ホットトイズ アベンジャーズ ハルク レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ アベンジャーズ ハルク レビュー

ha003.jpg
今回は、ホットトイズ アベンジャーズ ハルクのレビューです。



 

ホットトイズから映画アベンジャーズよりハルクが発売されました。ハルクはアベンジャーズ以前も単独の映画が二作作られていますが、今回はマーク・ラファロ 氏が演じてアベンジャーズに出演しました。アベンジャーズでの活躍が好評のため、現在は再々度映画化が企画されているとのことです。 ハルクは、アベンジャーズの中でも最大級のパワーを誇り、味方としては非常に頼もしいヒーローです。しかし、バナーはハルクになると自身ではコントロールできないことがあるため、暴走すると他のヒーローでも抑えるのが難しい面があります。劇中では、ロキの挑発によって一度暴走するもソーによって抑えられ、チタウリ来襲の際にはバナー自らの意思で変身して、多数のエイリアン軍相手に大活躍しました。 ホットトイズのアベンジャーズフィギュアとしては最後になるハルクですが、最後ということで、その完成度の高さに期待が高まります。

それではレビューを始めます。



(全体像)
ha095.jpg ha089.jpg
全長は約45センチあり、昨年出たアイアンモンガーとほぼ同じ大きさです。劇中の巨大な体躯が再現されています。全身には血管や毛、爪などが造形と塗装で再現されており、それ以外の皮膚部分にも塗装がなされています。

(ヘッド)
ha076.jpg ha077.jpg ha078.jpg ha091.jpg
ヘッドは歯を食いしばった表情になっています。歯や歯茎、唇などもひとつずつ詳細に塗装及び造形されて再現されています。また、顔の表面には汗のような水滴様の塗装がなされており、戦闘の際の汗をかいた状況のように見えます。

(眼球可動システム)
ha110.jpg
頭のパーツを外すと、左右の目の位置を移動させることができる眼球可動システムが搭載されています。 ha111.jpg ha112.jpg ha113.jpg ha114.jpg
DXバットマンやジョーカーのように両目が連動して動きませんが、上下左右に自由に目線を変えることができます。 ha115.jpg ha116.jpg
利用価値は低いですが、白目にしたり、上下互い違いにしたりもできます。ただ、目が奥にあることや顔の表情もあり、目の位置が少し離れると見えづらいというのがちょっと残念です。 ha117.jpg ha118.jpg
髪の部分のヘッドパーツとの接合部も目立たないように作られていますね。

( 各部)

(胸)
ha081.jpg
胸には胸毛が造型と塗装で再現されています。

右肩
ha084.jpg ha085.jpg
腕には、筋肉や血管も再現されています。

左肩
ha123.jpg
肩には血管と陰影を造形と塗装で再現しています。 ha102.jpg ha104.jpg ha082.jpg
筋肉隆々の腕の再現性は見事ですね。
ハンド
ha122.jpg
ハンドパーツは、標準で握り手が付属します。 ha143.jpg ha144.jpg ha145.jpg
オプションで、開き手が付属します。 ha146.jpg
手の爪や爪周り、関節部のしわなど、詳細に塗り分けてます。 ha147.jpg ha148.jpg ha149.jpg
手の指は親指以外は前後に可動します。内側には写真くらい、外側にも少し曲がります。左右にも少しですが広がります。
背筋
ha086.jpg ha088.jpg
背中の筋肉隆々の肩や中央部の皺にあわせた塗装がなされています。

ズボン
ha100.jpg ha092.jpg hs099.jpg
ズボンは、劇中通り無理に変身しても破れなかったもののパチパチになっている状態を再現しています。膝上の部分は破れており、破れ部分のスレやちぎれも違和感なく処理されています。


ha120.jpg ha121.jpg
足はこちらも微妙な皮膚の色を塗装再現しており、爪の周りや爪まで塗装されて仕上げられています。
(可動性)

ha037.jpg ha038.jpg ha039.jpg ha040.jpg ha036.jpg ha041.jpg
ヘッドと首の接続部はさほど可動性はありませんが、首は前後左右にポーズにあわせてかなり大きく動かすことができます。


ha125.jpg
肩は前後には360度回ります。
ha130.jpg
脇は約70度開くことができますが、開いたまま肩を動かすと周辺のすれの原因になるので注意が必要です。 ha126.jpg ha127.jpg ha128.jpg ha129.jpg
肩部分は前後左右に少しですが移動させることができます。より腕の可動性が向上しています。


ha131.jpg ha132.jpg
肘は約70度曲げることができます。

腹胸
ha133.jpg
腹と胸の分割部で、左右に360度回すことができます。 ha134.jpg
腹部は左右に少し曲げられます。 ha137.jpg ha135.jpg ha136.jpg
前後にも曲げることができます。ただ、胸を反らせた場合には、ズボンのあいだから内部が見えてしまうことがあります。
股関節
ha139.jpg ha140.jpg ha141.jpg
足は前後左右に70度動かせます。若干余裕がありげですが、無理にこれ以上開くと故障の原因になりそうです。

ha150.jpg
膝の可動性はここも約70度くらいだと思われます。 ha151.jpg ha152.jpg ha153.jpg ha154.jpg
踝の可動性は、写真のとおりさほど高くはありませんが、前後左右に少し動くのである程度の接地性があります。

(そのほか)
ha162.jpg ha169.jpg ha171.jpg ha176.jpg ha177.jpg ha193.jpg ha196.jpg ha200.jpg ha003.jpg ha011.jpg ha009.jpg ha008.jpg ha209.jpg ha210.jpg ha281.jpg ha296_20130714021635.jpg hs187.jpg ha026.jpg
(アベンジャーズ)
ha214.jpg
シールド空中要塞暴走したハルクとブラックウィドーのような写真

VSロキ
ha031.jpg ha218.jpg ha017.jpg ha016.jpg ha239.jpg
ハルク「それでも神か」のような写真
それにしても、劇中でハルクにたたきのめされても死なない神の耐久力の高さには驚きです。
キャップと
ha266.jpg
アベンジャーズ アッセンブル
ha260.jpg ha279.jpg
ようやくアベンジャーズがホットトイズで集結しました。どれも完成度が高く納得のフィギュアでした。 以上、ホットトイズ アベンジャーズ ハルク レビューでした。


(総評)

よかったところ
全体のハルクの身体の質感を再現
予約時には公表されていなかった眼球可動システムを搭載
手指が可動

気になったところ
表情違いのヘッドがあればより良かった

他のヒーローとは違う、衣服をまとわない裸の体の質感を、塗装と造形を駆使して再現しています。肌の色、各部の毛、血管、筋肉の造形などよくできていると思います。ズボンも劇中のような敗れた状態を再現されており、首、腕、脚などの可動性も見た目よりも高く、多くのポーズに対応できます。 そして予定では書かれていなかった眼球可動システムが搭載され、アベンジャーズフィギュアでは唯一目の位置を自由に変えることができます。手の指も親指以外は可動できるので、ものを掴むなどといった動作も再現できます。 もともと武装や武器もないハルクなので付属品が少ないのは仕方ないですが、できれば叫んでいる別ヘッドなどがあればよりポーズの幅が多くなると思いました。

値段が高いのと場所をとるのがネックですがフィギュアとしての完成度は高いので、アベンジャーズを集結させるのならば購入してもいいと思います。

それでは今回はこれにて。



(関連レビュー)
ホットトイズ アイアンマンマーク7
ホットトイズ アベンジャーズ キャプテンアメリカ
ホットトイズ アベンジャーズ ブラックウィドー
ホットトイズ アベンジャーズ ソー
ホットトイズ アベンジャーズ ホークアイ
ホットトイズ アベンジャーズ コールソン捜査官
ブルース・バナー
ホットトイズ アベンジャーズ ロキ
ホットトイズ チタウリセット

関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます