを装備できるのが良かったです。ただ、鎧部分が軟質素材でできており、劇中のようなメタリックな光沢をもつ鎧部分ではなかった点が、購入者好みによって判断が分かれると思います。また首の可動性がヒカリよりも制限されている点は残念でした。そして、やはりヒカリにもナイトビームブレードを付けられるようにしてほしかったですね。おしい点はあるものの外見の再現性及び関節の保持力なども高く、ハンターナイトツルギのフィギュアとして現時点で最高レベルのフィギュアだと思います。

ウルトラマンメビウスのフィギュア化はいまのところあまりありませんが、メビウスバージョン2(メビュームブレード装備可能)やメビウスバーニングブレイブ、フェニックスブレイブを今の技術で出てほしいですね。

それでは今回はこれにて。





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます