ホットトイズ アベンジャーズ ブラックウィドー レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ アベンジャーズ ブラックウィドー レビュー

bw055.jpg
今回は、ホットトイズ アベンジャーズ ブラックウィドーのレビューです。

※20130609 発光グローブ&ヘッドに追記 



 

 

今回は、ホットトイズ アベンジャーズ ブラックウィドーのレビューです。 ブラックウィドーこと ナターシャ・ロマノフは、元ソ連の女スパイで現在はシールド所属。戦闘力ではアイアンマン、ソー、ハルクなどには劣りますが、高い運動能力を生かした戦術が得意です。ブラックウィドーを演じるのは、スカーレット・ヨハンソンさんです。アイアンマン2でもフィギュアが発売されていますが、今回はアベンジャーズ版ということで期待がかかります。


(全体像)
bw004.jpg bw005.jpg bw007.jpg bw008.jpg
体型はアベンジャーズ版ではなく、アイアンマン2出演時の体型に似ていますね。とはいえ、スレンダーな体型を良く再現しています。

(ヘッド)
bww004.jpg bw102.jpg bw014.jpg
ヘッドは問題なく劇中のブラックウィドーに似ていると思います。髪の毛の色も見事に再現し、整髪料を用いると別の髪型にすることもできるようです。 ※顔の右頬に薄っすらホクロが再現されています。メレ様ご指摘ありがとうございました!

bw015.jpg bw017.jpg コスチュームは体型にぴったりとフィットしており、伸縮性が高いので可動性を妨げません。 bw026.jpg
肩にはシールドのマークが
bw021.jpg bw030.jpg
ホルスターには銃をセットすることができます。左はバンドが二重、右はバンドが一重と違いも良く再現されています。 bw022.jpg bw023.jpg bw031.jpg
ブーツも良く再現されていますが、足首の可動性が低いのが残念です。 bw015.jpg bw025.jpg
胸のジッパーは下まで下ろすことができます。下ろすとエロくなるのでこれくらいでやめときます・・・。
後ろ
bw027.jpg bw028.jpg bw029.jpg
(オプション)
bw032.jpg
ハンドパーツは6種類付属します。

bw040.jpg
銃は二丁付属します。小さいので分解のギミックがないと思いきや bw105.jpg bw106.jpg
上部はスライドし、ちゃんと分解できるのがすごいです。これには驚きました。 bw037.jpg
発光グローブと銃弾ブレスレッド。ディスクは2つ付属します。塗装も詳細まで塗り分けられています。しかし、これってどこで使ったか忘れました。 ※発光ブローブはラストバトルで出動の身仕度をするシーンで確認されました。メレ様ご指摘ありがとうございました! bw043.jpg
交換することで戦闘ポーズを取らせることができます。しかし劇中でこのようなシーンがあったかは不明です。
スタンド
bw033.jpg bw034.jpg
チタウリから奪い取った武器も付属します。各部に汚し塗装がされており、質感がアップしています。
(可動性)
bw045.jpg bw046.jpg bw047.jpg
頭の可動性はそこそこですが、首が前後左右に可動するので可動域は広いです。ただ、ヘッドが外れやすいので注意が必要です。 bw044.jpg bw048.jpg
肘は90度以上、肩は真上にまで上がります。 bw049.jpg bw050.jpg bw051.jpg
腰は左右に若干回転し、前後にはある程度曲がります。 bw053.jpg
膝も90度以上、股関節も90度は曲がりますが、踝は可動性がないため座らせにくいです。 bw052.jpg
伸縮性の高いスーツのおかげで、高い可動性があります。蹴りポーズも可能です。 ただ、あまり伸ばしたままにしておくと、スーツが伸びてしまうかもしれないので注意が必要です。


(そのほか)
bw001.jpg bw055.jpg bw057.jpg bw063.jpg bw080.jpg bw083.jpg
ブタペストを思い出すというシーン
bw066.jpg bw085.jpg
アベンジャーズ残るは一人
(正確にはマーク7も)
te096.jpg
とうとうアベンジャーズも残り一人になりました。ハルクが来れば一応全員集結で、マーク7が揃うと完全に集結ですね。

以上、ホットトイズ アベンジャーズ ブラック・ウィドウ レビューでした。


(総評)
良かったところ
ヘッドの造形、スーツの再現度が高い伸縮性の高いスーツのおかげで、かなりの可動性がある

気になったところ
体型は・・・・劇中よりちょっと細め

前作のフィギュアは持っていないのですが、ヘッド、衣装など文句のない高い完成度でした。伸縮性の高いスーツのおかげで、アベンジャーズのフィギュアの中でも最も多様なポーズにも対応できると思います。オプションは少ないですがその分値段も安いので、全体的にプレイバリューの高いフィギュアだと思いました。ただ、劇中よりも体型がスリムなので、その点は違和感があるかもしれません。 今後はハルクとアイアンマンマーク7でようやくアベンジャーズは全員集結します。ブラックウィドーはキャプテンアメリカの次回作にも出てくるようなので、キャラの活躍にも期待したいところです。 それでは今回はこれにて。



(関連レビュー)
ホットトイズ アイアンマンマーク7
ホットトイズ アベンジャーズ キャプテンアメリカ
ホットトイズ アベンジャーズ ブラックウィドー
ホットトイズ アベンジャーズ ソー
ホットトイズ アベンジャーズ ホークアイ
ホットトイズ アベンジャーズ コールソン捜査官
ブルース・バナー
ホットトイズ アベンジャーズ ロキ
ホットトイズ チタウリセット

関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます