映画「特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE」感想レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

映画「特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE」感想レビュー

gbgk0029.jpg
今回は、
映画「特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE」の感想レビューです。
※完全なネタばれなので、これからご覧になる方はご注意ください。

gbgk0030.jpg

(入場者プレゼント)
gbgk0031.jpg
gbgk0032.jpg


映画「特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE」を
観てきました。

以下が、
「あらすじ」と「感想」です。


それではレビューです。

※完全なネタばれなので、これからご覧になる方はご注意ください。
また、うろ覚えのため、
実際の作品の内容とは異なる記載があるかもしれませんが、
ご容赦願います。



「海賊戦隊ゴーカイジャー」松原剛志 (Project.R)
「スーパー戦隊 ヒーローゲッター」Project.R

「バスターズ レディーゴー! 」高橋秀幸(Project.R)

「モーフィン! ムービン! バスターズシップ!」高橋秀幸 (Project.R)

「キズナ〜ゴーバスターズ!」謎の新ユニットSTA☆MEN

※動画投稿者の方々へ、ありがたく使わせて頂きます。



(あらすじ)

ある日、
「幻のレンジャーキー」の最後の1本を求めて、
「宇宙帝国ザンギャック」の新司令官
「バッカス・ギル(声:土師孝也さん)」と
行動隊長「ワレドナイヤー(声:中村悠一さん)」が、
「黒いゴーカイガレオン」に乗って、
地球に襲来する。

「幻のレンジャーキー」が
5本全て一箇所に集まった時、
宇宙で最も巨大な力が
持ち主に宿ると言われていた。

「ヴァグラス」の「エンター(演:陣内将さん)」は、
「幻のレンジャーキー」の力を利用し、
地球を亜空間に取り込むため、
伯父の「アクドス・ギル」の復讐のため
地球を消滅させようと目論む
「バッカス・ギル」と手を組んでいた。

そして「黒いゴーカイガレオン」の中には、
「キャプテン・マーベラス=ゴーカイレッド(演:小澤亮太さん)」
「ジョー・ギブケン=ゴーカイブルー(演:山田裕貴さん)」
「ルカ・ミルフィ=ゴーカイイエロー(演:市道真央さん)」
「ドン・ドッコイヤー(ハカセ)=ゴーカイグリーン(演:清水一希さん)」
「アイム・ド・ファミーユ=ゴーカイピンク(演:小池唯さん)」達
「海賊戦隊ゴーカイジャー」の5人の姿があった。


一方その頃地球の
「エネルギー管理局・特命部」の司令室では、
「桜田ヒロム=レッドバスター(演:鈴木勝大さん)」
「岩崎リュウジ=ブルーバスター(演:馬場良馬さん)」
「宇佐見ヨーコ=イエローバスター(演:小宮有紗さん)」達
「特命戦隊ゴーバスターズ」の3人が、
それぞれの相棒の「バディロイド」
「チダ・ニック(声:藤原啓治さん)」
「ゴリサキ・バナナ(声:玄田哲章さん)」
「ウサダ・レタス(声:鈴木達央さん)」達と
いつもの様な会話を交わし、
その様子を、
オペレーターの
「森下トオル(演:高橋直人さん)」と
「仲村ミホ(演:西平風香さん)」達が
温かい目で見つめていた。

その時、
「黒いゴーカイガレオン」が
「エネトロンタンク」を攻撃しているとの情報が入り、
「黒木タケシ司令官(演:榊英雄さん)」の特命を受け、
「ゴーバスターズ」は現場に急行する。

「陣マサト=ビートバスター(演:松本寛也さん)」と
「ビート・J・スタッグ=スタッグバスター(声:中村悠一さん)」は、
「バスターヘラクレス」で
「黒いゴーカイガレオン」に攻撃するが、
びくともしない。

「ゴーバスターズ」は、
「バッカス・ギル」達「ザンギャック一味」と共に現れた
「ゴーカイジャー」の5人の姿を目の当たりにして
ショックを受ける。

「マーベラス」は、
「お前達に邪魔はさせない!」と「ゴーバスターズ」に言い放ち、
「ゴーカイジャー」に変身して、
「ヒロム」「リュウジ」「ヨーコ」に襲いかかる。

「ヒロム」達も
「ゴーバスターズ」に変身し応戦する。

すると戦場に、
「伊狩鎧=ゴーカイシルバー(演:池田純矢さん)」が
「豪獣ドリル」に乗って現れる。

状況の飲み込めない「鎧」であったが、
「マーベラス」に言われるまま、
持っていた「レジェンド戦隊のレンジャーキー」を
渡してしまう。

「ゴーカイジャー」の5人は
「大戦隊ゴーグルV」にゴーカイチェンジし、
「ゴーバスターズ」を圧倒する。

続いて「ゴーカイジャー」は、
「未来戦隊タイムレンジャー」にゴーカイチェンジするが、
「ゴーバスターズ」も、
「パワードカスタム」に変身し対抗する。

するとそこへ現れた「エンター」は、
地中に埋まっていた
「幻のレンジャーキー」の最後の1本を回収し、
残りの4本と合わせようとする。

しかしその時、
「幻のレンジャーキー」が暴走を起こし、
上空に巨大な渦が発生する。

やがて、
「ゴーカイジャー」の6人と、
「ヨーコ」「J」「ゴリサキ」達は、
4本の「幻のレンジャーキー」と共に、
その渦の中に吸収されてしまう。

その直後戦場に現れた「ナビィ(声:田村ゆかりさん)」を
「ヒロム」達は司令室に連行する。

「ナビィ」の話によると、
地球で「ワルズ・ギル」を倒した後、
「ザンギャック本星」で
「ザンギャック帝国」と戦っていた
「ゴーカイジャー」達は、
「ヴァグラス」と手を組んだ
「バッカス・ギル」達によって
「ゴーカイガレオン」を破壊されてしまったのであった。

その後、
「ナビィ」と「鎧」のみが、
地球へと戻されたが、
「マーベラス」達5人が
「バッカス・ギル」達と行動を共にする理由は、
「ナビィ」にも分からなかった。


一方渦に飲み込まれた面々は、
「幻のレンジャーキー」の力で、
様々な時代と場所へと飛ばされていた。

江戸時代に飛ばされていた
「ヨーコ」と「J」は、
「鎧」と出会う。

「鎧」の提案により、
「ヨーコ」は、
未来にいる「特命部」の面々宛てに、
メッセージを送る。


現代では、
「ヨーコ」からのメッセージが記された巻物が、
「志葉薫=元女シンケンレッド(演:夏居瑠奈さん)」の手により、
「特命部」に持ち込まれる。

その巻物は、
江戸時代から「志葉家」によって保管され、
巻物の中で指定された日時が来たため、
「薫」が持って来てくれたのであった。

巻物の内容から、
渦に飲み込まれた面々が、
バラバラの時代と場所に飛ばされた事を知った「特命部」は、
「ナビィ」の提案により、
「豪獣ドリル」の時空移動のプログラムを
各「バスターマシン」にダウンロードし、
救出に向かう事を決める。

「バスターマシン」の改良を行った「マサト」から、
時空移動による「エネトロン」の消費はかなりの規模となり、
移動後は45分以内に現代に戻るよう説明があった後、
「ヒロム」「リュウジ」「ウサダ」「マサト」達は、
各時代と場所へと向かう。


「FS-0Oフロッグ」に乗って、
大航海時代にやってきた「リュウジ」は、
正に「青の幻のレンジャーキー」を見つけた直後の
「ジョー」「ルカ」「ワレドナイヤー」と遭遇する。

「幻のレンジャーキー」を奪取した「リュウジ」は、
「ブルーバスター」に変身し、
「ゴーカイブルー」と「ゴーカイイエロー」に変身した
「ジョー」と「ルカ」と交戦状態となる。

「ワレドナイヤー」に攻撃され、
「幻のレンジャーキー」を奪われて倒れる「ブルーバスター」を、
「ゴーカイブルー」と「ゴーカイイエロー」が助ける。

「ワレドナイヤー」は
「幻のレンジャーキー」を持ったまま、
現代へ戻って行く。


19世紀初頭のフランスに飛ばされた
「ハカセ」と「アイム」は、
「緑の幻のレンジャーキー」がある
屋敷内に潜入していた。

屋敷に仕掛けられたトラップが作動し、
ピンチの2人を、
盗賊に扮した「マサト」が助け、
「幻のレンジャーキー」を入手する。


白亜紀に飛ばされていた「ゴリサキ」の眼前で、
「ピンクの幻のレンジャーキー」は、
「ゴーミン」達に回収されてしまう。

恐竜に追いかけ回される「ゴリサキ」を、
「RH-03ラビット」でやってきた
「ウサダ」が救出する。


江戸時代では、
「ヨーコ」「J」「鎧」達が、
「ジェラシット(声:櫻井孝宏さん)」と出会い、
彼が持っていた
「黄色の幻のレンジャーキー」を入手する。


2005年にやって来た「ヒロム」は、
「ヤツデンワニ(声:津久井教生さん)」が経営する
「恐竜や」で、
「チキンカレー」を食べていた
「マーベラス」を発見する。

交戦状態となる両者であったが、
「マーベラス」は
「お前達に俺達を攻撃させる事が目的だった」
と「ヒロム」に言い放つ。


実は
「マーベラス」「ジョー」「ルカ」「ハカセ」「アイム」の5人は、
「幻のレンジャーキー」を奪取し、
「バッカス・ギル」や「エンター」の野望を阻止するため、
わざと「ザンギャック帝国」に
投降したふりをしていただけであった。


同じ頃
「リュウジ」は「ジョー」と「ルカ」から、
「マサト」は「ハカセ」と「アイム」から、
真実を聞かされ、
「ヨーコ」「J」「鎧」も、
おのずと状況を理解するのであった。


「マーベラス」は、
「ザンギャック帝国は俺達の相手だ!」と話し、
「ゴーバスターズ」を
「スーパー戦隊としては半人前」として認めようとしない。

それに対し「ヒロム」は、
「誰が相手だろうと、地球を守るのは俺達だ!」
と反論する。


「ハカセ」「アイム」「マサト」達は、
「ゴーバスタービート」に乗って、
現代に戻った直後、
「バッカス・ギル」に襲撃され、
「緑の幻のレンジャーキー」を
奪われてしまう。


「特命部の司令室」で、
合流した
「マーベラス」「ジョー」「ルカ」「ハカセ」「アイム」
「ヒロム」「リュウジ」「マサト」達は、
江戸時代で、
「エンター」の乗る
「メガゾードε」に
「ヨーコ」「J」「鎧」達が襲われている事を、
彼等の回収に向かった
「ラビット」からの映像で知らされる。


「ヒロム」は、
「ゴーバスターエース」に乗り、
「マーベラス」の乗る
「タテガミライオー」を伴って、
江戸時代へ向かう。

「ゴーバスターエース」が
「メガゾードε」と交戦する中、
「マーベラス」は
「侍戦隊シンケンジャー」の
「シンケンレッド」にゴーカイチェンジし、
敵に追われていた「ゴリサキ」を救う。

「イエローバスター」「スタッグバスタ-」「ゴーカイシルバー」に変身し、
「バッカス・ギル」一味と戦う
「ヨーコ」「J」「鎧」であったが、
次第に追い詰められていく。

「ヒロム」は、
「ニック(バイクモード)」と共に
「ゴーバスターエース」から飛び出し、
「ヨーコ」達に加勢する。

「ヒロム」達が
「バッカス・ギル」の圧倒的な力に苦戦する中、
「エネトロン」の残量が限界に達し、
時空移動ができなくなってしまう。

「ニック」「ゴリサキ」「ウサダ」達は、
「ヒロム」達の反対を押し切り、
自分達の「エネトロン」を使って、
「バスターマシン」を現代に転送させる。

江戸時代から脱出し、
安堵する「ヒロム」達の眼前で、
「ニック」「ゴリサキ」「ウサダ」達は機能を停止してしまう。


基地に回収され修理を終えた
「ニック」「ゴリサキ」「ウサダ」達は、
江戸時代から脱出する直前に受けた
「メガゾードε」の攻撃により、
「ワクチンプログラム」が破壊され
自我を失っていた。

「マサト」から
「ニック」達の自我を戻す事は不可能である事を知らされ、
「ヒロム」「リュウジ」「ヨーコ」達は深い悲しみに包まれる。

そんな彼等の姿を見ていた
「マーベラス」「ジョー」「ルカ」「ハカセ」「アイム」「鎧」の6人は、
「人とバディロイドの絆の深さ」を知り、
「ザンギャック」との決着を自分達だけでつける事にする。


やがて
全ての「幻のレンジャーキー」を入手した
「エンター」は、
「黒いゴーカイガレオン」のコクピットにある装置に
「幻のレンジャーキー」をセットし、
亜空間を発生させる。

「エンター」達の動きを知った
「ゴーバスターズ」と「ゴーカイジャー」は、
戦場へと向かう。


「ナビィ」は、
過去から持って来た
「ゴーカイガレオン」を操縦し、
「黒いゴーカイガレオン」に攻撃を仕掛ける。


地上に降り立った「バッカス・ギル」「エンター」達の前に
「マーベラス」「ジョー」「ルカ」「ハカセ」「アイム」「鎧」
「ヒロム」「リュウジ」「ヨーコ」「マサト」「J」達10人と1体が
立ちはだかる。

10人と1体は
「ゴーカイジャー」と「ゴーバスターズ」に変身し、
最後の戦いが始まる。


「エンター」は、
「エスケイプ(演:水崎綾女さん)」
「ダマラス」
「バスコ・タ・ジョロキア(演:細貝圭さん)」
の「アバター」を呼び出し、
「バッカス・ギル」に加勢する。


「完全体」に変身した「バスコ」に対し、
「マーベラス」「ジョー」「ルカ」達は、
「太陽戦隊サンバルカン」にゴーカイチェンジし、
これを撃破する。

同じく
「ハカセ」「アイム」「鎧」も、
「カブトライジャー」「クワガライジャー」「シュリケンジャー」に
ゴーカイチェンジし、
「ダマラス」を撃破する。

「ヒロム」「リュウジ」「ヨーコ」「マサト」「J」も力を合わせ、
「エスケイプ・エボルブ」を撃破する。


「亜空間」の発生を止めるため、
「マーベラス」と「ヒロム」は、
「黒いゴーカイガレオン」のコクピットに突入する。

そこで妨害して来る
「ワレドナイヤー」を船外へ放り出した
「マーベラス」と「ヒロム」であったが、
「幻のレンジャーキー」を抜いても、
「亜空間」の発生は止まらない。


「ニックが俺を信じてくれたように、俺もあんたを信じる!」
と「マーベラス」に話す「ヒロム」は、
「黒いゴーカイガレオン」を破壊して、
「亜空間」の発生を止めるため地上に戻る。


地上に降り立った「マーベラス」と「ヒロム」を、
「ワレドナイヤー」と「ゴーミン」の大群が
待ち構えていた。

するとそこへ
「37番目のスーパー戦隊」を名乗る
「獣電戦隊キョウリュウジャー」の
「キョウリュウレッド=桐生ダイゴ(声:竜星涼さん)」が現れる。

「ワレドナイヤー」達を
「キョウリュウレッド」に任せ、
「マーベラス」と「ヒロム」は、
仲間の元へと戻る。

やがて、
「キョウリュウブラック=イアン・ヨークランド(声:斉藤秀翼さん)」
「キョウリュウブルー=有働ノブハル(声:金城大和さん)」
「キョウリュウグリーン=立風館ソウジ(声:塩野瑛久さん)」
「キョウリュウピンク=アミィ結月(声:今野鮎莉さん)」達
残りの「キョウリュウジャー」のメンバーも駆け付け、
「ワレドナイヤー」の一味は瞬く間に一掃される。


「黒いゴーカイガレオン」を破壊するため、
自我を失ったままの
「ニック」「ゴリサキ」「ウサダ」を搭載した
「ゴーバスターエース」
「GT-02ゴリラ」
「RH-03ラビット」に
「ヒロム」「リュウジ」「ヨーコ」達は
乗り込む。

「マサト」と「J」も
「バスターヘラクレス」に乗り込む。


地上では、
「マーベラス」「ジョー」「ルカ」「ハカセ」「アイム」「鎧」達
「ゴーカイジャー」が、
「バッカス・ギル」と戦っていた。

「バッカス・ギル」から、
「そうまでしてなぜ地球を守ろうとするのか?」
と尋ねられた「マーベラス」は、
自分達に地球を守る意思はなく、
「ゴーバスターズ」達が地球を守っていると言い放つ。

「俺達は、目の前の敵を倒すだけ。それが海賊ってもんだ!」
と語り、
「マーベラス」達は
「ゴーオンレッド」「マジレッド」「ファイブレッド」
「デンジレッド」「ダイナレッド」「ゲキレッド」に
ゴーカイチェンジし、
「バッカス・ギル」を圧倒する。


「ヒロム」達は
「黒いゴーカイガレオン」を破壊しようとするが、
「エンター」の乗る
「メガゾードΩ」に妨害される。

「ゴーバスターオー」に合体して、
立ち向かう「ヒロム」達であったが、
強力な「メガゾードΩ」の力の前に、
「バスターヘラクレス」共々、
ついに戦闘不能に陥ってしまう。

「バスターマシン」を捨てて脱出するよう命令する
「黒木司令官」に対し、
「ニック」達を置いていけないと
「ヒロム」達は命令を拒否する。

「ヒロム」は「ニック」に、
「リュウジ」は「ゴリサキ」に、
「ヨーコ」は「ウサダ」に、
それぞれの思い出を胸に、
必死に呼びかける。

すると彼等の感情が
「ワクチンプログラム」と共に
「ニック」「ゴリサキ」「ウサダ」に注ぎ込まれ、
彼等は自我を取り戻す。

正に止めを刺そうとしていた
「メガゾードΩ」を払い除けて
再び立ちあがった「ゴーバスターオー」の姿を見た
「マーベラス」達は、
「ヒロム」達と「バディロイド」達の
絆の深さを改めて知らされる。

「ゴーバスターオー」は合体を解除し、
「ゴーバスターライオー」と
「ゴーバスターエース」になる。


「ゴーバスターズ」の姿に奮い立たされた
「ゴーカイジャー」達は、
一気に「バッカス・ギル」を追い詰める。

「ゴーカイシルバーゴールドモード」の
「ゴーカイレジェンドリーム」に続き、
「ゴーカイガレオンバスター」を受けて、
「バッカス・ギル」は撃破される。

しかし「バッカス・ギル」は、
謎の液体を飲んで
巨大化してしまう。

「ゴーカイジャー」達は
「ゴーカイオー」と
「豪獣神」に乗り込む。

すると「ゴーカイオー」のコクピット内で、
5本の「幻のレンジャーキー」が輝き始め、
「ニック」「ゴリサキ」「ウサダ」「エネたん」「J」の姿を模した
「バディロイドキー」へと変化する。

「バディロイドとの絆こそがゴーバスターズの大いなる力である」
という事を確信した「マーベラス」達は、
「バディロイドキー」を、
「ゴーカイダリン」にセットする。

すると今度は、
「ゴーカイオー」「豪獣神」「ゴーバスターエース」
「バスターヘラクレス」「ゴーバスターライオー」の手中に、
「巨大なレンジャーキー」が出現する

それぞれの戦隊ロボは、
空中に出現した鍵穴に、
「巨大なレンジャーキー」をセットする。

すると
「ゴーカイオー」は「ダイボウケン」に、
「豪獣神」は「大獣神」に、
「ゴーバスターエース」は「ゲキトージャ」に、
「バスターヘラクレス」は「マジキング」に、
「ゴーバスターライオー」は「ガオキング」に
ゴーカイチェンジする。


「エンター」は
「亜空間」から
「メガゾード」の
「α」「β」「γ」「δ」を呼び寄せ、
5体の戦隊ロボに差し向ける。

「ダイボウケン」は
「バッカス・ギル」を
必殺技「アドベンチャードライブ」で撃破する。

同じく
「大獣神」は「超伝説・雷光斬り」で、
「マジキング」は「魔法斬り」で、
「メガゾード」達を撃破していく。

「ゲキトージャ」は
「フラッシュキング」や
「龍星王」にゴーカイチェンジし、
「ガオキング」は
「ガオケンタウロス」に変化し、
「メガゾード」を蹴散らして行く。


元に戻った
「ゴーバスターエース」は
ブレードで「黒いゴーカイガレオン」を切り裂く。

「戦隊ロボ」の圧倒的な力により、
「エンター」は
戦場から吹き飛ばされる。


「黒いゴーカイガレオン」の爆散と共に、
「亜空間」の発生は止まり、
地球は危機から救われる。



戦いが終わり、
「マーベラス」「ジョー」「ルカ」「ハカセ」「アイム」「鎧」達は、
再びお宝探しの旅に出発する事になり、
「ヒロム」「リュウジ」「ヨーコ」「マサト」「ニック」「ゴリサキ」「ウサダ」「J」達が
彼等を見送る。

別れの直前「マーベラス」は「ヒロム」に、
「俺の言葉を信じろとは言わない。
お前達は立派なスーパー戦隊だ!」
という言葉をかける。


「ゴーカイジャー」達を見送った後、
いつもと変わらぬ様子で帰って行く
「ゴーバスターズ」と「バディロイド」達の姿があった。



(感想)


まず、
今回の映画で良かった点については
以下の通りです。

例年の如く、
最初に
「現役の戦隊と直近の戦隊との衝突」が描かれた上で、
和解と共闘が描かれ、
感慨深かったです。


現役の「ゴーバスターズ」を引き立てるため、
「ゴーカイジャー」が控えめな印象だったものの、
「ゴーバスターズとバディロイドとの絆」が、
テレビ版よりも
深く掘り下げて描かれていて、
見応えがありました。


最後の別れの場面で、
「先輩のスーパー戦隊」として、
「マーベラス」が
「ヒロム」達を認める場面が、
印象に残りました。

普段は他人をほめたりしないイメージの
「マーベラス」だけに、
新鮮に見えました。


「37番目のスーパー戦隊」
「獣電戦隊キョウリュウジャー」が、
テレビ放送に先駆けて初お披露目されたのは
恒例とは言え
やはりうれしかったです。

予告編を見た時は、
「幻のレンジャーキー」が
「キョウリュウジャーのレンジャーキー」に変化し、
「キョウリュウジャー誕生の瞬間が描かれるのでは?」
と勝手に想像していましたが、
意表を突かれた印象でした。

さらに、
これまでは、
「現役の戦隊」と「直近の戦隊」の知らぬ所で、
「次回作の戦隊」が先輩戦隊をサポートしていたのに対し、
今回初めて
「次回作の戦隊」が、
「現役の戦隊」と「直近の戦隊」の前に
姿を見せました。

「仮面ライダー」では、
次回作の「ライダー」が、
現役の「ライダー」を助ける展開が
恒例になっていますが、
「スーパー戦隊」では
初めての展開なので、
こちらも新鮮でした。


今回、
「ゴーカイジャー」と揃って変身した際、
初めて「特命戦隊ゴーバスターズ!」と
「ゴーバスターズ」が名乗りを上げる場面が
圧巻でした。

テレビ本編では、
全員が名乗った直後、
「バスターズ!READY GO!」
で戦闘を始めますので、
これまた新鮮でした。


「ゴーバスターズの大いなる力」として、
「幻のレンジャーキー」が
「バディロイドキー」に変化し、
さらに、
「戦隊ロボ用の巨大なレンジャーキー」に
変化する展開が面白かったです。
(ただ、「ゴーバスターズの大いなる力」なら
「レッドバスター」「ブルーバスター」「イエローバスター」
「ビートバスター」「スタッグバスター」の「レンジャーキー」に
変化した方が良かったと思う気もするのですが…)

今回
「ゴーカイオー」
「豪獣神」
「ゴーバスターエース」
「ゴーバスターライオー」
「バスターヘラクレス」の
5体の「戦隊ロボ」が、
「ダイボウケン」
「大獣神」
「ゲキトージャ」
「ガオキング」
「マジキング」
にゴーカイチェンジしたのは
大変うれしかったです。

さらに
「ゴーバスターエース」が
「フラッシュキング」や
「龍星王」にもゴーカイチェンジしたのが
大サービスだと感じました。

特に、
映画「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊 199ヒーロー大決戦」の時は、
過去の映像を合成する形で登場した
「フラッシュキング」と「大獣神」が、
ちゃんと着ぐるみで登場し
アクションを披露する場面は
感無量でした。

個人的には、
5体全部
「バトルフィーバーロボ」
「サンバルカンロボ」等の
「昭和のスーパー戦隊ロボ」に
ゴーカイチェンジしてほしかったです。

まあ、
映画「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」で
「人造人間キカイダー」や「怪傑ズバット」達
「昭和のヒーロー」がそのまま登場した時、
子供達にさっぱり受けなかった事を考えると、
無理な話でしょうね…


「バスターヘラクレス」が
「マジキング」に変化した時、
「マサト」が
「何か落ち着くな~」
と言っている場面が、
「魔法戦隊マジレンジャー」のファンへの
サービスを感じ、
面白かったです。

「陣マサト=ビートバスター」役の
「松本寛也さん」は、
「魔法戦隊マジレンジャー」で、
「小津翼=マジイエロー」を演じていました。

いっその事、
「松本さん」の1人2役で、
「陣マサト」と
「小津翼」が出会う場面があれば
もっと面白かったかもしれません。

1人2役と言えば、
「中村悠一さん」が、
「J」と「ワレドナイヤー」を
きちんと演じ分けていたのが印象的でした。
(「ワレドナイヤー」は関西弁でしゃべっていました。)


「レッドバスター」が
「ニック(バイクモード)」で、
江戸時代の戦場に降り立つ場面がかっこ良かったです。

 今からでも良いので、
ぜひ「S.H.Figuarts EX」で
「バイクモード」に完全変形できる
「チダ・ニック」を商品化してほしいです。


エンディングの時の
「ゴーカイジャー」と「ゴーバスターズ」と
「バディロイド」達のダンスシーンが
見ていて楽しかったです。




続いて、
今回残念だった点は、
以下の通りです。


今回の敵の母艦である
「黒いゴーカイガレオン」が、
「ブラックゴーカイオー(仮称)」に変形しなかった点が
何となく拍子抜けな印象を受けました。


映画「海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船」に登場した
「にせゴーカイオー」みたいに、
クライマックスで
「ゴーカイオー」と激闘を繰り広げても
面白かったかもしれません。

あこぎな商売上手なバンダイさんなら、
限定販売品を出すため、
スポンサーの強みを利用し、
「ブラックゴーカイオー」を登場させそうな気がしましたが、
意外でした。


今回、
「エンター」の作り出した「アバター」とは言え、
「バスコ」があまりにあっけなく倒される展開が、
見ていて残念に思いました。

「ゴーカイジャー」本編では、
「マーベラス」を除く
「ゴーカイジャーの5人」が、
ゴーカイチェンジを駆使しても、
全く歯が立たなかった「バスコ」が、
今回は、
「サンバルカン」にゴーカイチェンジした
「マーベラス」達に
あっけなく負けた点が、
残念でなりませんでした。


同じく「アバター」として登場した
「エスケイプ」については、
映画での初登場の時点で、
既に本来の「エスケイプ」ではない点が
残念でした。

本作公開時には、
「エスケイプ」はテレビ本編で、
自我を失い
「エンター」の操り人形にされていました。

せっかくの映画での初登場なら、
本来の「エスケイプ」として
登場させてほしかったです。


それと、
上映時間の都合とは言え、
「ヨーコ」「J」「鎧」以外の、
渦に飲み込まれた面々がいる
時代と場所を
如何にして「ヒロム」達が
特定できたかが
描かれていなかった点も
残念でした。


そして今回
「レジェンド戦隊」として唯一
「志葉薫」が登場しましたが、
せっかくなら
「ゴーカイジャー」の面々との
再会を描いてほしかったです。

さらに言えば、
江戸時代に行って
「シンケンレッド」に変身する役割も、
「志葉薫」にやってほしかったです。

そして、
戦闘中にも関わらず、
「鎧」が
「レジェンド戦隊」の1人に出会えて
感激する場面も描いてほしかったです。

「ゴーカイオー」達が
ゴーカイチェンジした
「歴代のスーパー戦隊ロボ」の着ぐるみが、
造りが粗く見えたのも
残念でした。

「マジキング」が、
CGによる合成を除けば、
翼を畳んだ状態だったのが
もったいなかったです。


そして今回も、
「ゴーカイシルバー」が
1人仲間はずれにされていた
ような印象を受けたのが
残念でした。

公開前のインタビューで、
「伊狩鎧=ゴーカイシルバー」役の
「池田純矢さん」自身が、
「村八分にされています。」
とコメントされていたそうですが、
まさにその通りでした。

「バッカス・ギル」達を欺くための
「マーベラス」達の作戦から
1人外され、
過去の世界で
「レンジャーキー」を回収するための
使い走りをさせられていたみたいですし…

江戸時代では、
「ヨーコ」にタメ口で喋られるわ、
責められるわ、
先輩としての威厳も貫録も
ありませんでした。

その上、
江戸時代での
「バッカス・ギル」達の襲撃で、
1人だけボコボコにされてますし…


これまでの
「海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船」
「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」
「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」等の映画ではいずれも、
「ゴーカイシルバー」は
常に蚊帳の外に置かれているという印象でした。


所詮
地球人と異星人では相いれないという事でしょうか?

「ゴーカイジャーの6人のオリジナルキャスト」が揃うのは
おそらく今回が最後だと思いますので、
それなら「ゴーカイシルバー」に
最後くらい
花を持たせてほしかったです。


結局
「ゴーカイシルバーの最大の見せ場」は、
テレビ本編最終回で、
「ゴーカイレッド」と共に
「ギガントホース」に突入した所でしょうか?


「ゴーカイシルバー」は
個人的にお気に入りのキャラでしたが、
映画での不遇
が最後まで続く形となり、
残念に思いました。




残念な点はあったものの、
「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」で
一応共演したためないと思われていた
「ゴーバスターズ」と「ゴーカイジャー」の共闘が
映画で描かれた事は
素直にうれしく思います。


「37番目のスーパー戦隊」である
「獣電戦隊キョウリュウジャー」も
楽しみです。


さて本作上映終了後、
2013年公開予定の
映画「スーパーヒーロー大戦2」
の予告篇が流れました。

「ゴーバスターズ」
「キョウリュウジャー」達
「スーパー戦隊」と、
「仮面ライダーウィザード」
「仮面ライダービースト」達
「仮面ライダー」に加え、
「宇宙刑事ギャバンTypeG」の
姿が登場しました。

具体的な内容はまだ分かりませんが、
楽しみにしたいと思います。


個人的には、
「スーパー戦隊」にしろ
「仮面ライダー」にしろ、
「変身前のオリジナルキャスト」として、
誰が出演するのかが気になります。

現役のヒーロー(ヒロイン)は言わずもがな、
歴代のヒーロー(ヒロイン)として、
1人でも多くの方に、
出演してほしいと思います。


個人的には、
「スーパー戦隊」から、
「バトルフィーバーJ」の
「神誠=2代目バトルコサック」役の「伴直弥さん」、
「電子戦隊デンジマン」の
「緑川達也=デンジグリーン」役の「内田直哉さん」、
「太陽戦隊サンバルカン」の
「飛羽高之=2代目バルイーグル」役の「五代高之さん」、
「超新星フラッシュマン」の
「ダイ=グリーンフラッシュ」役の「植村喜八郎さん」、
「超獣戦隊ライブマン」の
「天宮勇介=レッドファルコン」役の「嶋大輔さん」、
「百獣戦隊ガオレンジャー」の
「牛込草太郎=ガオブラック」役の「酒井一圭さん」、
「忍風戦隊ハリケンジャー」の
「霞一甲=カブトライジャー」役の「白川裕二郎さん」
に出演して、
ぜひ変身シーンを披露してほしいです。

「五代高之さん」と
「植村喜八郎さん」は、
「ゴーカイジャー」のクライマックスで
ほとんど顔のみの出演でしたが、
今度はちゃんと全身を出して、
「バルイーグル」と
「グリーンフラッシュ」に変身してほしいです。

「植村喜八郎さん」については、
人命救助を行い、
ニュースでも報道されました。

そして、
現在「歌謡グループ」として活動する
「酒井一圭さん」「白川裕二郎さん」達も
ぜひ出演してほしいと思います。

「酒井一圭さん」は、
「ゴーカイジャー」の
「ガオレンジャー編」で、
出演が叶わず、
撮影の見学しかさせてもらえませんでした。

同じく、
「白川裕二郎さん」も、
「ゴーカイジャー」の
「ハリケンジャー編」で、
「ハリケンジャーの3人のオリジナルキャスト」が
総出演する中、
「霞一鍬=クワガライジャー」役の
「姜暢雄さん」共々
呼ばれませんでした。

同じ
「元特撮ヒーロー」を演じた俳優であっても、
第一線で成功した人は、
出演した過去を黒歴史として封印され、
かたや売れ残った人は、
「特撮ヒーローであった過去」をPRし続けて
いかざるをえないようです。

後者の人達こそ、
「過去の特撮ヒーローが揃う作品」に
出演してもらうべきだと思いますが、
制作側は考えてもみないようです。

いくら当人達が売り込んでも、
相手にされず、
ただただ出演のオファーを
待つしかないそうです。

必死に芸能界に残ろうと、
地道に活動を続けている人達に、
少しだけでも
チャンスが与えられれば
良いと思うのですが…

いずれにしろ、
今後の展開に期待したいと思います。


さてさて、
「東映ヒーローの独走状態」が
ずっと続いてきましたが、
最近になって、
新たな特撮ヒーローを開拓しようとする
動きが始まったそうです。

何でも独占状態が続くと、
質の低下を招くかもしれないので、
この動きは大いに結構だと思います。

ただそうなると、
すっかりかつての勢いを失い、
辛うじてシリーズを継続している
「ウルトラマン」のシリーズにも、
頑張ってほしいと思います。


テレビ番組
「ウルトラマン列伝」のミニコーナーとして、
新作ストーリー「ウルトラゼロファイト」が
放送されているものの、
やはり力不足な印象が否めません。

「モードチェンジ」させる等して
ずっと「ウルトラマンゼロ」で
頑張っていますが、
そろそろ
「新しいウルトラマン」を
誕生させても良いのではと思います。

そこで、
「ゼロ」を凌駕する「ウルトラマン」として、
「全てのウルトラマンに変身できるウルトラマン」
というのはどうでしょうか?

「仮面ライダーディケイド」や
「ゴーカイジャー」の真似だと言われると思いますが、
映画「スーパーヒーロー大戦」で
「ウルトラマンダイナ」の決め台詞を
「火野映司=仮面ライダーオーズ」にパクられたんですから、
お互い様ではないでしょうか?


それかいっその事、
「スーパーヒーロー大戦」に、
「ウルトラマン」も参戦させてもらった方が
手っ取り早いかもしれません。
(制作会社は異なりますが…)

ただそうなると、
「ウルトラマン」が、
完全に「仮面ライダー」や「スーパー戦隊」の
引き立て役にされそうですが…


何はともあれ、
「東映以外の特撮ヒーロー」にも
ぜひ頑張ってほしいです。




(おまけ)
※以下の写真には、
作品の設定と異なる内容の物が
含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なのでご容赦願います。

また、
題材として使用したキャラクターを馬鹿にする意図は、
一切ありませんので、
その点についてもご理解願います。



(おまけ その1)

(「レッドバスター」VS「ゴーカイレッド」)
gbgk002.jpg
gbgk001.jpg

(おまけ その2)

(「ゴーカイシルバー」の大活躍)
gbgk003.jpg
ゴーカイシルバー「ギンギンで行くぜ!」

(「エイリアン ウォーリアーA」を「ゴーカイスピア」でなぎ払う「ゴーカイシルバー」)
gbgk004.jpg

(「ゴーカイセルラー」に「シンケンゴールドのレンジャーキー」をセットした「ゴーカイシルバー」)
gbgk005.jpg
gbgk006.jpg
ゴーカイシルバー「ゴーカイチェーンジ!」
※「ゴーカイセルラー」に「シンケンゴールドのレンジャーキー」をセットしていると想像しながらご覧ください


(「シンケンゴールド」にゴーカイチェンジした「ゴーカイシルバー」)
gbgk007.jpg
ゴーカイセルラー「シーンケンジャー」

(「サカナマル」で「ウォーリアーA」を斬りつける「ゴーカイシルバー」)
gbgk008.jpg

(「百枚おろし」で「ウォーリアーA」を撃破する「ゴーカイシルバー」)
gbgk009.jpg
ゴーカイシルバー「百枚おろし!!」

(「ゴーカイスピア ガンモード」で「ウォーリアーB」に攻撃する「ゴーカイシルバー」)
gbgk010.jpg

(「ゴーカイセルラー」に「ゴセイナイトのレンジャーキー」をセットする「ゴーカイシルバー」)
gbgk005.jpg
gbgk006.jpg
ゴーカイシルバー「ゴーカイチェーーンジ!!」
※「ゴーカイセルラー」に「ゴセイナイトのレンジャーキー」をセットしていると想像しながらご覧ください

(「ゴセイナイト」にゴーカイチェンジする「ゴーカイシルバー」)
gbgk011.jpg
ゴーカイセルラー「ゴーセイジャー!」

(「レオンレイザーソード」で「ウォーリアーB」に斬りつける「ゴーカイシルバー」)
gbgk012.jpg

(「ダイナミックレオンレイザー」を構える「ゴーカイシルバー」)
gbgk013.jpg
gbgk014.jpg
ゴーカイシルバー「ナイトダイナミック!!バニッシュ!!」

(「ナイトダイナミック」で「ウォーリアーB」を撃破した「ゴーカイシルバー」)
gbgk015.jpg

(「プレデター」を「ゴーカイスピア ガンモード」で銃撃する「ゴーカイシルバー」)
gbgk016.jpg

(「ゴーカイスピア ガンモード」を構える「ゴーカイシルバー」)
gbgk017.jpg
gbgk018.jpg
ゴーカイスピア「ファーイナルウェーブ!」

(必殺「ゴーカイスーパーノヴァ」炸裂)
gbgk019.jpg
ゴーカイシルバー「ゴーーカイ!スーパーノヴァ!」

(「ゴーカイスーパーノヴァ」で「プレデター」を撃破する「ゴーカイシルバー」)
gbgk020.jpg

(「エイリアン・クイーン」の上に乗り、「ゴーカイスピア」で攻撃する「ゴーカイシルバー」)
gbgk021.jpg

(「クイーン」の尻尾攻撃を避ける「ゴーカイシルバー」)
gbgk022.jpg

(「クイーン」を突き上げる「ゴーカイシルバー」)
gbgk023.jpg

(倒れた「クイーン」に飛びかかる「ゴーカイシルバー」)
gbgk024.jpg

(「ゴーカイスピア」を逆手に持つ「ゴーカイシルバー」)
gbgk025.jpg
gbgk026.jpg
ゴーカイスピア「ファーイナルウェーブ」

(必殺技「ゴーカイシューティングスター」炸裂)
gbgk027.jpg
ゴーカイシルバー「ゴーーカイ!シューティングスターー!!」

(「ゴーカイシルバー」の大勝利)
gbgk028.jpg
※以上、「ゴーカイシルバー」の名誉回復のための
ミニミニレビュ―でした。




大変長くなりましたが、
今回はこれまで!


プレミアムバンダイ限定 レンジャーキーセット ムービーエディション
gVSGeRKS_DM_page2_72px.png

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
Genre:映画|Thread:映画レビューコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます