「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーライア」代行ミニミニレビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーライア」代行ミニミニレビュ―

mrla025.jpg
今回は、
「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーライア」の代行ミニミニレビュ―です。

「仮面ライダー龍騎」に登場する
「手塚 海之」が
ミラーモンスター「エビルダイバー」と契約して変身した
「仮面ライダーライア」の「S.H.フィギュアーツ」です。


放送当時、
番組を断片的にしか視聴していなかったため、
「ライア」については、
「オーディン」が使った
「タイムベント」による回想場面で、
「龍騎」を庇って
「王蛇」に殺された事を初めて知りました。


「手塚 海之」役を演じた
「高野 八誠さん」は、
映画「仮面ライダー THE FIRST」で
「一文字隼人=仮面ライダー2号」を、
「ウルトラマンガイア」で
「藤宮博也=ウルトラマンアグル」を
演じていました。


それではレビューです。

※本レビューには、作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なので、
ご容赦願います。




(全体図)
mrla001.jpg
mrla002.jpg
mrla003.jpg
mrla004.jpg

(付属品)
mrla005.jpg
交換用手首(左右各5種)
エビルバイザー
エビルウィップ
アドベントカード(4枚)

(アドベントカード)

(表)
mrla006.jpg

(裏)
mrla007.jpg


(「後頭部」アップ)
mrla008.jpg
「ライアの後頭部」に
「ライアエンド」を取り付けます。

mrla009.jpg
「ライアエンド」は可動します。

(Vバックル)
mrla010.jpg
mrla011.jpg
変身ベルト「Vバックル」から
「カードデッキ」を取り外す事ができます。


(「エビルバイザー」装備)
mrla012.jpg
召喚機「エビルバイザー」を
持たせる事ができます。

(「アドベントカード」挿入)
mrla013.jpg
mrla014.jpg
mrla015.jpg
mrla016.jpg
mrla017.jpg
mrla018.jpg
「エビルバイザー」の上部をスライドさせ、
「アドベントカード」を挿入します。

(「エビルウィップ」装備)
mrla019.jpg
mrla020.jpg
mrla021.jpg
mrla022.jpg
「エビルダイバーの尻尾」を模した
ムチ状の武器「エビルウィップ」を
持たせる事ができます。

(「エビルウィップ」の可動)
mrla023.jpg
mrla024.jpg
「エビルウィップ」は
可動します。

(以下適当に何枚か)
mrla025.jpg
mrla026.jpg
mrla027.jpg
mrla028.jpg
mrla029.jpg
mrla030.jpg
mrla031.jpg
mrla032.jpg


(総評)

(長所)

発売前は、
「龍騎」や「ナイト」に比べ
知名度や人気が低いため、
「手を抜かれるのでは?」
と心配でした。

しかし実際の商品は、
これまで通り
安定した完成度でした。

足首がダイキャスト仕様で、
しっかりとポーズをつけられる点が
良かったです。

塗装もきれいで、
「ライア」の雰囲気が
しっかりと再現されていると思いました。

「ライアエンド」も可動して、
躍動感が出るのもうれしかったです。

「エビルウィップ」も可動して、
攻撃シーンの雰囲気が出せるのも
良かったです。



(短所)

「アドベントカード」を
しっかりと「専用手首」に
挟めない点が残念でした。

「ライアエンド」が、
弱冠細い感じがして、
破損しそうで
慎重に取り扱わないと
いけない点も
残念でした。



残念な点がありましたが、
「ライア」単体の可動フィギュアとしては、
及第点の完成度だと思いました。

ただやはり、
個人的に「ライア」は
契約モンスター「エビルダイバー」あればこそだと思いますので、
別売りの「S.H.フィギュアーツ ジェノサイダー」に付属する
「エビルダイバー」は必需品だと思いました。


「ジェノサイダー」も購入しましたので、
いずれレビュ―したいと思います。


簡素な内容になりましたが
今回はこれまで!



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます