「S.H.フィギュアーツ スーパーシンケンレッド」代行ミニレビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

「S.H.フィギュアーツ スーパーシンケンレッド」代行ミニレビュ―

ssr047.jpg
今回は、
「S.H.フィギュアーツ スーパーシンケンレッド」の代行ミニレビュ―です。

「スーパー戦隊シリーズ第33作」の
「侍戦隊シンケンジャー」に登場する
「シンケンレッド」が、
「インロウマル」の力で変身した
「スーパーシンケンレッド」の
「S.H.フィギュアーツ」です。

「インロウマル」は
「シンケンゴールド=梅盛源太」が完成させた
「シンケンジャー」を
「スーパーシンケンジャー」に強化変身させるためのアイテムです。

ただし、
「インロウマル」は1個しかないため、
戦闘時に「スーパーシンケンジャー」になれるのは
1名のみです。


それではレビューです。

※本レビューには、
作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なので
ご容赦願います。




「侍戦隊シンケンジャー」サイキックラバー (Project.R)

「四六時夢中シンケンジャー」高取ヒデアキ (Project.R)

※動画投稿者の方々へありがたく使わせて頂きます。


(全体図)
ssr001.jpg
ssr002.jpg
ssr003.jpg
ssr004.jpg

(付属品)
ssr005.jpg
交換用手首(左右各5種)
シンケンマル
インロウマル
スーパーディスク
最終奥義ディスク
モウギュウバズーカ
ショドウフォン

(「ショドウフォン」装備)
ssr006.jpg
変身アイテム「ショドウフォン」を装備できます。


(「シンケンマル」装備)
ssr007.jpg
「シンケンマル」を
「腰左のホルスター」に
通す事ができます。
ssr008.jpg

(「スーパーディスク」取り外し)
ssr009.jpg
「スーパーディスク」を
「シンケンマル」から自由に取り外しできます。


(「インロウマル」装備)
ssr010.jpg
ssr011.jpg
「スーパーシンケンジャー」への変身アイテムである
「インロウマル」を持たせる事ができます。


(「インロウマル」装備状態「シンケンマル」)
ssr012.jpg
「インロウマル」を「シンケンマル」に取り付ける事ができます。
ssr013.jpg

(「インロウマル」に「スーパーディスク」をセット)
ssr014.jpg
ssr015.jpg
ssr016.jpg
「インロウマル」の蓋を開いて
「スーパーディスク」をセットできます。

(モウギュウバズーカ)
ssr017.jpg
ssr018.jpg
ssr019.jpg
「モウギュウバズーカ」に
「最終奥義ディスク」をセットできます。
※撮影後に、
「モウギュウバズーカ」の角の向きが
間違っている事に気付きましたが、
そのままレビュ―しました。
ご容赦願います。



(「モウギュウバズーカ」装備)
ssr020.jpg
ssr021.jpg
ssr022.jpg

(「モウギュウバズーカ」先端アップ)
ssr023.jpg
「モウギュウバズーカ」の先端の
牛っぽい顔もきちんと再現されています。

(「モウギュウバズーカ」に「シンケンマル」をセット)
ssr024.jpg
ssr025.jpg
ssr026.jpg
ssr027.jpg
「モウギュウバズーカ」に
「インロウマル」と「スーパーディスク」を取り付けた
「シンケンマル」を上からはめ込み、
カバーを閉めます。


(以下適当に何枚か)
ssr029.jpg
ssr028.jpg
ssr031.jpg
ssr030.jpg
ssr033.jpg
ssr032.jpg
ssr034.jpg

(「肩」アップ)
ssr035.jpg
ssr036.jpg
ssr037.jpg
「肩」のパーツは可動して、
肩の可動を妨げないように
なっています。


(以下適当に何枚か)
ssr038.jpg
ssr039.jpg
ssr040.jpg
ssr041.jpg
ssr042.jpg
ssr043.jpg
ssr045.jpg
ssr044.jpg
ssr047.jpg
ssr046.jpg
ssr049.jpg
ssr048.jpg
ssr051.jpg
ssr050.jpg


(総評)

(長所)

「スーパーシンケンレッド」のデザインが
忠実に再現されていると思いました。

購入前は心配だった
「陣羽織」のフィギュアへの可動の妨げが
極力少なくなるよう
配慮されていた点が良かったです。

「肩パーツ」が可動式なので、
「肩の可動範囲」が
十分確保されていると
思いました。

さすがに、
通常の「シンケンレッド」と比較すると、
可動範囲が限られてしまいますが、
かっこいいポーズを付ける点では
特に問題なかったと思います。

ずっと商品化してほしかった
「モウギュウバズーカ」が
付属する点がうれしかったです。

「インロウマル」や「シンケンマル」との合体も、
きちんと再現できて良かったです。

「インロウマル」を
しっかりと保持できる
「交換用手首」が付属していて、
「水戸黄門の印籠のシーン」的な
ポーズを雰囲気たっぷりに
再現できると思いました。


(短所)

個体差だと思いますが、
「モウギュウバズーカ」に
「シンケンマル」をセットした際、
「蓋」がしっかり閉まらないという
不具合がありました。

「陣羽織の裾」が
軟質素材のおかげで
下半身の可動範囲が確保されるものの、
劣化しそうで不安です。


何はともあれ、
通常状態の
「シンケンジャーの7人」だけでなく、
「強化状態のシンケンジャー」も
商品化された事は
とてもうれしく思います。


イベントで参考展示された
「レッド」以外の
「スーパーシンケンジャーの5人」が
商品化されるかが気になります。

「スーパー戦隊のS.H.フィギュアーツ」の
商品化の傾向を見ていると、
限定販売に回される可能性が高いので不安です。

せめて
「ブルー」「グリーン」「ゴールド」は
通常販売にして
ぜひ商品化してほしいと思います。



それでは、今回はこれまで!
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます