プレミアムバンダイ限定 「S.H.フィギュアーツ クレイドールドーパント」代行ミニミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

プレミアムバンダイ限定 「S.H.フィギュアーツ クレイドールドーパント」代行ミニミニレビュー

cdd17.jpg

今回は、
プレミアムバンダイ限定
「S.H.フィギュアーツ クレイドールドーパント」の代行ミニミニレビューです。


「仮面ライダーW」に登場する
宿敵「ミュージアム」のメンバーである
「園咲若菜」が変身する
「クレイドールドーパント」の
「S.H.フィギュアーツ」です。

「園咲若菜」は、
当初舞台である
「風都」を代表するアイドル
でした。

「クレイドールドーパント」の特徴は、
破壊されても
自力で再生するという能力です。


その後、
「ミュージアム」の完全な後継者となり、
「クレイドールドーパント」から、
「クレイドールエクストリーム」に進化しました。


「仮面ライダーW」の活躍により、
「ミュージアム」が壊滅した後、
消滅した弟の
「フィリップ=園咲来人」を復元させるため、
自分の肉体を譲り、
消滅しました。



「クレイドールドーパント」は、
「W」終了後、
「財団X」により
意思を持たないダミーとして復活し、
映画「MOVIE大戦MEGA MAX」に登場しました。

しかし、
「再生能力」がなくなり、
「栄光の7人ライダー」によって、
あっけなく倒されてしまいました。


それではレビューです。




※本レビューには、
作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なので
ご容赦願います。




(全体図)
cdd01.jpg
cdd02.jpg
cdd03.jpg
cdd04.jpg


(「顔面」アップ)
cdd05.jpg
テレビで見ていた時は
気になりませんでしたが、
結構不気味なデザインの
顔だったんですね。


(「ベルト」アップ)
cdd06.jpg
「メモリ」を挿入する
「ベルト」です。


(「スカート」アップ)
cdd07.jpg
「クレイドール=土偶」らしく、
亀裂がデザインされています。

(「重力エネルギー弾」発射)
cdd08.jpg
「重力エネルギー弾」を発射する
大砲のような左腕のデザインも、
きちんと再現されています。


(ミック)
cdd11.jpg
cdd12.jpg
cdd13.jpg
cdd14.jpg
cdd15.jpg
cdd16.jpg
劇中では
「スミロドン・ドーパント」に変身する
「園咲家の猫」
「ミック」が付属します。

無可動です。


(適当にポーズ)
cdd09.jpg
cdd10.jpg
cdd17.jpg


(総評)


(長所)
「不気味な顔」が
きちんと再現されていて、
雰囲気がよく出ていると思いました。

無可動ながら、
「ミック」が付属する点も
うれしかったです。


(短所)
「重力エネルギー弾」の
発射シーンを再現させるための
「エフェクトパーツ」も
ぜひ付属させてほしかったです。


残念な点はありますが、
「怪人キャラ」として、
「仮面ライダー」とは無論の事、
同シリーズの
他のキャラと絡めて遊ぶ事ができて
商品化自体は大歓迎です。


「仮面ライダーW」に登場した
「敵キャラ」では、
「ミュージアム」の
「テラー・ドーパント」
「タブー・ドーパント」
「スミロドン・ドーパント」が
「フィギュアーツZERO」で
商品化されました。

個人的には、
「テラー・ドーパント」と
「スミロドン・ドーパント」を
「S.H.フィギュアーツ」で
再度商品化してほしいと思います。

それと
「ユートピア・ドーパント」も、
ぜひ「S.H.フィギュアーツ」で
商品化してほしいと思います。



非常に簡単に済ませて
申し訳ありませんが、
今回はこれまで!
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます