仮面ライダーW第一話感想 - ヒーローフィギュアをレビュー!

仮面ライダーW第一話感想

今日からはじまった「仮面ライダーW」の感想です。
二人で一人の仮面ライダーということですが、体が合体するわけでなく
一人は気を失ってライダーに二人の意識が同時に宿るといった感じみたいですね。

それと最後のキックのとき体が二つに分かれていたのは何でしょうね。
まあ今のところどうなるか全く予想はつきませんが、
ディケイドみたいに映画に最終回丸投げだけはやめてねって思いました。

それはそうともうWのおもちゃが出始めていますね。

二つの体のカラーリングの組み合わせでどんどん新フォームが出そうで、
子供におもちゃをねだられるお父さんは大変になりそうですね・・・。

そういえば今回の変身やフォームチェンジのときのベルト?の声は日本人の声優さんが
やられているみたいですね。いままではベルト?の声はどっちかというと外国人ぽい人の
声だったと思うので、今日は少し違和感を感じました。

なにはともあれ、平成ライダー10周年の次のライダーとしてどのようなつくりになっているか
期待大ですね。それではまた。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント

<FC2 BLOG の HTTPS 対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます