メディコス 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第5部 J・P・ポルナレフ レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

メディコス 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第5部 J・P・ポルナレフ レビュー

035_20120604132930.jpg
今回は、メディコス 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第5部 J・P・ポルナレフ レビューです。

ジョジョ第三部でDIOを倒した後、ポルナレフは承太郎と同じくスタンド使いを作る弓矢を探していました。しかし、その過程でポルナレフはディアボロに瀕死の重体を負わされ、身を隠しながらディアボロに対抗できる者を探していました。そしてジョルノ達と接触しようとしましたが、ディアボロに阻止され抵抗するも倒されてしまいます。今回のフィギュアでは、第五部のポルナレフをどのように再現されるのかが見所だと思います。
それではレビューを始めます。



(全体像)
i2a004.jpg
i2a005.jpg
i2a006.jpg
i2a007.jpg
全体的に、第三部のころよりも細くなっています。足の義足や目の眼帯など、第三部より変わったデザインも多くあります。足の義足がなんとも痛々しいです・・・。


(顔)
009_20120604132213.jpg
010_20120604132228.jpg
011_20120604132243.jpg

叫び顔
029_20120604132745.jpg
027_20120604132710.jpg
028_20120604132725.jpg
ヘッドパーツは、通常顔と叫び顔の二種類が用意されています。右目の眼帯はクリアーパーツで再現され、下に切られた後のあるポルナレフの目を見ることができます。顔のデザインも第五部版に変更されています。


(腕)
031_20120604132820.jpg
右腕は半分義手らしく、手を外して針のような武器を装着することができます。右手の小指は、クリームに削られた部分は義手で再現されています。でも、義手ならば別に小指だけ義手っぽくしなくてもいいような。

(足)
014_20120604132330.jpg
015_20120604132400.jpg
足はディアボロのキングクリムゾンに負わされたダメージのせいで、太ももより下は義足になっています。義足部分は安定して自立させることもできます。

(車椅子)
018_20120604132444.jpg
019_20120604132500.jpg
020_20120604132515.jpg
車椅子は、質感や造型などしっかりと作られています。これは他のキャラのシーンを再現するのも可能で、汎用性の高いアイテムだと思います。


021_20120604132529.jpg
車輪は両輪とも回転できます。また、サイドのレバーは可動できます。

023_20120604132601.jpg


可動性
016_20120604132415.jpg
017_20120604132430.jpg
もともと戦闘シーンはほとんどない(できない)キャラだったこともあり、腕の引き出しなども採用されていませんが、大体のポーズは普通にとれる可動性は維持しています。


(そのほか)
035_20120604132930.jpg

036_20120604132945.jpg

037_20120604133000.jpg

032_20120604132836.jpg


034_20120604153719.jpg
キングクリムゾン対策のために出した血の滴る手パーツも付属しています。

J・P・ポルナレフ 死亡・・・・
038_20120604133016.jpg


キングクリムゾン戦に承太郎が駆けつけてくれれば
039_20120604133031.jpg

040_20120604133046.jpg
承太郎「ポルナレフ・・・」

原作でキングクリムゾンに敗れた際には、時をとばす能力が分かっていたならなぜ承太郎に助けを求めなかったのか?と思いました。時を止めるスタープラチナならばキングクリムゾンに対抗できる可能性もあったろうに・・。第三部では一番好きだったキャラだったこともあり、第五部の連載時のポルナレフ死亡は非常に悲しかったです。

承太郎に車椅子を押してもらうポルナレフ
026_20120604132655.jpg
ちなみに、ポルナレフは独り身なので、なぜ車椅子は電動式でないのか?と思ったんですが、チャリオッツに押さしていたんだと思うと納得できますね。


042_20120604133118.jpg
「また会おう、イタリアで」 
(DC版 ジョジョの奇妙な冒険 黄金への遺産でのポルナレフのセリフより)

再度登場したイタリアで、まさかあのような悲惨な最期を遂げようとは・・・。第三部のふざけたことをやっていたポルナレフがもう一度見たかったです。


以上、超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第五部 J・P・ポルナレフでした。


(総評)
良かった点
車椅子が精巧に作られている
劇中ではあまり動かなかったが可動性も良好
腕のアタッチメントも取り付け可能

気になった点
車椅子が付いている分値段が高め
他のオプションはチャリオッツに付属

劇中の雰囲気を車椅子付属ということもあり、よく再現できていると思います。フィギュア自体の可動性も並みを維持しているため、車椅子なしでも自立してポーズを取らせることができます。ただ、車椅子のコストが高すぎるせいか、他のオプションなどがチャリオッツのほうに付属しているのが残念ですね。車椅子はしっかりとしたつくりのため、他のフィギュアなどを乗せることも何なくできます。値段は高めですが、他に利用できる汎用性も魅力だと思いました。

劇中ではディアボロに不利な状態ながら戦って死亡したポルナレフ・・・。彼の最後の手段で始動させたシルバーチャリオッツ・レクイエムは暴走状態でしたが、できれば万全の状態で操って戦うポルナレフの雄姿を見たかったですね。レクイエムが出るかはわかりませんが、マンガでは詳細なデザインがわからなかったので超像可動で再現してほしいですね。




関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます