プレミアムバンダイ限定「S.H.フィギュアーツ マグナギガ」代行レビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

プレミアムバンダイ限定「S.H.フィギュアーツ マグナギガ」代行レビュ―

mgnga019.jpg
今回は、
プレミアムバンダイ限定
「S.H.フィギュアーツ マグナギガ」の代行レビュ―です。

「仮面ライダー龍騎」に登場する
「北岡 秀一」が変身する「仮面ライダーゾルダ」の
契約モンスター「マグナギガ」の
「S.H.フィギュアーツ」です。


「マグナギガ」は
「バッファロー型のモンスター」で、
全身武器のモンスターです。


「マグナギガ」の各部を模した武器を
「ゾルダ」は装備して戦います。


それではレビューです。

※本レビューには、作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なのでご容赦願います。





(全体図)
mgnga001.jpg
mgnga002.jpg
mgnga003.jpg
mgnga004.jpg


(「頭部」アップ)
mgnga005.jpg
mgnga006.jpg
mgnga007.jpg
「ヘルメット(?)」に隠れて
ほとんど出ていない顔の部分も、
しっかり塗装されて、
「マグナギガの顔」が
しっかり再現されていると思いました。


(付属品)
mgnga008.jpg
ギガホーン用ジョイントパーツ
パイルバンカー用ジョイントパーツ
ギガランチャー交換用取っ手
アドベントカード(2枚)

(アドベントカード)

(表)
mgnga009.jpg

(裏)
mgnga010.jpg


(「仮面ライダーゾルダ」に「アドベントカード」を装備)
mgnga011.jpg
mgnga012.jpg
mgnga013.jpg
mgnga014.jpg

(専用魂STAGE)
mgnga015.jpg

(スタンドベース)
mgnga016.jpg
「スタンドベースの表面」には、
「仮面ライダーゾルダのマーク」がプリントされています。

(「専用魂STAGE」に「ゾルダ」をディスプレイ)
mgnga017.jpg


(マグナギガ本体)
mgnga018.jpg
mgnga019.jpg
mgnga020.jpg

(マグナギガの右腕)
mgnga021.jpg
mgnga022.jpg
「大砲風のマグナギガの右腕」が、
しっかりと再現されています。

(マグナギガの左腕)
mgnga023.jpg
mgnga024.jpg
mgnga025.jpg
mgnga026.jpg
mgnga027.jpg
「マグナギガの左腕のクロー」は
展開します。


(片膝立ちする「マグナギガ」)
mgnga028.jpg

(「胸部」アップ)
mgnga029.jpg
mgnga030.jpg
mgnga031.jpg
「胸部の蓋」は、展開します。

(「脚部」アップ)
mgnga032.jpg
mgnga033.jpg
「脚部のパーツ」を開いた上で、
「キャノンパーツ」を動かす事ができます。

(適当に1枚)
mgnga034.jpg
mgnga035.jpg

(全武装展開状態)
mgnga036.jpg

(「腰後部」アップ)
mgnga037.jpg
mgnga038.jpg
「腰後部」には、
別売りの「仮面ライダーゾルダ」に付属する
「マグナバイザー」を取り付けるための
穴が開いています。

(ファイナルベント「エンドオブワールド」発動状態)
mgnga039.jpg
mgnga040.jpg
「ゾルダ」と組み合わせて、
ファイナルベント「エンドオブワールド」の発動状態を
再現できます。

(「仮面ライダーゾルダ」&「マグナギガ」2ショット)
mgnga041.jpg
mgnga042.jpg

(「マグナギガ」に隠れて発砲する「ゾルダ」)
mgnga043.jpg
mgnga044.jpg

(「マグナギガ」を分解)
mgnga045.jpg
mgnga046.jpg
「マグナギガ」は、
「ゾルダ」に装備できる
「ギガホーン」「ギガランチャー」「ギガアーマー」「ギガキャノン」の
4つの武器に分解できます。


(「ギガホーン」装備状態「ゾルダ」)
mgnga047.jpg
mgnga048.jpg
mgnga049.jpg
mgnga050.jpg
mgnga051.jpg
mgnga052.jpg
mgnga053.jpg
mgnga054.jpg
「マグナギガの頭部」に
「ギガホーン用ジョイントパーツ」を取り付けて、
「マグナギガの顔」「マグナギガの角」の向きを変える事で、
「ギガホーン」が完成します。

「ジペット・スレッド」を外した
「ゾルダの腕」に
「ギガホーン」を取り付けて完成です。

(「ギガランチャー」装備状態「ゾルダ」)
mgnga055.jpg
mgnga056.jpg
mgnga057.jpg
mgnga058.jpg
「マグナギガの胸部と両腕」の、
「両肩の装飾」を
「ギガランチャー交換用取っ手」に交換します。

さらに、
「両腕」と「胸部」の向きを変え、
「スコープ」と「クロー」を展開する事で、
「ギガランチャー」が完成します。

(「ギガランチャー」の比較)
mgnga059.jpg
mgnga060.jpg
mgnga061.jpg
mgnga062.jpg
mgnga063.jpg
mgnga064.jpg
mgnga065.jpg
本商品の「ギガランチャー」と、
「ゾルダ」に付属する「ギガランチャー」の比較です。

「ゾルダ」に付属する物よりも、
「マグナギガ」の変形した物の方が、
はるかにボリュームがあります。

塗装等は、
弱冠「マグナギガ版」の方が
細かいかもしれません。

(「ギガアーマー」装備状態「ゾルダ」)
mgnga066.jpg
mgnga067.jpg
「マグナギガの胸部」が変形した
「ギガアーマー」を
「ゾルダ」に装備できます。

(「ギガアーマー」で防御する「ゾルダ」)
mgnga068.jpg
「ギガアーマー」の下部から展開した
「パイルバンカー」を、
「パイルバンカー用ジョイントパーツ」に差し込む事で、
しっかりと
地面に「ギガアーマー」を直立させる事ができます。
(※「ゾルダ」にしっかりと「ギガアーマー裏の取っ手」を握らせて
ディスプレイするのが前提です。)


(「ギガアーマー」展開)
mgnga069.jpg
mgnga070.jpg

(「ギガランチャー」+「ギガアーマー」装備状態「ゾルダ」)
mgnga071.jpg
mgnga072.jpg
mgnga073.jpg
mgnga074.jpg
mgnga075.jpg
mgnga076.jpg
mgnga077.jpg
「ギガアーマー」の上に乗せた状態で、
「ギガランチャー」を「ゾルダ」に持たせる事ができます。

「ギガランチャーの砲身の突起」を、
「ギガアーマーの溝」にはめ込みますが、
溝が浅いので、
深くはめ込む事はできません。

(「ギガキャノン」装備状態「ゾルダ」)
mgnga078.jpg
「マグナギガの腰部と両足」が変形した
「ギガキャノン」を「ゾルダの背中」に
装備できます。

「ゾルダの背中のジペッド・スレッド」を
取り外した上で、
「ギガキャノン」を取り付けます。

(「ギガキャノン底部」アップ)
mgnga079.jpg
mgnga080.jpg
mgnga081.jpg
「ギガキャノン底部の穴」に
「魂STAGEの支柱」を差し込む事ができます。

「ギガキャノン」が重いので、
「魂STAGE」と組み合わせないと、
「ゾルダ」を自立させるのは難しいです。

(「ギガキャノン」の比較)
mgnga082.jpg
mgnga083.jpg
mgnga084.jpg
mgnga085.jpg
mgnga086.jpg
mgnga087.jpg
本商品に付属する「ギガキャノン」と
「ゾルダ」に付属する「ギガキャノン」の比較です。

「ゾルダ」に付属する「ギガキャノン」には
「脚部パーツの空洞」がありません。

「ゾルダ」に付属する物より、
「マグナギガ」に付属する物の方が、
はるかにボリュームがあります。

(フル装備状態「ゾルダ」)
mgnga088.jpg
mgnga089.jpg
mgnga090.jpg



(総評)


(長所)

購入前は心配だった、
部品のポロリがなく、
本当に良かったです。


分解して完成する
各武器を、
「ゾルダ」にしっかりと装備できて
かっこよくポーズを決められて
本当に楽しかったです。

造型はもちろん、
塗装もしっかりされて、
「マグナギガ」の雰囲気が
十分再現されていると思いました。

「ギガキャノン」が、
「仮面ライダーゾルダ」に付属する物と違い、
直接「魂STAGE」をジョイントできて
スムーズにディスプレイできました。


「マグナギガ」単体でも
「可動フィギュア」として十分に遊べる完成度ですが、
「ゾルダ」と組み合わせる事で、
さらにプレイバリューが広がる点が
感無量でした。


(短所)

他の
「仮面ライダー龍騎関連のS.H.フィギュアーツ」にも言える事ですが、
通常販売でも確実に売れる商品を、
限定販売に回す
メーカー側の意図が納得できませんでした。

そして、
これまでの
「装着変身EX」等では再現されていた
「ゾルダの肩」に装備する
「ギガテクター」が
本商品では再現できない点が
残念でした。

あと、
「各武器の攻撃を再現させるためのエフェクトパーツ」があれば、
よりかっこよく
ディスプレイできたと思います。



残念な点はあったものの、
安定した完成度の
「仮面ライダー龍騎関連のS.H.フィギュアーツ」に
十分釣り合う出来の「マグナギガ」だと思いました。

「ゾルダ」に「マグナギガの武器」が付属した時は、
「どうせマグナギガで、もっとハイディテールな物が付属するんだろうな…」
と冷めた目で見ていたものの、
「ゾルダ本体」とのバランスを考えると、
結果としてこれで良かったと思います。


 個人的に、
「サイボーグ009」の「004」のような
「全身が武器のキャラクター」は大好きなので、
「マグナギガ」のギミックも魅力的でした。


「魂NATION2012」で参考展示された
「仮面ライダー龍騎」に登場する
他の「ミラーモンスター」も
全て商品化してほしいです。

ただ、
「サイコローダー」だけは、
「バイクに変形できる商品」に
手直しして出してほしいと思います。


簡素な内容になりましたが、
今回はこれまで!



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます