ホットトイズ DX10 ターミネーター2 T-800 レビュー (後編) - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ DX10 ターミネーター2 T-800 レビュー (後編)

ホットトイズ DX10 ターミネーター2 T-800 レビュー (後編)です。

前編はこちら



(Tシャツ)
tdx092.jpg
上着を脱がすと、グレーのTシャツを着ています。前作では2着ありましたが今作ではグレーのもののみ付属します。

(可動性)
tdx091.jpg
腕の関節は90度以上に曲げることができます。前バージョンでは腕の取り外しができるタイプだったのですが、今タイプは腕の外れないタイプに変更されています。

tdx067.jpg
上半身のそらしはそこまでできませんが、前方向へはかなり曲げることができます。

tdx064.jpg
首の可動性は左右は問題なく、上下に関しては上方向へはかなり動きます。反面、下方向にはあまり動きません。


068_20121122142151.jpg
足はズボンがかなりピチピチなので、股関節の可動性はかなり制限されています。しかし本革なので、今後伸びてより可動性が上がる可能性はあると思います。ちなみに、ズボンで見えませんが、長めのブーツを履いているので足の接地性はあまり高くないです。


(前バージョンとの比較)
tdx005.jpg
tdx003.jpg
ヘッドの造形は、DX版のほうがシワが少なく、より若く見えます。前バージョン発売時は全然違和感ないと思っていましたが、劇中の写真と比べるとT2当時はDX版のほうが似ています。ただ、どちらがシュワちゃんのイメージに近いかと考えると、前作の方が似ているような気がします。

ちなみに、これら二つのフィギュアをフィギュアに興味のない人3人に聞いてみましたが、3人とも前バージョンのほうが似ていると答えました。特徴的にシュワちゃんの顔の造形を再現しているのは前バージョンのようです。

tdx004.jpg
革ジャンやズボンはDX版のほうが光沢があり、通常版よりも色艶が良いです。

tdx006.jpg
サングラスを装着すると、正面から見ても大分気にならなくなると思います。前バージョンは歳をとっているように見えますね。

(そのほか適当に)
tdx013.jpg

td141.jpg

tdx031.jpg
tdx041.jpg

tdx043.jpg

tdx076.jpg
tdx078.jpg
tdx082.jpg
tdx085.jpg

tdx088.jpg

tdx022.jpg


VS T-1000
tdx057.jpg
DX版のサイバーダイン社襲撃時装備ではT-1000と戦ってはいないのですが、ガトリングガンでT-1000と対決して欲しかったです。ただ、当時のCGでは金がかかりすぎてT-1000のダメージを表現しきれない可能性はありますが。

tdx059.jpg

tdx009.jpg

td144.jpg

td136.jpg

td007.jpg


tdx090.jpg
以上、ホットトイズ DX ターミネーター2 T-800 レビューでした。



(総評)
よかったところ
眼球可動システムを搭載
サイバーダイン社襲撃の際の武装がほぼすべて付属
ヘッドのCPU取り出しの再現が可能
本革の服装のため、質感及び保存性が向上

気になったところ
ヘッドの正面からのアングルでは、前バージョンの方がシュワちゃん本人に似ていると思う。

ホットトイズからは既にT-800通常版、T-1000、T-1000サラコナー擬態、サラコナーがすでに発売されていますが、DXということもあり、それらを凌駕する衣装、武装など高い仕上がりと充実度でした。

衣装についてはバイカースタイルの革ジャンやズボンは本革仕様というこだわりにより、実際の映画衣装の質感を見事に再現しています。武装もガトリングガン、グレネードランチャー、装弾ベルトなど充実しており、サイバーダイン社襲撃シーンを余すところなく再現できます。頭部はシュワちゃんのT2当時の顔の造形をよく捉えており、眼球可動システムにより、様々なポーズに対応した視線の移動が可能です。また、頭には特別編にあったCPUチップの取り出しシーンを再現でき、前バージョンとの差別化がなされています。

ただ、前バージョンと比較すると、正面は前作の方がシュワちゃんに近く見えます。今回のものもシュワ氏の当時の顔を忠実に再現していると思うのですが、しわが少ない分シュワ氏の特徴を捉えているのは前バージョンのほうで、そのため一見したところ前バージョンの方が似ているように見えるようです。DX版の顔の点で不満が残り、眼球可動などがいらない人は、前バージョンに他メーカーが出しているガトリングガン等の武装を装備させるか、オークションでDX版の武装を入手してもいいかもしれません。

今後はT2シリーズの最後になるであろうT2バトルダメージが控えています。かなり高価ですが、今回のヘッドの造形のこともあり、発売までより本人に近い顔の造形の改修をして欲しいと思います。そしてDX版が頭部のCPU取り出し、次のBD版が最後の場面などに対応するだけあって、できれば少年ジョン・コナーのフィギュアにも期待がかかります。新素体の開発の必要があるのですぐには無理でしょうが、できるならば出して欲しいところです。

それでは今回はこれにて。


ホットトイズ DX ターミネーター2 T-800 BD ver.(ブリスター)(あみあみ)(楽天)(トイサピエンス)

関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます