メディコムトイ RAH ウルトラの父 レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

メディコムトイ RAH ウルトラの父 レビュー

ultraf1.jpg
今回は、当ブログでは初のウルトラマン系フィギュアのレビューとなる
「RAH ウルトラの父 レビュー」です。



ウルトラの父とは
ウルトラの父は、ウルトラ兄弟のふるさとであるM78星雲のウルトラの星の宇宙警備隊の
大隊長であり、光の国の最高司令官でもある。名実ともにウルトラマンの中でも
キングを除けば最強のウルトラマンのはずなのだが、初登場から不遇な扱いでした。

初登場はウルトラマンA第27話において、ヒッポリト星人にブロンズ像とされた
ウルトラ5兄弟を救うために、ウルトラの星から地球にはじめて飛来しました。
しかし、片道でエネルギーを激しく消費しており、ウルトラマンAを復活させて
倒れてしまう。
その後も、サンタクロースの格好やら、80の時に空に幻影が浮かんだりと登場する機会は
あったのだが、実際にはA初登場時に倒れた際に命を失っており、ウルトラマンメビウスで
登場するまでは、魂のみが活動して肉体は復活できないままであったというはなしです。

なんだか最強のはずなのにここまで復活に時間がかかるのはどうなのかとも思いますが、
頭の角やえらく分厚い胸板が、他のウルトラマンと違った存在感を持っています。
今日は以前に出たこのフィギュアをレビューしたいと思います。

(全体像)
ultraf3.jpg
ultraf4.jpg
ultraf5.jpg
ultraf8.jpg 
全体の造形はさすがに良くできていると思います。特に他のウルトラ戦士にはない
えらく分厚い胸板も忠実に再現されています。ただ、欲を言うならば、劇中では
目とカラータイマーは点灯するのだから、こういうフィギュアも点灯機能を付けて
ほしいですね。


オプションパーツ
191.jpg
手パーツ三種類(半開き手、光線用(?)開き手、握り手)、ウルトラアレイ

頭部アップ
ultra14.jpg
ultra15.jpg
ultra16.jpg
ul13.jpg 
頭部はよく劇中の雰囲気を再現していると思います。
特に日本の大きな角とあごの両端についている
ヒゲ(ギザギザのやつ)もよく作られています。
その他アップ
ultara11.jpg
ultra12.jpg 
腰のベルトも正面の造形はよくできています。
後ろはスーツとマジックテープで貼り付けるように
なっています。


ultra10.jpg
ultra9.jpg 
ウルトラの父の肩の模様は、右と左で違います。これは初期不良ではなく
実際に当時のウルトラの父のスーツからこうなっていたそうです。


ウルトラアレイ

ultraf1.jpg
ultraf2.jpg 
ウルトラの父の武器であるウルトラアレイです。
手と一体化したパーツになっています。

いろいろポーズ
ultra17.jpg
ultra18.jpg
ultra19.jpg
ultra20.jpg 
全身のスーツがかなりきついため、膝を付いたポーズや腕をかなり曲げた状態を
保持するのが難しかったです。

空を飛ぶウルトラの父
ultraf21.jpg
ultraf22.jpg
ultraf23.jpg
ultraf25dash.jpg
ultra26kkk.jpg
 
ウルトラマンといえば、飛行ポーズは外せないので一応撮ってみました。
しかし、首まわりのスーツが張るので首を劇中のように真上に向けたまま
保持できないのが残念でした。

なんだか、このままでは何か足りないと思ったので、
こんなものを付けてみました。

自作マント装着
ultraf26.jpg
ultraf27.jpg
ultraf28.jpg
ultraf29.jpg  
ウルトラの父のマントは、結構シリーズや映画によっていろいろデザインが違うのですが、
それらを参考に布を縫い合わせて簡易マントですが作ってみました。
まあ、マントをつけていたほうが、父としての威厳が少しは出ているように見えますね。
ちなみに劇中のマントに似せようとはしましたが、時間も洋裁の技術もないのでこれが限界でした。
今後、メビウス、ゼロなどの新人ウルトラマンとこのウルトラの父やウルトラ6兄弟を並べるときには
マントがあったほうが臨場感があっていいかもしれませんね。でもいちいち作るのはめんどうなので
今後は商品に付けて欲しいですね。
(総評)

良い点
全体的な造形とカラーリングは劇中のものをよく再現している。
劇中の異常に分厚い胸板が良く再現されている。

悪い点
全身のスーツがきつくてポーズを自由にとらせづらい。
今後はマント付けて欲しい(ウルトラ兄弟も)

造形は全体的には問題はないと思います。特にお父さんらしく胸を張るポーズは
やたらに似合っていると思います。しかし、可動性のなさ、首が上に少ししか
動かない点などはマイナス点です。ウルトラシリーズのRAHを購入したのはこれが初めてですが、
個体差かも知れませんが、このフィギュアについてはライダー以上に可動性が制限されているため、
いろいろなポーズをよりとらせづらいですね。 今後出るメビウスやゼロなどのprojectBM
フィギュアでは改善されていることを期待します。
ただ、劇中では大したアクションはしたことがないので、
素で立たせても大して違和感がなく、十分に劇中の風格が感じられます。


それにしても、このごろ玩具系レビューサイトの閉鎖が相次いでいます。
まあサイトやブログ運営が仕事や生活を圧迫してはいけないので
そのために止めるのは仕方ないと思います。しかし私もこのブログでは、
こんなマント作ったり、RAHで戦闘シーン再現したりしたいと当初は思って
いました。しかし、実際は撮るのに時間がかかるのと、仕事があるゆえの
体力等の制限があるので思ったとおりのレビューや更新ができないままでいます。
現時のところ自分の身のふりも難しいところで、私も代行者様もどこまで
レビューが続けられるかどうか今のところはわからないですね。
まあ、なんとかレビューできる空きがあればできる限りしていきますんで
またよろしくです。

それではまた。







関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント

<FC2 BLOG の HTTPS 対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
非公開コメント

さすが一人でエンペラー星人と闘った往々しい姿ですね!

2010-06-28 17:00 from メレ

そうですね!他のウルトラ戦士と比較して非常に発達した胸板があることで
より強そうに見えますね。ただ、設定ではレビューにも書いたように地球一戦目で
敗退・・・。本当にエンペラー星人を一人で戦ったのだろうか?

2010-06-29 00:25 from herofigure

トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます