雑記と 海洋堂  ドラゴン (海洋堂フィギュアワールド) ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

雑記と 海洋堂  ドラゴン (海洋堂フィギュアワールド) ミニレビュー

(雑記)
先日、今月予定していたホットトイズ ジョーカーをはじめ、かなりの数のホットトイズフィギュアの発売日が変更されました。ブラックスパイダーマンのみは前倒しになりましたが、他は発売延期になりました。特にトロンレガシーのライトサイクルについては以前より延期が連発され、本当に発売するのかよくわからなくなっています。

新作発表をどんどんしていくのは結構ですが、新作開発が多すぎて発売に遅れが生じているような気もします。確かに以前より人気が上がっているのでどんどん売りたいのも分かりますが、発売日変更を常態化するのではなく、ある程度は守って発売してほしいものですね。特に日本のネットショップなどの予約では、予約するとキャンセルできないところがほとんどなので、メーカーとしてあまりに延期したフィギュアに関しては予約キャンセル可能にするなど対処もしてほしいですね。


予約開始予定など
(プレミアムバンダイ)
スーパーロボット大戦20周年記念商品のサイバスター「魔装機神」COLOR EDITION
抽選販売を近日受付開始予定

サイバスターか・・・、学生のころスパロボについて友達と色々話していたことが懐かしい。個人的にはネオグランゾンも出してほしいです。

(海洋堂 ドラゴン ミニレビュー)

先日、奈良に用があったついでに奈良で開催されている海洋堂フィギュア展に行ってきました。感想としては、生き物等のリアルフィギュアからアニメや特撮のフィギュアなど多数展示されており、原型師の紹介や海洋堂の歴史等子供、一般人、マニア、オタクまで幅広い層に楽しめる内容になっていると思いました。ただ、食玩が主なので、目が悪い人は小さくて見えにくいかもしれないですね。

そこで一つだけ買ってきた海洋堂の滋賀のミュージアムのキャラクターであるドラゴンのフィギュアを少しですが撮ってみました。

(全体像)
kai001.jpg
kai002.jpg
kai003.jpg
kai004.jpg
全長はかなり小さいのですが、全身の金色に近い塗装と細かい造形によりリアルなドラゴンに仕上がっていると思います。首、胴体、台座と分離したパーツを接合して完成しますが、接合の分割線もデザインを工夫してあまり目立たなくなっているのも良いですね。

(各拡大)
kai005.jpg
kai006.jpg
kai007.jpg
kai008.jpg
kai009.jpg
kai010.jpg
海洋堂の食玩は、小さいにも関わらず、細かいところの塗装ミスなどがみつからないもしくは目立たないのがすごいですね。尻尾の部分の皮膚や羽の造型も詳細かつ丁寧に仕上げられています。

(総評)
細かく塗装されており、リアルに仕上がっている
ドラゴンの皮膚などの質感が細かく再現されている

500円のものとしては十分な出来だと思いました。ドラゴンの皮膚のうろこ状の部分など細かい部分もしっかりと再現されています。さらに、小さいながら瞳や口の中の歯まで再現しているのはいいと思いました。さすがは食玩の分野の第一人者である海洋堂のフィギュアだと思います。

フィギュアというものがより一般に広く知られるようになったのは、やはり海洋堂の貢献が非常に大きいと思います。単独でミュージアムまで開いてしまう会社なので、今後もリボルテックや食玩で今以上の発展が見込まれると思います。そのうち滋賀のミュージアムにも行ってみたいですね。ホットトイズはトイサピエンスを東京に開きましたが、メディコムトイ、マックスファクトリーなども常設展示する場所を是非作ってほしいですね。

それでは本日はこれにて。



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます