「S.H.MonsterArts M.O.G.E.R.A.(モゲラ)」代行ミニレビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

「S.H.MonsterArts M.O.G.E.R.A.(モゲラ)」代行ミニレビュ―

mgra028.jpg
今回は、
「S.H.MonsterArts M.O.G.E.R.A.(モゲラ)」の代行ミニレビュ―です。

1994年に公開された映画
「ゴジラVSスペースゴジラ」に登場した
「M.O.G.E.R.A.(モゲラ)」の
「S.H.MonsterArts」です。

「モゲラ」は元々
1957年に公開された映画
「地球防衛軍」に登場した
侵略者の送り込んだロボット怪獣でした。

「ゴジラVSスペースゴジラ」では、
「Gフォース」が開発した
対ゴジラ兵器で
正式名称は
「Mobile Operation Godzilla Expert Robot Aero-type
(対ゴジラ作戦用飛行型機動ロボット)」
と言います。

飛行形態に変形できる他、
上半身は「特殊戦車ランドモゲラー」に
下半身は「万能戦闘機スターファルコン」に
分離変形します。
(※本商品には、上記の分離変形ギミックはありません。)


それではレビューです。


※本レビューには、
作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なので、
ご容赦願います。




(全体図)
mgra001.jpg
mgra002.jpg
mgra003.jpg
mgra004.jpg
mgra005.jpg
mgra006.jpg


(付属品)
mgra007.jpg
プラズマメーサーキャノンエフェクトパーツ
スパイラルグレネードミサイルエフェクトパーツ(A・B)
エフェクトパーツ用支柱(3個)
エフェクトパーツ用台座(A・B)
交換用胸パーツ
交換用首パーツ
交換用腕パーツ(2個)
交換用脚パーツ(2個)
交換用尾パーツ


(「M.O.G.E.R.A.」飛行形態)

(全体図)
mgra009.jpg
mgra008.jpg
mgra010.jpg
mgra011.jpg
mgra012.jpg
「M.O.G.E.R.A.」本体に、
「交換用首パーツ」・「交換用尾パーツ」・「交換用脚パーツ」を取り付け、
「飛行形態」が完成します。


(交換用腕パーツ)
mgra013.jpg
mgra014.jpg
mgra015.jpg
「ドリル先端」が展開する
「交換用腕パーツ」に換装できます。


(「スパイラルグレネードミサイル」発射)
mgra016.jpg
mgra017.jpg
「交換用腕パーツ」の内部に差し込んである
「スパイラルグレネードミサイル」と
「スパイラルグレネードミサイルエフェクトパーツ(A・B)」と
「エフェクトパーツ用支柱」・「エフェクトパーツ用台座A」を
組みあわせる事で、
「スパイラルグレネードミサイル発射状態」を再現できます。

(プラズマメーサーキャノン)
mgra018.jpg
mgra019.jpg
本体の「胸パーツ」を
「交換用胸パーツ」に交換する事で、
「プラズマメーサーキャノン展開状態」を
再現できます。

(「プラズマメーサーキャノン」発射)
mgra020.jpg
「プラズマメーサーキャノンエフェクトパーツ」と
「エフェクトパーツ用支柱」・「エフェクトパーツ用台座B」を組み合わせて、
「プラズマメーサーキャノン発射状態」を再現できます。

(「スパイラルグレネードミサイル」・「プラズマメーサーキャノン」同時攻撃)
mgra021.jpg
mgra022.jpg


(以下適当に何枚か)
mgra023.jpg
mgra024.jpg
mgra025.jpg
mgra026.jpg
mgra027.jpg
mgra028.jpg


(「ゴジラ」VS「M.O.G.E.R.A.」)
mgra029.jpg

(「ゴジラ」を腕のドリルで攻撃する「M.O.G.E.R.A.」)
mgra030.jpg

(「ゴジラ」の熱線を受けてもびくともしない「M.O.G.E.R.A.」)
mgra031.jpg

(「ゴジラ」に「プラズマメーサーキャノン」をお見舞いする「M.O.G.E.R.A.」)
mgra032.jpg

(「スパイラルグレネードミサイル」を「ゴジラ」に命中させる「M.O.G.E.R.A.」)
mgra033.jpg

(「クラッシャードリル」で「ゴジラ」の首元を刺す「M.O.G.E.R.A.」)
mgra034.jpg
mgra035.jpg
※映画を観た時、何とも危険な攻撃だと思いました。


(「スペースゴジラ」VS「M.O.G.E.R.A.」)


(「スペースゴジラ」と組み合う「M.O.G.E.R.A.」)
mgra036.jpg

(「スペースゴジラ」に
「スパイラルグレネードミサイル」と「プラズマメーサーキャノン」の
同時攻撃をする「M.O.G.E.R.A.」)
mgra037.jpg

(「スペースゴジラ」に「プラズマメーサーキャノン」を発射する「M.O.G.E.R.A.」)
mgra038.jpg

(「スペースゴジラ」に「コロナ・ビーム」を浴びせられる「M.O.G.E.R.A.」)
mgra039.jpg

(「スペースゴジラ」の「テールスマッシャー」で刺される「M.O.G.E.R.A.」)
mgra040.jpg

(「スペースゴジラ」の攻撃を受け爆発する「M.O.G.E.R.A.」)
mgra041.jpg

(「スペースゴジラ」に破壊された「M.O.G.E.R.A.」)
mgra042.jpg


(「M.O.G.E.R.A.」&「メカゴジラ」2ショット)
mgra043.jpg

(「M.O.G.E.R.A.」VS「メカゴジラ」)
mgra044.jpg
※人類が「ゴジラ」に対抗するために開発した
「ロボット怪獣」同士が戦う事はありません。



(「メガ・バスター」VS「プラズマメーサーキャノン」)
mgra045.jpg

(プラズマ・グレネイド)
mgra046.jpg
mgra047.jpg
mgra048.jpg
「プラズマメーサーキャノンエフェクトパーツ」を使って
「メカゴジラ」の「プラズマ・グレネイド」を再現してみました。

(ダブル「飛行形態」)
mgra049.jpg

(「スーパーメカゴジラ」と「M.O.G.E.R.A.」のコンビの同時攻撃を受ける「ゴジラ」)
mgra050.jpg




(総評)


(長所)
劇中の「M.O.G.E.R.A.(モゲラ)」の質感が
よく再現されていると思いました。

手に持った時の
重量感も心地よかったです。

「スパイラルグレネードミサイルエフェクトパーツ」のおかげで、
「スパイラルグレネードミサイルの発射シーン」が
迫力満点で再現できる点が良かったです。

交換式ですが、
「腕のドリル」が展開し
「スパイラルグレネードミサイル」が見える状態に
できる点も良かったと思います。

「胸部」を交換して
「プラズマメーサーキャノン展開状態」や、
「プラズマメーサーキャノンエフェクトパーツ」を付けて
「プラズマメーサーキャノン発射状態」を再現できる点も
もちろん良かったです。


(短所)
今回何よりも残念だった点が
「特殊戦車ランドモゲラー」と
「万能戦闘機スターファルコン」の
「分離・変形」が
再現されなかった点です。

初めてイベントで参考展示されてから、
発売されるまでに
かなり間があったにも関わらず、
何故ちゃんとギミックとして
組み込んでくれなかったのでしょう。

映画公開当時、
「M.O.G.E.R.A.(モゲラ)」に対して
一番魅力を感じた部分なので、
ぜひ再現してほしかったです。

また、
上記の「分離・変形」を省いた割に
それ程大胆なポーズを
付ける事ができない点も
納得できませんでした。


一応「飛行形態」を再現できますが、
「飛行状態」でディスプレイさせるための
補助パーツ等も付けてほしかったです。

「スパイラルグレネードミサイルエフェクトパーツ」は、
油断すると、
ディスプレイの最中に破損しそうで
少し危なっかしく感じました。



今回は、
「ランドモゲラー」と「スターファルコン」への
「分離・変形」が再現されていない点が
本当に残念でした。

ここ最近のバンダイの商品の情報を見ていると、
「変形・合体」のギミックを再現せずに
商品化されたキャラが
目立つような気がします。


「特命戦隊ゴーバスターズ」に登場する
「チタ・ニック」は、
「S.H.フィギュアーツ」で、
「バイク」への変形ギミックがカットされました。

同じく
「仮面ライダーフォーゼ」に登場する
「パワーダイザー」も、
「S.H.フィギュアーツ」では、
劇中に登場する三形態への変形できません。

また、
アニメ「輪廻のラグランジェ」に登場する
「ウォクス・アウラ」も
「ROBOT魂」で
「ピアサー形態」への変形ギミックが再現されませんでした。
(海洋堂の「リボルテックヤマグチ版」では変形可能です。)


上記のような商品の場合、
「変形・合体」のギミックを省いた理由について、
メーカー側は、
「アクション性を重視したため」
とコメントする事がありますが、
言い逃れとしか受け取れません。

本来一番の売りであるはずの
ギミックを再現しないのは、
単にコストや手間を
惜しんだからだと思えてなりません。

最近、
「フィギュアーツZERO」等の
「固定ポーズのフィギュア」が占める割合が
増えているような気がしますので、
なおの事、
そう思えてなりません。


今回の「M.O.G.E.R.A.(モゲラ)」も、
結構割高な商品なので、
実際に購入してみて、
値段相応と
納得できる商品にしてほしかったです。


メーカーに対して、
今後はもっともっと
消費者の視点に立った
商品開発を心掛けてほしいと思いました。


本当に残念な点はあったものの、
参考展示で終わらずに、
ちゃんと商品化された事だけは、
本当に良かったです。



簡素な内容になりましたが、
今回はこれまで!


関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます