ProjectBM! 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ProjectBM! 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ レビュー

085_20120706101851.jpg
ProjectBM! 仮面ライダーフォーゼ レビューです。

絶賛放送中の「仮面ライダーフォーゼ」より、主人公 如月弦太朗が変身する 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツがProjectBM!登場です。物語はラストに向けて盛り上がっていますが、放送中に発売されたので、実際のスーツとの再現度が期待されます。それではレビューを始めます。







(全体像)
003_20120706095726.jpg
002_20120706095712.jpg
004_20120706095741.jpg
005_20120706095755.jpg
全体のデザインは、劇中のスーツをかなり良く再現しています。ボディラインも良く再現されています。


(ヘッド)
007_20120706095900.jpg
008_20120706095914.jpg
009_20120706095928.jpg
010_20120706095943.jpg
フィギュアーツなどと比べると頭の先が長いですが、造型は劇中のヘッドを良く再現していると思います。いままでのライダーではなかったトンガリ頭を良く再現しています。

013_20120706100029.jpg
目のシーバイザーは、複眼レンズモールドを良く再現しています。

014_20120706100043.jpg
劇中との大きな違いは、頭の上の線が劇中やサンプルではかなり薄いのに、実際の商品ではかなり濃いことです。これは薄めにしてほしかったですね。

015_20120706100058.jpg
首の長さは劇中より短めで、左右の襟の長さは長めです。そこはサンプルどうりに作ってほしかったですね。

(ボディ)
016_20120706100113.jpg
017_20120706100128.jpg
ボディスーツのアセンブリガーメント状の黒いラインであるアンビリカルサーキュレーターはかなり精密かつミスもなく再現されています。

020_20120706100212.jpg

019_20120706100158.jpg
ボディアーマー上部と下部のメタリックオレンジなラインも、素材の違いがあるけれども同色で良く再現されています。

(肩)
018_20120706100143.jpg
肩は硬質素材ではなく、布で再現されています。そのおかげで、宇宙キターのポーズなど、腕を大きく上げたポーズなどに対応することができます。


(腕と脚)
021_20120706100227.jpg

022_20120706100241.jpg

023_20120706100256.jpg

024_20120706100310.jpg
腕のモジュールペイスメントは腕、足ともに良く再現されています。それにしても、このマークって、プレイステーションのコントローラーのボタンと同じなのは偶然なんでしょうか?

(足)
028_20120706100408.jpg

029_20120706100423.jpg
左右のランダーブーツは、他のライダーとは違ってソフビ製でできており、接地性が高くなっています。

030_20120706100437.jpg
背中の噴射口を再現されています。


(フォーゼドライバー)
025_20120706100325.jpg

026_20120706100339.jpg

027_20120706100354.jpg
本体は半透明なABSで、アストロスイッチを四つそれぞれの場所にセットできます。
ステイタスモニターも再現されています。


アストロスイッチなしフォーゼドライバ
039_20120706100652.jpg

040_20120706100707.jpg
アストロスイッチの前のスイッチはONの状態で、OFFにはできません。

034_20120706100535.jpg
脇のエンターレバーは可動できます。

(アストロスイッチ)
035_20120706100550.jpg

036_20120706100604.jpg

037_20120706100621.jpg
アストロスイッチは1から4までの四つがあります。それぞれしっかりとドライバーにセットできます。



(可動性)
043_20120706100752.jpg
腕の可動性は120度くらい

047_20120706100853.jpg
肩の可動性は180度まではないですが、かなり動きます。

051_20120706100953.jpg
股関節の可動性はかなり高く、蹴りポーズはとらせることは容易です。
踝の可動性が高いので、接地性も高いです。

044_20120706100807.jpg
045_20120706100823.jpg
046_20120706100838.jpg
頭部は左右は襟の干渉を受けるのでそこそこですが、平均的には動かすことができます。


(そのほか)
098_20120706102224.jpg

094_20120706102118.jpg

091_20120706102029.jpg

082_20120706101805.jpg

083_20120706101820.jpg


079_20120706101719.jpg

078_20120706101704.jpg

076_20120706101634.jpg

077_20120706101649.jpg

075_20120706101619.jpg

074_20120706101603.jpg

073_20120706101548.jpg

(やっぱりこのポーズ)
056_20120706101110.jpg
宇宙~

063_20120706101307.jpg
キターッ!




072_20120706101532.jpg
仮面ライダーフォーゼ、タイマンはらせてもらうぜ!

ライダーキック
053_20120706101023.jpg

054_20120706101038.jpg
ロケットドリルキックはモジュールがないのでできない・・・・

102_20120706102329.jpg
股関節が柔らかいので、かなり自由なポーズがとれます。

087_20120706101923.jpg

106.jpg
さすがに実際のスーツまではいきませんが、ここまでならばしゃがむこともできます。

107.jpg


085_20120706101851.jpg


おまけ

宇宙、キターッ!その2
068_20120706101427.jpg
ユウキがいないので、ダウンタウンのお二人で代用。「なんでオレらがせなあかんねん!」という愚痴を言われそうな・・・

ケンカを売られるフォーゼ
080_20120706101734.jpg

※適当に撮った写真なのでフォーゼ、ダウンタウンのファンに皆様ごめんなさい


104.jpg
以上、ProjectBM! 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ レビューでした。


(総評)
良かったところ
全体的な造型、塗装ともにかなり高い再現性を誇る
可動性も高く、股関節の可動性はRAH、ProjectBM!の中でも最高クラスだと思う
フォーゼドライバの再現度も高く、スイッチもしっかりと固定できる

気になったところ
首が劇中より短く、襟が長め

外面のスタイルなどは、頭が若干長い以外はほぼ問題ない完成度だと思います。ボディの塗装も素材の違いにもかかわらず同質で再現されており、可動性も高いです。さすがにしゃがんだ状態を完全に再現することはできませんが、その他のポーズもほぼ再現可能です。より改良が加えられ、メディコムトイのライダーの進化を実感できるフィギュアだと思います。
今後発売されるモジュールセットがあると、さらにポーズの幅が広がると思います。現時点では間違いなくフォーゼ決定版のフィギュアだと思います。他にもモジュールの登場にも期待したいですね。

それでは今回はこれにて。


PROJECT BM! No.66 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ(あみあみ)

PROJECT BM! No.66 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ(楽天)
PROJECT BM! No.66 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ(ヤフー)


関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

<FC2 BLOG の HTTPS 対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2012-07-09 16:40 from -

トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます