映画「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」感想レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

映画「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」感想レビュー

shw001.jpg
今回は、
映画「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」の感想レビューです。
※完全なネタばれなので、これからご覧になる方はご注意ください。

shw002.jpg

(入場者プレゼント)
shw003.jpg
shw004.jpg


「仮面ライダー」と「スーパー戦隊」の
「2大ヒーロー」が共演する映画
「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」を
観てきました。


以下が、
「あらすじ」と「感想」です。


※完全なネタばれなので、
これからご覧になる方はご注意ください。
またうろ覚えのため、
実際の作品の内容とは
異なる記述があるかもしれませんが、
ご容赦願います。




「情熱~We are Brothers~」Hero Music All Stars

「Journey through the Decade」Gackt

「海賊戦隊ゴーカイジャー」松原剛志 (Project.R)

「Switch On!」土屋アンナ

「バスターズ レディーゴー! 」高橋秀幸(Project.R)

※動画投稿者の方々へ、ありがたく使わせて頂きます。


(あらすじ)
荒野の真ん中、
「栄光の7人ライダー」である
「新1号」「新2号」「V3」「ライダーマン」「X」「アマゾン」「ストロンガー」達と
「海賊戦隊ゴーカイジャー」のリーダーである
「キャプテン・マーベラス=ゴーカイレッド(演:小澤亮太さん)」が対峙していた。

「マーベラス」は「ゴーカイレッド」に「豪快チェンジ」し、
「7人ライダー」に向かっていく。

「ゴーカイレッド」は、
「レッドワン」や「ニンジャレッド」に
「豪快チェンジ」して、
瞬く間に「7人ライダー」達を倒してしまう。

「全ての仮面ライダーは俺が倒す!」と語る
「マーベラス」の前に、
「門矢士=仮面ライダーディケイド(演:井上正大さん)」が現れ、
「それなら全てのスーパー戦隊は俺が倒す!」と語る。


場面が変わって月面では、
「如月弦太朗=仮面ライダーフォーゼ(演:福士蒼汰さん)」が、
「城島ユウキ(演:清水富美加さん)」・
「風城美羽(演:坂田梨香子さん)」と共に
地球を眺めていた。

するとその時、
無数の流星群が
地球に降り注ぐ光景を
「弦太朗」達は目撃する。

それら流星群は、
「マーベラス」率いる
「ギガントホース」を母艦とする
「大ザンギャック」の艦隊であった。

艦隊から降り立った
「大ザンギャック」の手先である
「ドゴーミン」や「ゴーミン」達は、
「天ノ川学園高校」の生徒達を襲い始める。

「JK(ジェイク)(演:土屋シオンさん)」と
「野座間友子(演:志保さん)」の知らせで、
「大ザンギャック」の襲撃を知った「弦太朗」は、
「歌星賢吾(演:高橋龍輝さん)」達
「仮面ライダー部」の仲間達と共に学園に駆け付ける。

生徒達を庇って、
「ゴーミン」に襲われていた
「大文字隼(演:冨森ジャスティンさん)」を救う
「弦太朗」であったが、
「大ザンギャック」の攻撃で
学園の外へ吹き飛ばされてしまう。

すると「弦太朗」の前に
「マーベラス」が現れ、
宣戦布告してくる。

「ゴーカイレッド」に変身した
「マーベラス」に敵意を感じた
「賢吾」の指示で、
「弦太朗」は
「仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ」に変身する。

「ゴーカイレッド」は、
「デンジレッド」と「マジレッド」に
「豪快チェンジ」して「フォーゼ」を攻撃し、
「フォーゼ」も
「エレキステイツ」と「ファイヤーステイツ」に
ステイツチェンジし対抗する。

しかし、
「ゴーカイレッド」の連続攻撃により、
「フォーゼ」は「ベースステイツ」に戻ってしまう。

さらにそこに、
「ゴーカイレッド」の手先である
「ゴーミン」達が多数出現し、
「フォーゼ」・「賢吾」・「ユウキ」達は
絶体絶命のピンチに追い込まれてしまう。

その時
「ジョー・ギブケン=ゴーカイブルー(演:山田裕貴さん)」
「ルカ・ミルフィ=ゴーカイイエロー(演:市道真央さん)」
「ドン・ドッゴイヤー(ハカセ)=ゴーカイグリーン(演:清水一希さん)」
「アイム・ド・ファミーユ=ゴーカイピンク(演:小池唯さん)」
「伊狩鎧=ゴーカイシルバー(演:池田純矢さん)」
達「海賊戦隊ゴーカイジャー」のメンバーが現れ、
「ゴーミン」達を蹴散らす。

変身を解いた「ジョー」達は、
「マーベラス」に対し、
「仮面ライダー」を襲う理由を問いただすが、
煙に巻かれてしまう。

「マーベラス」は
自分の部下である
「アクドス・ギル」
「ワルズ・ギル」
「救星主のブラジラ」
「黒十字王」
「血祭ドウコク」
「ロン」
「ダゴン」
を「ギガントホース」から
転送する。

すると今度は、
「朔田流星=仮面ライダーメテオ(演:吉沢亮さん)」が現れ、
「メテオ」に変身する。

「ワルズ・ギル」達を蹴散らす
「メテオ」であったが、
「マーベラス」の右腕である
「ライダーハンター・シルバ」が現れ、
圧倒されてしまう。

そして「フォーゼ」の眼前で、
「メテオ」は「ゴーカイレッド」の攻撃を受け、
消滅してしまう。


一方、
「大ショッカー」によって
街の人々が襲われているとの
連絡を受けた「特命部」では、
「黒木タケシ司令官(演:榊英雄さん)」が
「特命戦隊ゴーバスターズ」の3人に
出動命令を下す。

現場に駆け付けた
「桜田ヒロム=レッドバスター(演:鈴木勝大さん)」
「岩崎リュウジ=ブルーバスター(演:馬場良馬さん)」
「宇佐見ヨーコ=イエローバスター(演:小宮有紗さん)」
達の前に、
「大ショッカー」のナンバー2である
「ドクトルG(演:奥田達士さん)」が現れる。

すると今度は
「大ショッカー」の首領である
「門矢士」が現れ、
「仮面ライダーディケイド」に変身する。

「ヒロム」は
「人類の敵はシャットダウンする」
と語り、
仲間と共に「ゴーバスターズ」に変身する。

「ディケイド」は「555」にカメンライドし、
「ゴーバスターズ」に襲いかかるが、
「ブルーバスター」の怪力に圧倒される。

すると「ディケイド」は
「カブト」にカメンライドし
超スピードで攻撃するが、
「レッドバスター」は超スピードで
対抗する。

そこへ、
「ゴーカイジャー」の5人が現れる。

「マーベラス」から、
「既に多くのスーパー戦隊がディケイドによって倒された」
という話を聞かされていた彼等は、
真相を確かめに来たのであった。

しかし、
「ルカ」・「アイム」・「鎧」の3人は、
「ディケイド」に攻撃され消滅してしまう。


一方「マーベラス」は、
「大ザンギャック」の部下達を従え、
「火野映司=仮面ライダーオーズ(演:渡部秀さん)」と
「泉比奈(演:高田理穂さん)」を襲っていた。

そこへ
「後藤慎太郎=仮面ライダーバース(声:君嶋麻耶さん)」
「伊達明=仮面ライダーバース・プロトタイプ(声:岩永洋昭さん)」が
駆けつけ、
「大ザンギャック」の怪人達に立ち向かう。

「映司」も「オーズ」に変身し立ち向かう。

その様子を離れて見ていた「マーベラス」の前に、
「海東大樹=仮面ライダーディエンド(演:戸谷公人さん)」が
現れる。

「海東」に
仮面ライダーを襲う理由を問われた
「マーベラス」は、
「宇宙最高のお宝」
を手に入れるために
ライダー達と戦っているという目的を明かす。

「海東」は、
「宇宙最高のお宝は僕が頂く!」
と宣言し、
「ディエンド」に変身する。

「マーベラス」も
「ゴーカイレッド」に変身し、
「ディエンド」に襲いかかる。

結局
怪人達の攻撃で大ダメージを受けた
「バース」と「バース・プロトタイプ」は、
「ゴーカイレッド」の攻撃を受け
消滅してしまう。

「オーズ」も
「ゴーカイレッド」の攻撃から
「ディエンド」を庇って消滅してしまう。

「ディエンド」は
「比奈」を連れて
別の場所へと逃亡する。

「海東」と「比奈」は、
「大ショッカー」の本拠である
「クライス要塞」に迷い込んでしまう。

要塞内では、
「士」が幹部達の士気を高めていた。

そんな中
「ドクトルG」は、
「ビッグマシン計画」という
謎の言葉をつぶやきながら、
不気味な笑みを浮かべる。

「士」はすぐに
「海東」の存在に気付き、
一緒に来るよう誘うが、
拒否される。

「海東」は
「士」の愛用のカメラを渡そうとするが、
こちらも拒否される。

「士」は、
誘いを断った「海東」に
怪人達を差し向ける。

「海東」と「比奈」は
再び別の場所へと逃亡する。

その頃、
「ジョー」と「ハカセ」は、
「仮面ライダー」を滅ぼそうとする
「マーベラス」の真意を掴めず
立ち往生していた。

するとそこへ、
「クライス要塞」から逃げてきた
「海東」と「比奈」が現れる。

「海東」達を追いかけてきた
「大ショッカー」の怪人達は、
指名手配書の出ている
「ジョー」と「ハカセ」の姿を見て
襲いかかる。

「ジョー」と「ハカセ」は、
「ゴーカイブルー」と「ゴーカイグリーン」に豪快チェンジし、
怪人達に立ち向かう。

多勢に無勢で追い込まれていく
「ジョー」と「ハカセ」の様子を見ていた
「比奈」は、
無視しようとする「海東」をよそに、
2人を助けようとする。

「海東」も仕方なく
「ディエンド」に変身し、
怪人達を一掃する。

変身を解いた「海東」に対し、
同じく変身を解いた「ジョー」は、
「ゴーカイサーベル」で襲いかかる。

「海東」から、
「比奈」も眼前で
「マーベラス」に
「オーズ」を消された事を
聞かされた「ジョー」は
戦意を喪失する。

「ハカセ」は
「海東」と「比奈」を
「ゴーカイガレオン」に招待し、
食事をふるまう。

両者はそれぞれ
「大ショッカー」と「大ザンギャック」について
説明し合う。

「ジョー」は、
なぜ「仮面ライダー」と「スーパー戦隊」が潰し合うのか
その理由が分からず、
「スーパー戦隊」を滅ぼそうとする
「ディケイド」の動きが気になって仕方ない。

「ディケイド」の居場所が分からず、
焦る「ジョー」達を、
「海東」は「士」の元へ案内する。

その時「士」は、
怪人達と共に、
「天装戦隊ゴセイジャー」を襲っていた。

眼前で、
「ゴセイジャー」を消された「ジョー」は、
「海東」の制止を振り切り、
「大ショッカー」に襲いかかる。

しかし瞬く間に、
「ジョー」は叩き伏せられ、
絶体絶命の危機に追い込まれてしまう。

すると間一髪
現れた「マーベラス」によって
「ジョー」は救われる。

「ジョー」は改めて
「マーベラス」に対し、
「仮面ライダー」と潰し合う理由を尋ねる。

それに対し「マーベラス」は、
「仮面ライダーを滅ぼさないとスーパー戦隊が滅ぶ」
と語り、
「士」も、
「スーパー戦隊を滅ぼさないと仮面ライダーが滅ぶ」
と語り出す。

それでも納得できない「ジョー」に対し、
「マーベラス」は、
「全ての理由はアカレンジャーが知っている」
と耳打ちし突き離す。

「士」は「ディケイド」に、
「マーベラス」は「ゴーカイレッド」に変身し、
「大ショッカー」と「大ザンギャック」の
大首領と大帝王の1対1の対決が繰り広げられる。

しかし決着は着かず、
次回に持ち越しとなる。

「ゴーカイガレオン」に戻った
「海東」・「比奈」・「ジョー」・「ハカセ」は、
それぞれ複雑な心境に陥る。

そんな中「ジョー」は、
「マーベラス」が真剣な眼をしていた事を理由に、
彼を信じ、
彼に協力するため
「仮面ライダー」を倒すと語り、
「海東」に襲いかかる。

「ジョー」は
「海東」を追い詰め、
「ゴーカイサーベル」を振り下ろすが、
寸前で止めてしまう。

「海東」は、
「マーベラス」を信じようとする一方で、
非情になりきれないでいる
「ジョー」の真意を指摘する。

一緒に
「仮面ライダー」と
「スーパー戦隊」の戦いを止めるため、
協力し合う事になった4人であったが、
「ジョー」は、
「秘密戦隊ゴレンジャー」は既に倒され、
「アカレンジャー」から真相を聞く事は
できないと落胆する。

その時「海東」は、
以前「モモタロス」から盗んでおいた
「デンライナープリン」を使って、
「デンライナー」をおびき出す。

「オーナー(演:石丸謙二郎さん)」の許可ももらい、
「海東」・「比奈」・「ジョー」・「ハカセ」は、
「1976年の冬」に降り立つ。

そんな4人の眼前に、
「黒十字軍」の「野球仮面」が姿を見せるが、
「アカレンジャー」によってすぐに倒されてしまう。

「ジョー」達から事の経緯を聞いた
「アカレンジャー」は、
「デンライナー」で元の時間へと向かう。

するとそこへ
「超獣戦隊ライブマン」・「特捜戦隊デカレンジャー」・「電磁戦隊メガレンジャー」達
残りの「スーパー戦隊」達が駆けつける。

すると今度は、
「仮面ライダー1号」が、
「クウガ」・「555」・「W」達
残りの「仮面ライダー」達を引き連れて現れる。

「仮面ライダー」と「スーパー戦隊」の、
激闘が始まり、
瞬く間に
「1号」と「アカレンジャー」だけになってしまう。

戦いを止めるために連れてきたはずの
「アカレンジャー」の行動に動揺する
「ジョー」達の眼前で、
「1号」は「ディケイド」に、
「アカレンジャー」は「ゴーカイレッド」の姿になる。

「1号」と「アカレンジャー」は、
それぞれ
「士」が「カメンライド」し、
「マーベラス」が「豪快チェンジ」した姿であった。

「仮面ライダーとスーパー戦隊の戦い」に決着を着けるため、
でたらめを吹き込まれた事に
憤慨する「ジョー」を、
「マーベラス」は、
「お前達を仲間と思った事は一度もない」
と語り叩き伏せてしまう。

「海東」はそんな「ジョー」を庇って
「彼はもう十分に傷ついた」と
「マーベラス」に語る。

そんな「海東」を、
「お前らしくない」
と「士」は一蹴し、
叩き伏せてしまう。

そしてついに
「士」は「海東」を、
「マーベラス」は「ジョー」を攻撃し
消滅させてしまう。

その様子を見ていた
「ハカセ」と「比奈」は、
「士」と「マーベラス」を非難する。

「士」は「ディケイド」に、
「マーベラス」は「ゴーカイレッド」に変身し、
最後の戦いが始まる。

その頃、
消滅したはずの
「海東」と「ジョー」は
次元の狭間で、
「ルカ」・「アイム」・「鎧」・「映司」と再会する。

戦場では、
「ディケイド」と
「ゴーカイレッド」が、
相討ちとなり、
崩れ落ちる。

するとそこへ、
「大ショッカー」と
「大ザンギャック」の怪人達が現れる。

全ては
「仮面ライダー」と「スーパー戦隊」を潰し合わせた上で、
「クライス要塞」と「ギガントホース」を合体させ
超巨大ロボ「ビッグマシン」を完成させるという
「ビッグマシン計画」を企んだ
「ドクトルG」と「シルバ」が仕組んだ事であった。

「仮面ライダーはスーパー戦隊を、
スーパー戦隊は仮面ライダーを滅ぼさなければ
自らが滅んでしまう」
という嘘を
「士」と「マーベラス」に
吹き込んだのであった。

勝ち誇った
「ドクトルG」と「シルバ」は、
「ビッグマシン」を合体させるための
2つの割り符を、
合体させようとする。

するとその瞬間、
死んだと思われた
「士」と「マーベラス」が、
割り符を撃ち落とす。

既に「ビッグマシン計画」の真相を知っていた
「士」と「マーベラス」は、
吹き込まれた嘘を
鵜呑みにしたかのように
装っていたのであった。

他の
「仮面ライダー」と「スーパー戦隊」達を、
倒したかのように見せかけて、
次元の狭間に隠していたのであった。

「士」は、
「正義のために泥を被った」
という真意を明かす。

するとそこに、
次元の狭間から戻って来た
「ジョー」・「ルカ」・「アイム」・「鎧」達が駆けつける。

「マーベラス」達6人は
「ゴーカイジャー」に変身する。

続いて、
「オーズ」・「フォーゼ」・「メテオ」
・「ゴーバスターズ」も駆け付ける。

そして、
次元の狭間に飛ばされていた
他の「仮面ライダー」と「スーパー戦隊」達も駆け付け、
「仮面ライダー」&「スーパー戦隊」と
「大ショッカー」&「大ザンギャック」との最終決戦が始まる。


巨大化した
「アクドス・ギル」と「ワルズ・ギル」に、
「ゴーバスターズ」は「ゴーバスターオー」で対抗する。

「アクドス・ギル」と「ワルズ・ギル」の攻撃を受け、
「イエローバスター」は、
「ゴーバスターオー」のコクピットからほおり出されてしまう。

「イエローバスター」を救った「フォーゼ」は、
「賢吾」から受け取った
「ロケットスイッチS-1」と「ドリルスイッチS-3」を持って、
「ゴーバスターオー」に乗り込む。

大混戦の最中、
次元の狭間から戻った「海東」は、
「友情を裏切られる事の苦しみを君も味わいたまえ」
と「士」に語り、
「ドクトルG」と「シルバ」が落とした
2枚の割り符を合体させてしまう。

ついに
「クライス要塞」と「ギガントホース」が合体し、
「ビッグマシン」が完成してしまう。

「アクドス・ギル」と「ワルズ・ギル」は、
「ビッグマシン」によって潰されてしまう。

コクピットに「ディエンド」が乗り込んだ
「ビッグマシン」に対し、
「フォーゼ」は
「ロケットスイッチS-1」を
「フォーゼドライバー」にセットして誕生した
「ロケットゴーバスターオー」で立ち向かう。

「フォーゼ」と「レッドバスター」・「ブルーバスター」は、
「ロケットゴーバスターオー」の圧倒的な推進力で、
「ビッグマシン」を宇宙空間に押し出す。

地上では、
「ゴーカイジャー」達が
「シルバ」の攻撃に苦戦していた。

すると「オーズ」が
「コアメダル」を「ゴーカイジャー」に渡す。

すると「コアメダル」が、
「タジャドルコンボ」
「ガタキリバコンボ」
「ラトラーターコンボ」
「サゴーゾコンボ」
「シャウタコンボ」
「プトティラコンボ」
の「レンジャーキー」に変化する。

その「レンジャーキー」を使って
「ゴーカイレッド」は「タジャドルコンボ」
「ゴーカイブルー」は「シャウタコンボ」
「ゴーカイイエロー」は「ラトラーターコンボ」
「ゴーカイグリーン」は「ガタキリバコンボ」
「ゴーカイピンク」は「プトティラコンボ」
「ゴーカイシルバー」は「サゴーゾコンボ」に
「豪快チェンジ」する。

「ゴーカイジャー」は、
「ゴーカイガレオンバスター」に
「コンボのレンジャーキー」をセットし、
「シルバ」を撃破する。


一方「ディケイド」達は、
「ドクトルG」が変身した
「カニレーザー」に苦戦していた。

そこに駆け付けた
「ゴセイジャー」は、
「リフレクオーツ」
「リフレクリア」
「リフレクラウド」
の3枚の「ゴセイカード」を
「ディケイド」・「龍騎」・「ブレイド」に渡す。

「ゴセイカード」の力を借り、
「ディケイド」達は
「カニレーザー」を撃破する。

爆炎が消えると、
「ドクトルG」の正体である
「鳴滝」が姿を現す。

「鳴滝」は「ディケイド」に、
「お前の旅が続く限り私の旅も終わらない」
という言葉を残し、
別の世界へと姿を消す。


宇宙空間では、
「ディエンド」が操縦する「ビッグマシン」と、
「ロケットゴーバスターオー」との戦いが続いていた。

「レッドバスター」・「ブルーバスター」と
思いを一つにした「フォーゼ」は、
「ドリルスイッチS-3」をセットし、
「ロケットドリルゴーバスターオー」を
誕生させる。

「ロケットドリルゴーバスターオー」は、
必殺技「戦隊ライダー宇宙キック」を炸裂し、
「ビッグマシン」を貫通させる。

「ビッグマシン」の爆炎の中から
「ディエンド」は外に吹き飛ばされる。


戦いは終わり、
「映司」と「比奈」は再会を喜ぶ。

「マーベラス」と「映司」は
固い握手を交わし、
「仮面ライダーとスーパー戦隊との友情」が
「宇宙最高のお宝」であったと確かめ合う。

「ビッグマシン」から脱出し
傷だらけの「海東」に、
「士」は友情を感じていた事を
伝えようとするが、
遮られてしまう。

「海東」は「士」に
愛用のカメラを返した上で、
今度は
「ディケイドのカード」を奪って
別の世界へと去って行く。

そんな「海東」の姿を見た
「ジョー」は、
「海東」も友情と言うお宝を手に入れたと
確信する。

「フォーゼ」も
「レッドバスター」と
「友達の証」を結び
「全てのヒーローと友達になる!」
と語る。

「ゴーカイジャー」・「映司」・「比奈」・「士」は、
そんな
「フォーゼ」と「ゴーバスターズ」の姿を
笑顔で見つめるのであった。







(感想)
まず、
最初に率直な感想を一言。
今回の作品を見て、
「たまにやるからこそ、
お祭りは楽しいのであって、
あまり頻繁にやると新鮮味がなくて、
飽きて来る」
と思いました。


具体的な内容については
最後に記載するとして、
まずは今回観た作品の
長所について以下に記載します。



映画「ディケイド完結編」が最後だと思っていた
「仮面ライダーディケイド=門矢士」としての
「井上正大さん」の出演と、
同じく、
映画「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ」が最後だと思っていた
「仮面ライダーディエンド=海東大樹」としての
「戸谷公人さん」の出演が叶った事が
うれしかったです。


そして、
「仮面ライダークウガ」のラスボス
「ン・ダグバ・ゼバ」が
「大ショッカー」の幹部として登場した点が
うれしかったです。

「ディケイド完結編」では
「ゾル大佐」を演じていた
「奥田 達士さん」が、
今回は、
「ドクトルG」を演じ、
ちゃんと
「カニレーザー」に変身してくれた点が
うれしかったです。

「ゾル大佐」の時は、
「狼男」に変身せず、
残念に思いました。


そして、
クライマックスの大混戦のシーンで、
「仮面ライダー響鬼」と
「魔法戦隊マジレンジャー」いう
同時期に放送されていた
「仮面ライダー」と「スーパー戦隊」の
コンビネーションが見れた事が良かったです。


「555」に変身した「ディケイド」を
「ブルーバスター」がパワーで圧倒し、
「カブト」のクロックアップに対し、
「レッドバスター」が高速で対抗する場面が
かっこよかったです。


そして
「ロケットゴーバスターオー」
「ロケットドリルゴーバスターオー」という
「戦隊ロボ」に「仮面ライダーの武器」を装備した
オリジナルロボが登場した事も
うれしかったです。


また、
リアルタイムで観ていた
「超電子バイオマン」で、
特に強く印象に残っていた
「バイオハンター・シルバ」が、
「ライダーハンター・シルバ」として、
声も同じ
「林一夫さん」の声で
再登場した点もうれしかったです。



一方残念な点については、
以下の通りです。



テレビ本編最終回で、
「ザンギャックの本星」に向かった
「ゴーカイジャー」が、
あの後どういう活躍をしたのかについて
描かれていない点が残念でした。

また、
テレビ本編最終回で、
「レジェンド戦隊」に返したはずの
「レンジャーキー」を
「マーベラス」が持っていた理由についても
何の説明もありませんでした。


そして、
これまでの
「ゴーカイジャー」の
テレビ本編や劇場版で
出演が叶わなかった
「レジェンド戦隊」の
オリジナルキャストの方々の
出演が叶わなかった点も残念でした。


「レッドワン=郷史朗」役の「阪本良介さん」
「ゴセイレッド=アラタ」役の「千葉雄大さん」
も声だけの出演だった点が
もったいなかったです。

やはり、
「郷史朗」から「レッドワン」に、
「アラタ」から「ゴセイレッド」に
変身する場面を観たかったです。

「仮面ライダー」側も
「バース(後藤さん)」と
「バース・プロトタイプ(伊達さん)」が、
声のみの出演だった点が残念でした。



そして
「ディケイド」の登場人物で、
「ディケイド」を憎悪する謎の男
「鳴滝」の正体が
結局今回も分からず仕舞いだった点が、
本当にじれったかったです。


劇場版「ディケイド完結編」の予告映像で
「正体を明かす」と言っていたのが、
いざ本編を見たら、
何も描かれなかったので、
今回再び同じ思いをさせられた気分です。


「ディケイド」がメインとなるお話は、
今回が最後と思って
きちんと「鳴滝」の正体を
描いてほしかったです。



それから、
せっかく
「ディケイド」と「ディエンド」の2人が
オリジナルキャストで再び共演したのですから、
両方共「コンプリートフォーム」に変身してほしかったです。

もういっその事、
「ダブルコンプリートフォーム」で、
「鳴滝」を仕留めてほしかったです。


そして、
「フォーゼ」と「ゴーバスターズ」の出番が
余りなかった点も残念でした。


最後に、
「映司」と「マーベラス」が
握手を交わすシーンについては、
感慨深いシーンとは思いますが、
どうせなら
「士」と「マーベラス」が
握手を交わすシーンも
観てみたかったです。



そして個人的に、
今回本作品を観ていて、
「火野映司」が
「本当の戦いはこれからだ」
という
「ウルトラマンダイナ=アスカ・シン」の
決め台詞のパロディーを言っていたのが
引っ掛かりました。

これは、
今後
「仮面ライダー」と「ウルトラマン」で、
何かコラボをやるという
前フリでしょうか?

もしそうでないとしたら、
これは完全な
「ウルトラマン」に対する
あてつけだと思います。


いくら
「仮面ライダーやスーパー戦隊の映画」が、
年にそれぞれ3本公開されているのに対し、
「ウルトラマンの映画」が、
年に1回公開されるのも危うい状態にあり、
前者が圧倒的に優勢であるのが明らかであっても、
上記のやり方はあんまりだと思います。

本作品より先に公開された
「ウルトラマンサーガ」で、
「本当の戦いはここからだ!」
という台詞が使われているので、
完全になめられていると感じました。

もし仮に、
「仮面ライダー」と「ウルトラマン」が
共演する内容の作品が実現したとしても、
「仮面ライダー」側にウエイトを置いた
内容になりそうで、
観たいような観たくないような…




最初に書いた
「たまにやるからこそ、
お祭りは楽しいのであって、
あまり頻繁にやると新鮮味がなくて、
飽きて来る」
という感想についてですが、
今回の作品を観て、
「お祭り映画」も
少しお休みした方がいいかもしれないと
思いました。


2011年に公開された
映画「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」
映画「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」が、
それぞれ
「全仮面ライダー」と
「全スーパー戦隊」が
集結する作品でした。

それでも、
今回の作品よりは、
話にまとまりがあったと思います。

今回の場合、
本当に誰が主役で、
何がテーマやら掴みづらく、
話もグタグタした印象が否めませんでした。

確かに、
「仮面ライダーディケイド」の
「シンケンジャーの世界」以来の
「仮面ライダーとスーパー戦隊の共演」
は情報が公開された時から
ずっと注目し期待していました。

しかし、
いざ作品を観てみると、
「仮面ライダー」と「スーパー戦隊」の
それぞれの良さを
生かしきれていないような感じがしました。

極端な言い方をすれば
「車にハンドルが2つ付いている」
ような危なっかしい感じがしました。


無論私は今後も
「仮面ライダー」も「スーパー戦隊」も
応援したいと思います。

「フォーゼ」の多彩なモジュールの組み合わせも面白く、
「ゴーバスターズ」のメカアクションも気に入っています。

本当に残念ながら、
今回の作品を観て、
制作側の慢心を
垣間見たような気がしました。

いくら勢いがあるからと言っても、
やはり一つ一つの作品を、
もっと大切にしてほしいと思いました。

そう言う訳で、
「お祭り」は一旦お休みして、
もっと丹念に
一つの作品を作る方向に
転換した方がいいと思いました。


今回の映画の最後に、
2012年夏公開予定の
「仮面ライダーフォーゼ」と
「ゴーバスターズ」の
映画の予告映像が流されましたが、
そちらはもっと丹念に作られた作品になる事を
期待したいと思います。



大人の視点で
お子さんを対象にした作品に対し、
あれこれ言うのも何だと思いますが、
正直な感想を書かせて頂きました。


何がともあれ、
今後も
「仮面ライダー」や
「スーパー戦隊」の展開に
期待したいと思います。






最後に、
去る2012年4月14日に、
1975年に放送された
「仮面ライダーストロンガー」で、
主人公「仮面ライダーストロンガー=城茂」役を演じられた
俳優の「荒木 しげるさん」がお亡くなりになりました。

心よりご冥福をお祈り致します。


私はリアルタイムで「ストロンガー」を観た世代ではありませんし、
知っているのも、
「ストロンガーが電気人間」である事と、
前口上の
「天が呼ぶ 地が呼ぶ 人が呼ぶ 悪を倒せと俺を呼ぶ
 俺は正義の戦士 仮面ライダーストロンガー!」
位しか知りません。


しかし「ストロンガー」は、
水木一郎さんが歌う主題歌も
お気に入りの作品です


歴代の仮面ライダーが勢揃いする作品が
作り続けられている最近の展開を見ていて、
「変身前の昭和ライダー」が
勢揃いする作品が観たいと
思うようになりました。

しかし、
1973年に放送された
「仮面ライダーV3」で
「結城丈二=ライダーマン」役を演じた
「山口暁さん」は既に1986年にこの世を去り、
「1号」から「RX」までの11人の
「昭和ライダーの変身前」が
勢揃いできない事を残念に思っていました。
(「BLACK」と「RX」の変身前は
共に「倉田てつをさん」が演じていました。)

そのため、
せめて「結城丈二」を除いた
「10人の昭和ライダーの変身前」が
全員勢揃いする映画が
製作される事を期待していました。

以前レビューでも書きましたが、
「結城丈二」以外の
「10人の昭和ライダーの変身前」を
演じられた皆さんが
登場するイベントが開催されたそうで、
後日テレビ番組の中で、
「倉田てつをさん」が
その話をしていました。

イベントの具体的な内容については
触れられませんでしたが、
このイベントをきっかけに
上記のような作品が作られる事を
楽しみにしていました。


しかし、
今回の訃報により、
「変身前の昭和ライダー」が
勢揃いする作品が
永遠に実現しなくなった事が
非常に残念です。


悲しい結果になってしまいましたが、
「仮面ライダーストロンガー」という
キャラクターは、
今後も残していってほしいと思います。


2012年7月発売予定の
「S.H.フィギュアーツ」の
「仮面ライダーストロンガー」も
楽しみにしています。




(おまけ)
(「ディケイド」VS「ゴーカイレッド」)
shw005.jpg
shw006.jpg
(「フォーゼ」VS「ゴーカイレッド」)
shw007.jpg
※実際の作品のシーンとは異なりますので、
ご容赦願います。




(おまけの妄想)

(宣戦布告する「ディケイド激情態」)
shw008.jpg
ディケイド「光の国は、俺が潰す!!」

(立ちはだかる「ウルトラマンゼロ」)
shw009.jpg
ウルトラマンゼロ「光の国は、俺が守る!!」

(激突する両者)
shw010.jpg

(睨み合う両者)
shw011.jpg
※今現在、
写真のような内容の作品が、
制作される情報は一切なく、
飽くまで勝手な想像により撮影した物なので、
誤解されないようお願い致します。






大変長くなりましたが、
今回はこれまで!
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます