光学迷彩という言葉をこの映画で知りました。ホットトイズ 初代プレデター - ヒーローフィギュアをレビュー!

光学迷彩という言葉をこの映画で知りました。ホットトイズ 初代プレデター

今回は未だ来ないアイアンマンマーク3はおいといて
商品リンクですが新しいフィギュアを紹介します。

かつて某開運!何でも鑑定団で販促用の等身大の人形を
出展した社長に、
「こりゃーもう、この世のものとは思えない、バケモンですわ」
と言わしめた初代プレデターがホットトイズから登場します。



プレデターは、よくテレビでも映画が放映されるので
ご存知だと思いますが、いまのカルフォルニア知事である
シュワルツネッガー扮するコマンド部隊の少佐と
ジャングルで死闘を繰り広げる宇宙人です。

特徴としては、人間を狩の標的にしているらしく、
残虐で乱暴な性格だが人類を超える
オーバーテクノロジーの装備を持つため、
人間にとって非常に恐ろしい敵として描かれています。


特殊装備は、自分の姿を消すことができる
「光学迷彩」や肩のレーザーサイト付きの
ビーム兵器など人間の科学を超える装備を身につけています。

また、治療器具も携帯しており、
少々の怪我ならその場で治療してしまいます。
また、左腕の電光表示板みたいなものは自爆装置で、
映画一作目はシュワちゃんに追い詰められて、この装置を起動し
自爆しました。威力は小型核爆弾に匹敵するそうです。


それにしてもこのプレデター、デザインは
1985年に日本で放送された特撮番組「電撃戦隊チェンジマン」
の敵役である副官ブーバを元にしてデザインされたそうです。

その当時は、すべてのブームはアメリカが先行していると
考えていたんですが、このようにアメリカ側がパクることも
あったんですね。

一応このブログはヒーローフィギュアをレビューするブログ
(なかなかこのごろはレビューがかけていませんが)
なので、このようなバケモンは趣旨とは違うのですが、
実際、現在のところヒーローフィギュアの
写真を撮るのに相手役がいないので、
こんなのもあればいいなーと思いました。

ただ、あいかわらず金欠の状態なので、
1万八千円近いものをホイホイ買うわけにも・・・・。







関連記事
スポンサーサイト





このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント

<FC2 BLOG の HTTPS 対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます