「ROBOT魂 ビルバイン」代行レビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

「ROBOT魂 ビルバイン」代行レビュ―

rsbb031.jpg
今回は、
「ROBOT魂 ビルバイン」の代行レビュ―です。

1983年に放送された
ロボットアニメ「聖戦士ダンバイン」に登場した
主人公「ショウ・ザマ」が、
「ダンバイン」から乗り換えた2号ロボ
「ビルバイン」の「ROBOT魂」です。


「聖戦士ダンバイン」は、
「異世界バイストン・ウェル」が主な舞台の作品で、
「聖戦士」として召喚された
「ショウ・ザマ」が、
「ダンバイン」や「ビルバイン」等の
「オーラバトラー」に搭乗し、
「ドレイク軍」と戦いました。


最終回は、
脇役はもちろんの事、
主役である「ショウ」までが
戦死という形で
締め括られました。

こういう展開が、
監督を務めた「富野由悠季氏」が、
「皆殺しの富野」と呼ばれる
所以だと思いました。


そして本作に対して、
個人的に思う事は、
ヒロインの「マーベル」をはじめ、
現在の「萌えキャラの要素」を
微塵も感じさせない
「濃い顔の女性キャラ」が
目白押しという事です。

正直
声を聞かないと
「オカマ」にしか
見えない女性キャラばかりでした。

「キーン・キッス」でさえ、
声を聞くまで、
ずっと少年だと思っていました。

もちろん
「シーラ・ラパーナ」や
「リムル・ルフト」のような
現在でも通用しそうな
「美女キャラ」はいました。

キャラデザインを担当した
「湖川友謙先生」は、
「ダンバイン」以外にも、
「戦闘メカザブングル」、
「伝説巨神イデオン」
等の「富野監督」の作品に
携わっていました。


「ダンバイン」の登場人物の
デザインについては、
好き嫌いがありますが、
「ショウ」に負け続けたため
「ドレイク軍」を追われ、
お面を被り「黒騎士」として
再就職(?)した
宿敵「バーン・バニングス」等
個性的なキャラには
強いインパクトを感じました。


放送当時、
「富野監督」は、
スポンサーの意向により、
子供受けするカラーリングと
変形ギミックを兼ね備えた
「ビルバイン」を登場させざるを
得ませんでした。

しかし、
物語の途中で、
「ビルバイン」は、
地味な「夜間迷彩色」に
塗り替えられました。

スポンサー側としては
不服だったと思いますが、
「富野監督」にしてみれば、
してやったりだったと思います。

ただ「富野監督」には申し訳ありませんが、
個人的には、
「ビルバイン」は、
やはり本来のカラーリングの方が
好きです。


前置きが長くなりましたが、
それではレビューです。


※本レビューには、
作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なので、
ご容赦願います。



「ダンバイン とぶ」MIO

「みえるだろうバイストン・ウェル」 MIO

※動画投稿者の方々へ、ありがたく使わせて頂きます。



(全体図)
rsbb001.jpg
rsbb002.jpg
rsbb003.jpg
rsbb004.jpg

(付属品)
rsbb005.jpg
交換用手首(左右各4種)
オーラ・ソード

ハイパーオーラ斬りエフェクト
オーラ・ソード・ライフル
ソードモード用刃
ディスプレイ用ジョイントパーツ


(「背面」アップ)
rsbb006.jpg
rsbb007.jpg
背中の「オーラ・コンバーター」に付いてる
「羽根」は可動します。

(「コクピット」アップ)
rsbb008.jpg
rsbb009.jpg
rsbb010.jpg
rsbb011.jpg
rsbb012.jpg
「コクピットキャノピー」は開閉可能で、
「コクピット内部」も再現されています。


(「脚部スラスター」アップ)
rsbb013.jpg
rsbb014.jpg
脚部の「スラスター」をスライドさせる事で、
膝の可動域が広がります。

(「オーラ・キャノン」アップ)
rsbb015.jpg
rsbb016.jpg
背中の「オーラ・キャノン」の砲口を
正面に向ける事ができます。

(「オーラ・ソード」アップ)
rsbb018.jpg
rsbb019.jpg
rsbb017.jpg
「オーラ・ソード」は、
「鞘」に収納して、
「オーラ・コンバーター」に
取り付ける事ができます。

(オーラ・ソード・ライフル)

(ライフルモード)
rsbb020.jpg

(ソードモード)
rsbb021.jpg
「オーラ・ソード・ライフル」の
後部を変形させて、
「ソードモード用刃」を取り付ける事で、
「ソードモード」を再現できます。

(「股間」アップ)
rsbb022.jpg
rsbb023.jpg
rsbb024.jpg
「股間」の下部にある
凹部に
「ディスプレイ用ジョイントパーツ」を
取り付ける事で、
別売りの「魂STAGE ACT.5」にディスプレイできます。


(ハイパーオーラ斬り)
rsbb025.jpg
rsbb026.jpg
「オーラ・ソード」に
「ハイパーオーラ斬りエフェクト」を取り付ける事で、
「ハイパーオーラ斬り」の場面を再現できます。


(以下適当に何枚か)
rsbb027.jpg
rsbb028.jpg
rsbb029.jpg
rsbb030.jpg
rsbb031.jpg
rsbb032.jpg


(ウイングキャリバー)

(全体図)
rsbb033.jpg
rsbb034.jpg
rsbb035.jpg
rsbb036.jpg
rsbb037.jpg
rsbb038.jpg
rsbb039.jpg
「交換用手首」を取り外して
変形させると
「ビルバイン」から
「ウイングキャリバー」になります。


(ウイングキャリバー用ジョイント凹部)
rsbb040.jpg
「ウイングキャリバー」に変形させると、
「ビルバインの腹部」に
「ディスプレイ用ジョイントパーツ」を
取り付けるための凹部が現れます。

rsbb041.jpg
rsbb042.jpg
rsbb043.jpg
「ジョイントパーツ」を取り付けると、
「ウイングキャリバー」形態でも、
別売りの「魂STAGE ACT.5」に
ディスプレイする事ができます。


(総評)


(長所)
まず、
「ビルバイン」のかっこよさが
忠実に再現されていると思いました。

サイズが比較的に大きめなので、
遊びやすい点が良かったです。

きちんと
「コクピットのキャノピー」が
開閉する点も良うれしかったです。

「脚部スラスター」を下げる事で、
膝の可動範囲が拡大して、
ポージングの幅が広がって
良かったです。

「オーラ・キャノン」の砲口を
正面に向ける事ができて、
発射の場面を再現できました。

「ディスプレイ用ジョイントパーツ」が、
「ビルバイン」と「ウイングキャリバー」の
両方の状態で取り付け可能なおかげで、
「魂STAGE」にしっかりと
ディスプレイできました。

「ハイパーオーラ斬りエフェクト」が、
かっこよかったです。


同シリーズの
「エルガイムMk-Ⅱ」と違い、
「ウイングキャリバー」への変形機構が
非常にシンプルで、
ストレスなく気軽に変形させられて
大変うれしかったです。



(短所)

変形の都合上、
「腰の関節」を
ほとんど動かす事ができない点が、
残念でした。

何となく、
「オーラ・ソード・ライフル」を、
しっかりと「交換用手首」に
持たせる事ができない感じがしたのが
残念でした。

「オーラ・コンバーター」から、
「羽根」がすぐに外れてしまい
少しストレスを感じました。

「ワイヤー付ショット・クロー」を
再現できない点も残念でした。



残念な点はありましたが、
全体的に
納得できる出来栄えの
商品だと思いました。

同シリーズでは、
「ダンバイン」も商品化され、
本商品の「ウイングキャリバー形態」に
しっかりと乗せる事ができるそうで、
楽しみです。


「ROBOT魂」の
「聖戦士ダンバイン」関連の商品が
今後も続くのか気になります。

おそらく
限定販売になると思いますが、
好きな人のために、
「ビルバイン(夜間迷彩Ver.)」を
商品化しても良いかもしれません。

ただ、
それ以外の「オーラバトラー」については、
商品化の可能性はあるのでしょうか?

「レプラカーン」とかでしょうか?


敵メカもあった方が、
遊びの幅も広がると
思いますが…


何はともあれ、
今は「ダンバイン」を
楽しみにしたいと思います。



それでは、今回はこれまで!



MGオーラバトラー 1/35 トカマクダンバイン
MGオーラバトラー 1/35 トッドダンバイン

(関連レビュー)
ROBOT魂 ダンバイン レビュー

関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます