「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーナイトサバイブ」代行レビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーナイトサバイブ」代行レビュ―

mrks043.jpg
今回は、
「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーナイトサバイブ」の代行レビュ―です。

「仮面ライダー龍騎」に登場する
「秋山蓮」が変身する
「仮面ライダーナイト」が、
「サバイブのカード」で変身した強化フォーム
「仮面ライダーナイトサバイブ」の「S.H.フィギュアーツ」です。


テレビ本編では、
主人公「龍騎」より先に、
「ナイト」が「サバイブ」に
パワーアップしました。

まあ、
元々「ナイト」の方が、
「龍騎」よりも先に
「仮面ライダー」として戦っていたので、
順番としては妥当かもしれませんね。


それではレビューです。


※本レビューには、
作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なので、
ご容赦願います。



「Alive A life」松本梨香

「Lonely Soldier」 秋山蓮(松田悟志)

※動画投稿者の皆様へ、ありがたく使わせて頂きます。



(全体図)
mrks001.jpg
mrks002.jpg
mrks003.jpg
mrks004.jpg

(「頭部」アップ)
mrks005.jpg
mrks006.jpg
mrks007.jpg
「ノーマルのナイト」同様、
西洋甲冑を彷彿とさせる
「マスク」がしっかりと再現されています。

よーく見ると、
バイザーの奥に
鋭い目が造型されているような…


(付属品)
mrks008.jpg
交換用手首(右各6種・左各3種)
ダークシールド
ダークブレード(長・短)
アドベントカード(7枚)
魂STAGE(スタンドベース・クリップ・クリップ基部・ジョイント付き支柱)


(魂STAGE)
mrks009

(スタンドベース)
mrks010.jpg
「スタンドベース」の表面には、
「ナイトサバイブのマーク」がプリントされています。


(「ナイトサバイブ」を「魂STAGE」にディスプレイ)
mrks011


(アドベントカード)

(裏)
mrks012

(表)
mrks013.jpg


(「Vバックル」アップ)
mrks014
mrks015
変身ベルト「Vバックル」から
「カードデッキ」を取り外しできます。


(ダークバイザーツバイ)
mrks016
mrks017
「サバイブ」の変身アイテム
「ダークバイザーツバイ」の
「上部の装填口」の蓋が取り外しできます。

「ダークバイザーツバイ」は、
「ダークシールド」に
「ダークブレード(短)」を挿入する事で完成します。


(「サバイブカード」を装填)
mrks018.jpg
「ダークシールド上部の装填口」に、
「サバイブカード」を装填できます。

(ダークアロー)
mrks019.jpg
mrks020.jpg
「ダークシールド可動パーツ」を広げる事で、
「ダークシールド」を
「ダークアロー」の状態にする事ができます。

(「ダークブレード(短)」を装備)
mrks021.jpg
mrks022.jpg
「ダークシールド」に挿入できる
「ダークブレード(短)」を、
「ナイトサバイブ」に装備できます。

(「アドベントカード」を装填)
mrks023.jpg
mrks024.jpg
「ダークブレード(短)」には、
「アドベントカード」を装填できます。

(「ダークブレード(長)」を装備)
mrks025.jpg
mrks026.jpg
mrks027.jpg
mrks028.jpg
「ダークシールド」に挿入できませんが、
「ダークブレード(長)」が付属します。

(「ダークブレード(長)」に「アドベントカード」を装填)
mrks029.jpg
mrks030.jpg
mrks031.jpg
「ダークブレード(長)」にも、
「アドベントカード」を装填できます。

(「マント」アップ)
mrks032.jpg
mrks033.jpg
mrks034.jpg
「背中」に取り付ける「マント」は、
写真の様に、
可動、展開させる事ができます。



(以下適当に何枚か)


(「ダークバイザー」を構える「仮面ライダーナイト」)
mrks035.jpg

(「ダークバイザーツバイ」に変化する「ダークバイザー」)
mrks036.jpg
mrks037.jpg

(「サバイブカード」を取り出す「ナイト」)
mrks038.jpg

(「ダークバイザーツバイ」に「サバイブカード」を装填する「ナイト」)
mrks039.jpg
ダークバイザーツバイ「サバイブ!」
mrks040.jpg
mrks041.jpg

(「ナイトサバイブ」にフォームチェンジ)
mrks042.jpg

mrks043.jpg
mrks044.jpg
mrks045.jpg
mrks046.jpg
mrks047.jpg
mrks048.jpg
mrks049.jpg
mrks050.jpg
mrks051.jpg


(総評)


(長所)

「S.H.フィギュアーツ」の
「仮面ライダーシリーズ」の中では、
「龍騎関連のライダー」は、
しっかりと造り込まれている印象ですが、
今回も同じでした。

足首がダイキャスト仕様で、
自立させ、
しっかりとポーズをつけられる点が
うれしい限りでした。

青いカラーリングが
大変かっこよかったです。

「背中のマント」も、
可動・展開して、
「ナイトサバイブのかっこよさ」が
よく再現されていたと思いました。

「ダークバイザーツバイ」を、
「左腕の穴」に差し込み、
固定する事ができて、
ポーズをつける際、
ポロポロ外れてストレスになる事がなくて
よかったです。

「ダークブレード」の
「長」「短」共に、
「アドベントカード」を装填できる点が
うれしかったです。

シンプルながら
「ダークバイザーツバイ」が、
「ダークアロー」の状態にでき、
かっこよくポーズを決められる点も
良かったです。


(短所)

「通常のナイト」には「ダークウイング」とセットだったのに対し、
今回は
「ダークレイダー」が付属しなかった点が
やはり残念でした。


デザインの都合上仕方ありませんが、
「両肩のパーツ」により、
肩の可動範囲が狭められている点が
残念でした。

「ダークシールド可動パーツ」が、
非常に薄く、
展開すると破損しそうで、
危なっかしい印象でした。

「ダークシールド上部の装填口」に、
「アドベントカード」を装填した上で、
蓋をしても、
「カード」が隙間から抜け落ちてしまう点が残念でした。



残念な点はありましたが、
「S.H.フィギュアーツの仮面ライダー龍騎関連のキャラ」は、
安定して完成度が高い商品が続いていますので、
ぜひ最後までこの調子で頑張ってほしいです。


そして、
「ナイトサバイブ」に合わせ、
契約モンスター「ダークウイング」が進化した
「ダークレイダー」も、
「バイクモード」に変形できる商品として、
ぜひ「S.H.FiguartsEX」で
商品化してほしいです。


簡素な内容になりましたが、
今回はこれまで!



関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます