「リボルテックヤマグチ エドワード・エルリック」代行レビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

「リボルテックヤマグチ エドワード・エルリック」代行レビュ―

 ede024.jpg
 今回は、
「リボルテックヤマグチ エドワード・エルリック」の
代行レビュ―です。

「鋼の錬金術師」の主人公
「エルリック兄弟」の兄
「エドワード・エルリック」の
「リボルテックヤマグチ」です。


「鋼の錬金術師」は、
2001年から原作漫画の連載が始まり、
2003年と2009年の二度
テレビアニメ化されました。


私は本作について、
テレビアニメ版の
知識しかありません。


物語は、
「錬金術師」である主人公の
「エドワード(=エド)」と「アルフォンス(=アル)」の
「エルリック兄弟」が、
死んだ母親を、
禁忌である「人体錬成」によって甦らせようとした事から
始まります。

錬成は失敗し、
「エド」は「左脚」を、
「アル」は「全身」を失ってしまいました。

「エド」は自分の「右腕」を代価にして、
「アル」の魂を鎧に定着させます。

「エド」は
「右腕」と「左脚」を
「機械鎧(オートメイル)」で補い、
「国家錬金術師」となって、
失われた自分の手足と
「アル」の身体を取り戻すため、
「賢者の石」を探す旅に出ます。


2003年に放送されたテレビアニメ版は、
原作の連載途中に、
放送が終了する形となったため、
テレビオリジナルの結末が描かれました。

原作とは異なる
宿敵「人造人間(=ホムンクルス)」の
黒幕の元に辿り着いた「エド」が、
隙を突かれて殺されてしまいます。

「賢者の石」と化していた
「アル」は、
自らを犠牲にして、
「エド」を蘇生させます。

すると今度は
復活した「エド」が、
自分を犠牲にして、
消えてしまった「アル」を
甦らせようとします。

その結果「アル」は復活し、
「エド」は
錬金術のエネルギーの供給元であった
「現実世界」に転送されてしまいました。

別々の世界に引き離されてしまった
「エド」と「アル」は、
2005年の「劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」で
再会を果たします。


2003年版のテレビアニメ版は、
残酷表現等が、
物議を醸しました。


後述の2009年版にも登場しましたが、
狂気に駆られた1人の錬金術師が、
自分の娘と愛犬を合体させ、
「合成獣=キメラ」を作り出す話が、
大変ショッキングでした。

また、
物語冒頭で
「エルリック兄弟」と知り合った女性が、
その後軍によって不等に拘束された挙句、
孕まされて帰って来る話がありましたが、
この展開には原作者も唖然としたそうです。


そして2009年に
「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」として
再びテレビアニメ化されました。

前作とは異なり、
原作を忠実にアニメ化
した作品になりました。

前アニメ版と重なる部分は極力飛ばす形で、
「アレックス・ルイ・アームストロング」の姉の
「オリヴィエ・ミラ・アームストロング」や、
「リン・ヤオ」・「メイ・チャン」等の
「シン国」の面々が
新たに映像化されました。

また、
前アニメ版では途中で死んでしまった
「ティム・マルコー」や「ヨキ」が、
最後まで
「エルリック兄弟」の仲間として
活躍したのが印象的でした。

個人的には、
前アニメ版では、
女たらしで、
部下には冷たい嫌な上官だった
「ロイ・マスタング」が、
自分の事よりも
部下の身を案じる
理想的な上官に変化していたのが
良かったと思いました。


最終決戦で、
「ホムンクルス」の黒幕であった
「お父様=フラスコの中の小人(ホムンクルス)」を倒し、
「エド」は右腕を
「アル」は全身を取り戻します。


最終回で、
既に錬金術の力を失っていた「エド」が、
幼馴染の「ウィンリィ・ロックベル」に、
「等価交換だ!俺の人生半分やるから、お前の人生半分くれ!」
とプロポーズするシーンが印象的でした。


ショッキングなシーンはあったものの、
個人的には、
2009年版のテレビアニメ版の方が、
良かったと思います。





「エド」を演じた
「朴璐美さん」の声が、
大変個性的で
記憶に残りました。

「朴璐美さん」の声は
「∀ガンダム」の
主人公「ロラン・セアック」で
初めて聞きました。

「朴璐美さん」は
アニメの声以外にも、
特撮番組「侍戦隊シンケンジャー」の
「薄皮太夫」の声を担当し、
その人間態の「薄雪」を演じたりしていました。



前置きが長くなりましたが、
それではレビューです。


※本レビューには、
作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なので
ご容赦願います。


また、
題材として使用したキャラクターを、
馬鹿にする意図は一切ありませんので、
そちらについても
ご容赦願います。





「again」YUI

※動画投稿者の方へ、ありがたく使わせて頂きます。


(全体図)
ede001.jpg
ede002.jpg
ede003.jpg
ede004.jpg

(付属品)
ede005.jpg
オプションフェイス(4種)
オプションハンド(左右各3種)
オートメイル右前腕(握り手付き)
オートメイル装甲(攻撃時)
破れたロングコート
錬成光エフェクト(小)(2個)
錬成光エフェクト(大)
エフェクトベース
リボコンテナ
ディスプレイベース&スタンド
スタンド延長パイプ
10mm径ジョイント(2個)

(オプションフェイス)

(通常)
ede006.jpg

(笑顔)
ede007.jpg

(ギャグ顔)
ede008.jpg

(怒り顔)
ede009.jpg



(「後頭部」アップ)
ede010.jpg
ede011.jpg
「後頭部のお下げ」も
リボルバージョイントにより、
向きを変える事ができます。

(「コートの裾」アップ)
ede012.jpg
ede013.jpg
「コートの裾」も
リボルバージョイントにより
向きを変える事ができます。

(オートメイル)
ede014.jpg
「右前腕」を「オートメイル右前腕」に交換できます。

(オートメイル開き手)
ede015.jpg
「オートメイル開き手」に交換できます。

(オートメイル装甲(攻撃時))
ede016.jpg
「オートメイル装甲(攻撃時)」に交換する事で、
剣状に変化した「オートメイル」を再現できます。

(錬成光エフェクト(大))
ede017.jpg
「錬成光エフェクト(大)」と組み合わせる事で、
「錬成の場面」を再現できます。

(錬成光エフェクト(小))
ede019.jpg
ede018.jpg
「錬成光エフェクト(小)」と組み合わせる事で、
「右前腕のオートメイルを錬成する場面」を
再現できます。

(エフェクトベース)
ede020.jpg
「エフェクトベース」と組み合わせる事で、
踏ん張る場面等を再現できます。


(以下適当に何枚か)
ede021.jpg
ede022.jpg
ede024.jpg
ede023.jpg
ede025.jpg
ede026.jpg
ede027.jpg
ede029.jpg
ede028.jpg
ede031.jpg
ede030.jpg
ede033.jpg
ede032.jpg
ede035.jpg
ede034.jpg


(「エイリアン・ウォーリアー」と対峙する「エド」)
ede036.jpg
ede037.jpg

(「ウォーリアー」にキックする「エド」)
ede038.jpg

(「エド」の右腕に噛みつく「ウォーリアー」)
ede040.jpg
ede039.jpg
エド「俺の右腕を食おうってのか…」

(コートの袖を食いちぎった「ウォーリアー」)
ede041.jpg

(「オートメイル」を晒す「エド」)
ede043.jpg
ede042.jpg
エド「おい化物!食えるもんなら食ってみな!」

(「エド」に飛びかかる「ウォーリアー」)
ede044.jpg

(右腕を錬成する「エド」)
ede045.jpg
エド「ちっ!」

(「オートメイルの剣」を構える「エド」)
ede046.jpg

(「ウォーリアー」を切り裂く「エド」)
ede047.jpg

(「エド」をからかう「ルパン三世」)
ede048.jpg
ルパン「お兄さんはね忙しいの、オチビさんはね
家帰ってお母さんにい~っぱいおっぱいしてもらいな。」

(「ルパン」を蹴り上げる「エド」)
ede049.jpg
エド「ウガー!!」
ルパン「ぐえっ!!」

(「ルパン」の首を絞める「エド」)
ede050.jpg
エド「誰が顕微鏡で見ねえと見えねえくれえ小さい
ウルトラスーパードチビだっ!!」
ルパン「そんな事言ってねえ・・・」


(総評)


(長所)

「オプションフェイス」のおかげで、
劇中の「エド」の雰囲気が
忠実に再現できると思いました。

特に付属するか気になっていた
「ギャグ顔」がちゃんと付属して
うれしかったです。

「エドの特徴」である
「オートメイル右前腕」に交換できる点も
良かったと思います。

「錬成光エフェクト」により、
「錬成のシーン」を
雰囲気たっぷりに
再現できると思いました。

小さいながら、
「後頭部のお下げ」が
可動する点も
良かったです。

「コートの裾」にも
「リボルバージョイント」が付いていて、
可動を妨げない配慮も
うれしかったです。



(短所)
今回、
とにかく「膝の関節」が不安定で、
全く自立させる事ができませんでした。

それ以外のポージングの時も、
思うようにいかず
少しストレスを感じました。

膝の関節も
リボルバージョイントに
してほしかったです。

「オプションハンド」の種類も
少なかったと思います。

「手刀」だけでなく
「開き手」も付属させてほしかったです。

「賢者の石を持った手」等も
付属していればなお良かったと思います。

「オプションフェイス」は、
「眼球可動」のギミックがあれば、
より表情の幅が
広がったと思います。


「エド」が
テレビアニメ版で使っていた
地面から錬成させた
「槍」も付属させてほしかったです。



残念な点はありましたが、
お得な価格で
「エドの可動フィギュア」が
商品化された事自体は
うれしかったです。

「リボルテックヤマグチ」の
「鋼の錬金術師」関連のキャラは
本商品以外は、
「アルフォンス・エルリック」しか
商品化されていません。

「ロイ・マスタング」位は
商品化してもいいと思うのですが…


ただ、
以前本ブログで代行レビュ―した
「ルパン三世」しかり、
「リボルテックのアニメキャラ」は
後が続きませんので
難しいでしょうね。

その上、
新商品でさえ
発売直後に値崩れを起こし、
シリーズの存続自体が
危ぶまれているそうですね。

「食玩ブーム」の火付け役だった
「海洋堂」も、
対抗馬が増えすぎたため、
窮地に立たされているようです。

何とか頑張ってほしいですね。



それでは
今回はこれまで!


(関連レビュー)
「リボルテックヤマグチ アルフォンス・エルリック」代行レビュ―

関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます