メガハウス G・E・Mシリーズ 1/8 TIGER&BUNNY 鏑木・T・虎徹  レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

メガハウス G・E・Mシリーズ 1/8 TIGER&BUNNY 鏑木・T・虎徹  レビュー

083_20120914210149.jpg
今回は、メガハウス G・E・Mシリーズ 1/8 TIGER&BUNNY 鏑木・T・虎徹のレビューです。



(全体像)
008_20120914204228.jpg
009_20120914204243.jpg
010_20120914204257.jpg
011_20120914204312.jpg
013_20120914204344.jpg
1/8スケールなので、フィギュアーツより大きく、1/6スケールよりは小さい大きさです。見本との差はほとんどなく、造形及び塗装精度の高い出来になっていました。プロポーションは劇中の設定通り、非常に細く長い足も再現されています。全体の塗装に関しては、フィギュアーツZEROとは比較にならないくらい高いです。台座にはワイルドタイガーのトレードマークと虎徹さんの名前がローマ字でかたどられています。


(ヘッド拡大)

ヘッド(アイパッチなし 帽子あり)
014_20120914204400.jpg
015_20120914204414.jpg
016_20120914204429.jpg
017_20120914204444.jpg
018_20120914204500.jpg
019_20120914204515.jpg
021_20120914204547.jpg

ヘッド(アイパッチあり帽子あり)
045_20120914205154.jpg
047_20120914205226.jpg
048_20120914205242.jpg

ヘッド(アイパッチなし 帽子なし)
049_20120914205257.jpg
050_20120914205312.jpg
051_20120914205328.jpg
052_20120914205344.jpg
055_20120914205429.jpg

ヘッド (アイパッチあり 帽子なし)
057_20120914205500.jpg
058_20120914205516.jpg
059_20120914205531.jpg
060_20120914205547.jpg
ヘッドは計4種類付属し、帽子ありなしとアイパッチありなしをすべて再現することができます。どのヘッドもアイプリントやヒゲも綺麗に再現されており、かなり良い出来で仕上がっています。

髪の毛もブラックとブラウンで塗装されています。


(各部拡大)

バンド
030_20120914204805.jpg
通信連絡用のバンドの塗り分けも良くされています。

腕時計と数珠
028_20120914204734.jpg
043_20120914205124.jpg
フィギュアーツZEROと同じく、数珠は別造形になっており、光沢がある塗装になっています。
腕時計のほうは、画面の部分はフィギュアーツZEROと比較してもずれもなく再現されています。

ネクタイ
024_20120914204633.jpg
ネクタイのアクセサリ(?)のシルバー部分、シャツのボタンなど詳細まで再現されています。


022_20120914204603.jpg

025_20120914204648.jpg
029_20120914204749.jpg
031_20120914204820.jpg
服の塗装は影の部分は塗り分けられており、しわもフィギュアーツZEROよりの多くかつ細かく再現されています。


037_20120914204952.jpg
038_20120914205007.jpg
039_20120914205023.jpg
040_20120914205038.jpg
後ろ側のチョッキのしわとその影の塗装が細かく再現されています。シャツのしわ部分も塗装で塗り分けられており、後ろ側でも全く手ぬかりがなく、手が込んでいるなと思いました。


027_20120914204719.jpg
両手ともに、爪も塗り分けられています。左手の指輪の塗装も、塗り分けが見事です。

026_20120914204703.jpg
ベルトのバックルもしっかりと塗り分けられています。


ズボン
033_20120914204851.jpg
034_20120914204907.jpg
ズボンのしわはより細かく再現されています。


035_20120914204922.jpg
036_20120914204937.jpg
スニーカーのひも、靴下、靴の裏面など細かく塗り分けられています。



(そのほか)
062_20120914205618.jpg
063_20120914205634.jpg
064_20120914205649.jpg
065_20120914205704.jpg
066_20120914205720.jpg
067_20120914205735.jpg
068_20120914205751.jpg
069_20120914205807.jpg
070_20120914205821.jpg
071_20120914205836.jpg

075_20120914205942.jpg
私としては帽子アイパッチなしのヘッドがもっともカッコイイと思いました。

077_20120914210013.jpg

078_20120914210029.jpg
079_20120914210044.jpg
083_20120914210149.jpg
084_20120914210205.jpg
089_20120914210329.jpg
ヘッドが4種類も付いているのはいいのですが体型は同じなので、できれば別の状態の腕も付いてたら良かったかなとも思いました。

以上、メガハウス G・E・Mシリーズ 1/8 TIGER&BUNNY 鏑木・T・虎徹 レビューでした。


(全体像)
良かったところ
全体的な塗装及び造形品質の高さ
帽子、アイパッチありなしをすべて再現できる4種類のヘッド
顔は全方向から見ても破綻がない

気になったところ
ヘッド以外にもオプションがあればなおよかった。
細身でボリュームがないので、若干割高かも

全体的な造形及び塗装など、かなり完成度の高いフィギュアだと思いました。特に、4種類のヘッドで帽子とアイパッチのありなしを再現できるのが魅力だと思います。顔の造形も見る方向による破綻もなく、今のところ立体造形では最も虎徹さんを再現していると思いました。ただデザイン上細身なこともありボリュームがあまりないので、値段と比較すると少々割高と感じるかも知れません。P.O.PやフィギュアーツZEROのように、腕付け替えできるパーツがあればより良かったですね。私は購入していませんが、MGフィギュアライズのワイルドタイガーと縮尺が同じなので、このフィギュアとディスプレイすると良いかもしれません。

今後は未だ予約開始されていませんが、今回の虎徹さんの完成度から見ると、バーナビーやキースもかなり期待できそうですね。フィギュアーツZEROでは満足できない人にはこちらのほうがいいかもしれません。劇場版の公開もあと少しになり、映画で勢いをあげてこのシリーズもより加速していってほしいと思いました。

それでは今回はこれにて。



g・e・mシリーズ tiger&bunny 鏑木・t・虎徹(楽天)
12"PM ワイルドタイガー(楽天)
12”PM 鏑木・T・虎徹
サウンドクッション24h 鏑木・T・虎徹 

関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます