「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」感想 - ヒーローフィギュアをレビュー!

「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」感想

ウルトラ伝説表紙1
(注意)
ネタバレ満載なので、これから見に行かれる方はご注意ください。


ウルトラ伝説表紙2

(あらすじ)

 その昔「光の国」の太陽というべき「プラズマスパーク」の力を
手に入れようとして追放された一人のウルトラマンがいた。

 彼は悪のレイオニクス「レイブラッド星人」と一体化し、
悪のウルトラ戦士「ウルトラマンベリアル」となり、復讐のため光の国を襲撃する。

 しかし、圧倒的な「ウルトラマンキング」の力の前に敗北し、「宇宙牢獄」に封印された。

人類が宇宙に進出した未来に、封印が解かれウルトラマンベリアルは復活を果たす。

 ベリアルは100体の怪獣を操れる「ギガバトルナイザー」を武器に、
「光の国」を襲撃し、「プラズマスパーク」の「コア」を奪い去り「怪獣墓場」へと向かう。

たちまち光の国とそこに暮らすウルトラ戦士達は次々に凍り付いてしまう。

 最後に残されたプラズマスパークの光を自らの体に取り込み、
「ウルトラマンタロウ」もウルトラの父・母も凍り付いてしまう。

「初代ウルトラマン」と「セブン」の命を受け、「ウルトラマンメビウス=ヒビノ・ミライ」は、
レイオニクス「レイ」に協力を求めるため飛び立つ。

その頃「レイ」は「ZAP SPACY」の仲間達と共に調査のため「惑星デント」にいた。

 メビウスはレイを連れ出し、光の国の歴史を教えた上で、
ベリアルの襲撃で壊滅の危機に瀕している事を伝える。

ベリアルとの戦いを決意したレイはメビウスと共に光の国へ降り立つが、
そこへベリアルの手先である「シャプレー星人」率いる
「ドラゴ」・「ベムスター」・「サラマンドラ」の3体怪獣が現れる。

 ミライは「メビウスブレス」を破壊され、レイは「ネオバトルナイザー」を
落とし一気に追い詰められてしまう。

 しかし、そこにウルトラマンへの変身能力をなくした
「ハヤタ」・「モロボシ=ダン」が現れる。

 ダンのカプセル怪獣「アギラ」・「ミクラス」・「ウインダム」の活躍で
ドラゴ達は倒され、続いて現れた「ブラックキング」をレイが「ゴモラ」を使い倒す。

 シャプレー星人も倒したハヤタ・ダン・ミライの3人は、
タロウが守り通した最後の光の力で再びウルトラマンに変身する。

 マン・セブン・メビウス・レイ達はベリアルを倒し
プラズマスパークを取り戻すため怪獣墓場へ向かう。

 その頃レイを探していたZAP SPACYの母艦「スペースペンドラゴン」は
突如「ナース」の襲撃に遭い、船内に「ゼットン星人」の浸入を許してしまう。

絶体絶命のその時、閃光と共に「ウルトラマンダイナ=アスカ・シン」

が現れ、星人と怪獣を倒し、ZAP SPACYの面々を怪獣墓場まで案内する事となった。

 一方怪獣墓場では、マン・セブン・メビウス・レイの操るゴモラ達と、
ベリアル率いる100体の怪獣軍団の戦いが始まっていた。

 その最中レイは暴走状態の「レイモン(バーストモード)」になり、
ウルトラマン達に攻撃を始めてしまう。

そこへ降り立ったZAP SPACYの「ヒュウガ船長」の鉄拳でレイは正気に戻る。

しかし激しさを増すベリアルの攻撃を受け、ついにセブンが倒れてしまう。

満身創痍のセブンは「アイスラッガー」を宇宙へ放つ。

 そのアイスラッガーは、かつてプラズマスパークに近づいた罪で光の国を追放され、
今は「ウルトラマンレオ」の元で修行中のセブンの息子「ウルトラマンゼロ」のいるK76星に届く。

「優しさ」に目覚め、レオとキングに一人前と認められたゼロは父親を救うため怪獣墓場へと飛び立つ。

しかしゼロの腕の中でセブンはついに力尽きてしまう。

 怒りに燃えるゼロは、怪獣軍団を次々に蹴散らし、ついにベリアルに
必殺技「ゼロツインシュート」を放ちこれを倒す。

 だが、ベリアルと100体の合体した巨大怪獣「ベリュドラ」が出現し、ゼロ達は危機に陥る。

 そこへ駆けつけたレオ・アストラの兄弟と共に、再び立ち上がった
マン・メビウス・ゴモラ・ダイナ・ゼロ・ZAP SPACYは一致団結しこれに立ち向かう。

 そしてゼロの必殺武器「ゼロツインソード」が怪獣の頭部にいるベリアルを切り裂きついに戦いは終わる。

ゼロの手でプラズマスパークは戻され、光の国は元の平和を取り戻す。

ゼロは復活したセブンと親子として再会を果たす。

光の国へ招待されていたZAP SPACYの面々は、旅を続けるダイナと共に任務に戻り、
ウルトラの戦士達は気持ちを新たに宇宙の平和を守り続ける事を誓う。

しかしその頃宇宙のどこかでベリアルに復活の兆しが…


(感想)
前作「大決戦!超ウルトラ8兄弟」までの作品とガラリと雰囲気が変わったなという印象です。

 特に、前作が人間ドラマの部分が長すぎて、アクションシーンが殆どなかったという感じだったのが、
今回は出だしから、等身大も含めてひたすらアクションシーンの連続だった気がします。

 ただ、その分今度はドラマ性が抑えられてしまった感じがして、
セブンとゼロの親子のドラマもどこか物足りなかった印象が否めません。

 「レイ」達「ZAP SPACY」が主役の「ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル」や、
今回の映画の前哨戦である「ウルトラマンメビウス外伝 ゴーストリバース」を見ていないので、
キャラの設定等が分からず戸惑うところもありましたが、まあそれ程気にせず楽しむ事ができました。

(ザラブ星人が、どうやって封印されていた「ギガバトルナイザー」を手に入れ、
「ベリアル」のいる「宇宙牢獄」に現れる事になったのかと言う経緯については、
「ゴーストリバース」で描かれているそうです。)

 そして今回何よりも不満だったのは
「小泉純一郎元総理」が声をあてた「ウルトラマンキング」です。

台詞は完全な棒読みで、気持ちが入っているとは到底思えませんでした。

おまけに最後はもっともらしく演説のシーンが…

 せっかく盛り上がる場面なのに、間の抜けた声が入って全てブチ壊しになっていました。

 なぜ、「ウルトラマンレオ」や「ウルトラマンメビウス外伝 ヒカリサーガ」の時の
オリジナル声優さんではいけなかったのでしょうか?

 こういうワイドショーで取り上げられる事を狙っただけの客寄せパンダの配役は
本当にやめてほしいと強く感じました。

 但し「ウルトラマンベリアル」役の「宮迫博之さん」と、「レイブラッド星人」役の「蝶野正洋さん」
はよく雰囲気を出せていたと思いました。
(「ウルトラの母」役の「長谷川理恵さん」の演技は微妙でした…)

 今回初登場の「ウルトラマンゼロ」は、今まで見た中で一番口調の荒いウルトラマンでした。

 一応師匠である「レオ」に対し、「グタグタぬかしてんじゃねえ!」みたいな台詞を吐くし、
本当に荒っぽいキャラでした。

 今回出演されたキャストの面々については、「光の国」が舞台と言う事もあり、
顔を出して演技をされる俳優さんが少なく、前作までの「ウルトラマン繋がり」の
キャスティングに慣れていたせいか少し拍子抜けしました。

 ウルトラマンの変身前として
「黒部進さん」・「森次晃嗣さん」・「つるの剛士さん」・「五十嵐隼士さん」が登場しました。

(「ウルトラマンコスモス」の「杉浦太陽さん」は今回同名の別人としてほんの少し出ただけで
変身しませんでした。)

 今回「帰ってきたウルトラマン」の「団時朗さん」、「ウルトラマンA」の「高峰圭二さん」、
「ウルトラマンレオ」の「真夏竜さん」は声のみの出演でした。

 個人的には、真夏さんの「おおとりゲン」としての映画出演が叶わず残念に思いました。

 テレビ版「ウルトラマンメビウス」で真夏さんがレオとして登場した回を
非常に気に入っていますので、ぜひ映画で変身シーンが見たかったです。

 今回見ていて思った事は、「メビウス=ヒビノ・ミライ」役の五十嵐さんが、
映画やドラマで経験を積んだおかげか、以前に比べかなり貫禄が付いていました。

 ミライの姿の時着ていた服が、「ウルトラマンタロウ」の中で、
他のウルトラマンの人間体が着ていた服でとても似合っていました。

 「MISIAさん」の歌うエンディング曲については、決して悪い曲とは思いませんが、
前作、前々作のエンディングがとても元気のでる曲調だったので、今回聞いてて何となく寂しい感じがしました。



(総評)
良くも悪くも「ウルトラマン」という作品が新たな局面を迎えたという感じがしました。

ただ、個人的には、「ウルトラマン」の作品で代々引き継がれてきた、
「戦い」以外の場面にメッセージを込めた物語をこれからも描き続けていって欲しいです。

「まぼろしの雪山」、「狙われた街」、「ノンマルトの海」、「怪獣使いと少年」、
「明日のエースは君だ」、「遥かなる友人」、「エースの願い」等、
シリアスで救いがなく後味の悪い話もありますが、視聴者に訴えかける物語をこれからも作り続けて欲しいです。

 まあ、今回の映画はその点、完全なエンターテインメントとしては楽しめると思いますので、
ひたすらウルトラマンと怪獣達の戦いを見たい人にはお勧めできると思います。

それでは今日はこれにて。

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』関連商品(プレミアムバンダイ)
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント

<FC2 BLOG の HTTPS 対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます