バンダイ ミニプラ ゴーバスターエース レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

バンダイ ミニプラ ゴーバスターエース レビュー

bace091.jpg
今回は、バンダイ ミニプラ ゴーバスターエースのレビューです。


ゴーバスターエースは、レッドバスターの専用バスターマシンです。チーター、ビークル、バスタービークル、メガゾードの4変形が可能で、ブレードを使用した剣と肩部のミサイルが主な武器です。ミニプラの戦隊ロボは、DXシリーズほどの耐久性や造型はありませんが、高い可動性と安価な価格が魅力です。今回は劇中で大活躍のゴーバスターエースがどこまで再現されているか気になりますね。
それではレビューを始めます。





動画作成者様、ありがたく使わせていただきます。

(全体像)

ビークルモード
bace074.jpg
bace075.jpg
bace076.jpg
bace077.jpg
ビークルモードは一部組み換え部分がありますが、変形が可能です。劇中のデザインを良く再現していると思います。ボディのデザインはシールによって再現されています。ちなみにタイヤは回りません。

バスタービークルモード
bace078.jpg
bace079.jpg
bace081.jpg
bace082.jpg
車の先頭にチーターの頭(ニック)を接続することで、バスタービークルモードが再現できます。ほとんどビークルモードと同じですが、変形機構を省略せず再現できるようにしているのはすばらしいです。ちなみにブレードは劇中のように接続場所を変えて武器として使用する状態が再現できます。

チーターモード
bace083.jpg
bace084.jpg
bace085.jpg
bace086.jpg
bace087.jpg
チーターのモードにも変形が可能です。劇中のプロポーションはさすがに完全には再現できてはいませんが、かなり頑張っていると思います。ただ、両足を両側に少し広げられる以外は可動性はないのが残念です。


ゴーバスターエース(メガゾードモード)
bace002.jpg
bace003.jpg
bace004.jpg
ゴーバスターエースも、シールによって大体のデザインは再現できるようになっています。プロポーションは脚や腕が少し大きめなところ以外は良いと思います。

(拡大)

bace007.jpg

bace008.jpg

bace009.jpg
顔はシールによって再現されています。DXのような細かい造形はできていませんが、顔のデザインもシールで良く再現していると思います。

bace013.jpg
ゴーグルを外した下の顔もシールで再現されています。ということは、この顔が合体後に関わるような気がしますね。



bace010.jpg
bace011.jpg
脚も大部分がシールで塗装等を再現しています。

背面
bace012.jpg
背面には多くの穴があります。おそらくゴーバスターオーへの合体用なのでしょうね。

(チダ・ニック)
bace069.jpg

bace072.jpg
チーターの頭部は外すことができ、背面にニックが再現されています。

bace073.jpg
チーターの頭部をつけたままでは自立できませんが、外すとニックだけで自立することができます。

可動性
bace014.jpg
bace015.jpg
bace016.jpg
肩のジョイントのおかげで腕と肩の可動性は高く、前後左右に動かすことができます。

bace018.jpg
首はポールジョイントで接続され、若干前後左右に傾けることができます。

bace019.jpg
股関節の可動性は180度もあります。

bace020.jpg
股関節のジョイント部分が多数存在するので、可動性は高いです。



bace022.jpg
bace023.jpg
bace025.jpg
剣は手の接続部分に接続してセットできます。



そのほか
bace026.jpg

bace027.jpg

bace028.jpg

bace038.jpg
bace042.jpg

bace047.jpg

bace061.jpg
このエースは剣を両手持ちできるので、両手で剣を振り上げたシーンなどを再現できます。


bace050.jpg

bace051.jpg

bace056.jpg

EDダンスのような
bace066.jpg
固いきずなゴーバスターズ♪ GO LET'S GO!

以上、バンダイ ミニプラ ゴーバスターエースのレビューでした。

(総評)
良かったところ
4変形が可能
各部関節のおかげで可動性が高い
ニックが造型されているのもすごい
値段が安いのも魅力


気になったところ
関節が外れやすい
タイヤは回るようにしたほうがよかったかも?
接地性が少し低い


安価であるにもかかわらず、変形可能な上に高い可動性を実現しており、完成度の高いゴーバスターエースでした。高い可動性があるので、劇中のポーズをほぼ取ることができるのもすごいです。そしてエース以外のモードでも劇中のデザインを十分に再現しており、値段以上の価値がある商品だと思います。

少し残念だったのは、組み換えに対応するために関節部分が外れやすいのと、脚の接地性が低いので立たせにくいことです。しかしこれで600円ということを考えれば十分な完成度だと思います。価格も安く完成度が高いので、全年齢におすすめできるものだと思います。

今回のものは劇中の様な色ではなかったため、プレミアムバンダイ限定でもいいからマジョーラカラー塗装のバージョンもぜひ欲しいですね。そして今後発売の2体とあわせて、ゴーバスターオーに合体できる日が楽しみです。

それでは今回はこれにて!


バンダイ 特命戦隊ゴーバスターズ ミニプラ 特命合体ゴーバスターエース(ヤフー)
バンダイ 特命戦隊ゴーバスターズ ミニプラ 特命合体ゴーバスターエース(楽天)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます