プレミアムバンダイ限定「S.H.MonsterArts リトルゴジラ&結晶体」代行ミニレビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

プレミアムバンダイ限定「S.H.MonsterArts リトルゴジラ&結晶体」代行ミニレビュ―

lgzla030.jpg
今回は、
プレミアムバンダイ限定
「S.H.MonsterArts リトルゴジラ&結晶体」の代行ミニレビュ―です。

1993年に公開された映画
「ゴジラVSメカゴジラ」の
「ベビーゴジラ」が成長し、
翌年の「ゴジラVSスペースゴジラ」に登場した
「リトルゴジラ」の「S.H.MonsterArts」です。

「リトルゴジラ」は、
「ベビー」の時人間に育てられたため、
人に危害を加えたりはしませんでした。

「リトルゴジラ」は
南太平洋上の「バース島」で
「ゴジラ」と一緒に暮らしていました。

「スペースゴジラ」により、
「結晶体」に閉じ込められるも、
「ゴジラ」や「Gフォース」の活躍で
最後は解放されました。

「リトルゴジラ」はその後
「ゴジラVSデストロイア」で急成長し、
「ゴジラジュニア」になりました。


当時は、
「リトルゴジラ」から「ゴジラジュニア」への成長はともかく、
「ベビーゴジラ」から「リトルゴジラ」への成長には、
体の色や体型
瞳のデザインが全然違うので、
違和感を覚えました。




それではレビューです。



※本レビューには、
作品の設定とは異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なので、
ご容赦願います。






(全体図)
lgzla001.jpg
lgzla002.jpg
lgzla003.jpg
lgzla004.jpg
lgzla005.jpg
lgzla006.jpg

(付属品)
lgzla007.jpg
結晶体(大・小各2個)
台座(2個)
台座接続パーツ(4個)


(「リトルゴジラ頭部」アップ)
lgzla008.jpg
lgzla009.jpg
「リトルゴジラ」の口は開閉可能です。

(「リトルゴジラ腕部アップ」)
lgzla010.jpg
lgzla011.jpg
小さいながら、
「肘」と「手首」の関節が可動します。

(「リトルゴジラ脚部」アップ)
lgzla012.jpg
lgzla013.jpg
lgzla014.jpg
「脚部」も、
弱冠可動し、
脚を伸ばして腰を降ろしたような
状態にできます。


(適当にポーズ)
lgzla015.jpg
lgzla016.jpg
lgzla017.jpg


(結晶体)
lgzla018.jpg
「スペースゴジラ」が作り出した
「結晶体」も付属します。

(「結晶体」に閉じ込められる「リトルゴジラ」)
lgzla019.jpg
lgzla020.jpg
「結晶体」の下部に
可動軸があるため、
「台座」に差し込んだ状態で、
向きを変える事ができます。

「台座接続パーツ」を使用して
「台座」を繋げる事もできます。


(適当にポーズ)
lgzla021.jpg
lgzla022.jpg


(「リトルゴジラ」を狙う「スペースゴジラ」)
lgzla023.jpg

(「リトルゴジラ」を庇って「コロナ・ビーム」の直撃を受ける「ゴジラ」)
lgzla024.jpg

(倒れる「ゴジラ」)
lgzla025.jpg

(「スペースゴジラ」の念動力で引き寄せられる「リトルゴジラ」)
lgzla026.jpg

(「結晶体」の所に運ばれる「リトルゴジラ」)
lgzla027.jpg
lgzla028.jpg

(「結晶体」に閉じ込められる「リトルゴジラ」)
lgzla029.jpg



(適当に何枚か)
lgzla030.jpg
lgzla031.jpg


(「リトルゴジラ」の頭をなでる「ゴジラ」)
lgzla032.jpg

(「ゴジラの尻尾」で遊ぶ「リトルゴジラ」)
lgzla033.jpg

(動く「ゴジラの尻尾」を避けて遊ぶ「リトルゴジラ」)
lgzla034.jpg
lgzla035.jpg

(「ゴジラの尻尾」につまずいて倒れる「リトルゴジラ」)
lgzla036.jpg

(尻尾を踏まれて絶叫する「ゴジラ」)
lgzla037.jpg


(総評)




(長所)

「リトルゴジラ」のかわいらしさが、
忠実に再現されていると思いました。

ミニサイズながら、
思ったより可動箇所が設けられ、
かわいらしいポーズを
再現できると思いました。

「結晶体」も、
「リトルゴジラ」が閉じ込められる場面を
それらしく再現できるアイテムだと
思いました。



(短所)

首が全く可動しない点が
残念でした。

首を傾げたり、
顎を引いたりできれば、
よりかわいらしいポーズを
再現できたと思うので、
もったいなかったです。

それと、
「ゴジラVSスペースゴジラ」のラストで披露した
「不完全状態の熱線」を
再現させるためのエフェクトパーツが
付属しない点も残念でした。



残念な点はありましたが、
かわいい怪獣のキャラは好きなので、
今回商品化された事そのものは
うれしく思います。


今後、
「プレミアムバンダイ限定販売」で、
「ゴジラジュニア」が商品化されます。

「ゴジラ(1995)」も通常販売で
発売予定です。

こうなると
「デストロイア」の商品化に
期待したいと思います。



簡素なレビューとなりましたが、
今回はこれまで!
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます