ホットトイズ アイアンモンガー レビュー (前編) - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ アイアンモンガー レビュー (前編)

im185.jpg
今回は、ホットトイズ アイアンモンガーのレビューです。今回はギミック等が多いため、前後編に分けます。

映画「アイアンマン」で登場したボスキャラ「アイアンモンガー」がホットトイズで登場です。劇中ではアイアンマンよりはるかに大きいボディに加え、巨体から繰り出す圧倒的なパワーで旧式リアクターのアイアンマンマーク3を追い詰めました。劇中での戦闘はさほど長くはなかったのですが、そのシーンで使われた武器などの再現がどこまでできているかなど期待が高まるフィギュアです。 それではレビューを始めます。

(全体像)
im032_20121201155620.jpg im033.jpg im036.jpg
全長は約44センチにもなり、通常の1/6スケールフィギュアよりも約1.5倍の大きさになります。横幅もフィギュア二体分はあるのでとにかく場所をとることになります。重さもかなりあります。1/4フィギュアは買ったことがないのですが、とにかくこの大きさには圧倒されると思います。
大きさ比較
im030.jpg
アイアンマンマーク6との大きさ比較です。高さだけでなくその幅アイアンマンを圧倒する大きさですね。

(各部)
ヘッド
038_20121201144506.jpg 040_20121201144538.jpg 041_20121201144555.jpg
ヘッドは、もともと元となったアイアンマンマーク1によく似ています。 042_20121201144611.jpg
胸部にはアイアンマンに共通するアークリアクターが装備されています。
各部拡大
045_20121201144701.jpg 046_20121201144717.jpg 047_20121201144734.jpg
表面の装甲は、ザラザラした質感の処理になっています。シリンダーや関節部分は光沢のある金属様塗装がなされており、サビのようなウェザリングがさらに質感を向上させています。 048_20121201144751.jpg 049_20121201144807.jpg 050_20121201144823.jpg
腕や肩にはシリンダーが取り付けてあり、これらは腕の上げ下げに連動して可動します。 043_20121201144627.jpg 044_20121201144644.jpg 051_20121201144840.jpg 052_20121201144856.jpg
足も関節もしっかりと作られており、重いボディをよく支えることができます。 053_20121201144912.jpg 054_20121201144928.jpg
足にもシリンダーがあり、これらも足の動きに連動して動きます。



ギミック
ライトアップ
006_20121204185706.jpg
頭部のライトアップはアークリアクターよりは暗めですが、蛍光灯のような均一の光なので眩しくなくちょうど良い発光になっています。 081_20121201145649.jpg 082_20121201145706.jpg
右腕のスイッチをオンにすることで、右手のリパルサーとマシンガンの照準が光ります。 084_20121201145740.jpg 086_20121201145813.jpg
同様に、左手もリパルサーとミサイルの照準が光ります。 ちなみに、6箇所がライトアップできるフィギュアはホッとトイズではアイアンモンガーが初めてだそうです。

アークリアクター 107_20121201150404.jpg 109_20121201150438.jpg
胸のアークリアクターは、右肩の後ろもアーマーを外してスイッチを入れます。

ミサイル
087_20121201145829.jpg 088_20121201145846.jpg
左腕には連装ミサイルが装備されています。動かすことはできません。 089_20121201145903.jpg 090_20121201145920.jpg
右腕のマシンガンは、前方に伸ばすことができます。

肩部ミサイル 094_20121201150026.jpg
左肩のアーマーを外すと、中からキャノン砲が出てきます。 099_20121201150148.jpg
かなり奥に装備してありますので、シリンダーよりも上に引き出します。 102_20121201150239.jpg 103_20121201150256.jpg
引き出して発射台を前方に傾けます。

ミサイル
104_20121201150313.jpg 105_20121201150330.jpg
キャノン砲にセットするミサイルです。一発だけですがこれも綺麗に塗装されています。 106_20121201150347.jpg
付属のミサイルをセットして完成です。ミサイルはセットしたまま収納することができます。この機構の作りこみは素晴らしいですね。

内部展開
116_20121201150633.jpg 117_20121201150651.jpg
胸部アーマーを引き上げて開き、そのあとアークリアクターを前方に引き出して開きます。

オバディアヘッド 119_20121201150727.jpg 120_20121201150744.jpg 125_20121201150911.jpg 126_20121201150928.jpg
オバディアを演じたジェフ・ブリッジスのヘッドです。よくできていると思いますが、ちなみにこの人はトロンで主役を演じ、さらにトロンレガシーで父親として出てきたのもこの人でしたね。そしてネックレスはヘッドセット時に首に装着します。 123_20121201150836.jpg
ヘッドは前後左右に少し動き、体は左右に少し動きます。 ちなみに、オバディアヘッドを取り外さないと閉められないと思いましたが、製品版ではヘッドをセットしたまま閉めることができます。

(飛行モード) 132_20121201151110.jpg
ふくらはぎのカバーを外して、エアーフラップを伸ばします。 134_20121201151146.jpg 135_20121201151204.jpg
カバーが空いた状態でジェット噴射装置を取り付けることで飛行モードを再現できます。ただ、本体がかなり重いので、通常のスタンドでは耐えられないです・・・。 ただ大きいだけではなく、各部のギミックの再現などかなり充実していますね。値段の価値は十分あるフィギュアだと思います。


残念ですが時間の関係で、今回はここで止めて可動性等は後編にて追加します。では一旦はこれにて。

※後編できました ホットトイズ アイアンモンガー レビュー(後編)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます