ホットトイズ ムービーマスターピース DX ダークナイト バットマン レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ ムービーマスターピース DX ダークナイト バットマン レビュー

bat2.jpg
今回は、発売日に購入したのですがレビューしそびれていたホットトイズ ムービーマスターピース DX ダークナイト バットマンのレビューです。

※拍手コメント ベジータ様 マントの付け方についてアドバイスいただきありがとうございました!







(全体像)
bat3.jpg
bat5.jpg
bat4.jpg
スーツの各部分ともに細部までよく作りこまれており、質感は非常に高いです。

※写真ではしていませんが、マントは布ごと本体にセットする必要があります。べジータさん コメントありがとうございました。

(頭部アップ)
bat6.jpg
bat7.jpg
bat8.jpg
bat9.jpg
バットマンのヘッドは、顔全体は見えないものの、クリスチャンベールの演じたバットマンを良く再現していると思います。

眼球可動システム
bat19.jpg
bat18.jpg
bat17.jpg
頭部には眼球可動システムが搭載されており、目玉を上下左右に動かすことができます。ただ、白眼の部分が若干プラスチックぽいので、その辺が残念です。

口の換装
bat22.jpg
bat21.jpg
bat20.jpg
口のパーツを3タイプに交換できます。普通、ぐっと結んだもの、微笑のパーツがあります。私としてはぐっと結んだ顔が緊迫感があって好きですね。

(ナイトビジョン)
bat43.jpg
bat44.jpg
劇中で使用したナイトビジョンも再現されています。ただ、この当時のホットトイズのライトアップ機能は結構暗めでしたので、写真よりは実際はかなり暗く見えると思います。

(武装)

グラップネル・ガン
bat39.jpg
bat40.jpg
bat41.jpg
batmans.jpg
通常の銃であるグラップネル・ガンは取り付けパーツによって腰と背中にセットできます。


粘着性ボムガン
bat38.jpg
bat37.jpg
bat32.jpg
bat34.jpg
劇中で使用されたボムガンは、劇中の通りに変形、組み立てが可能です。これはホットトイズのフィギュアのオプションとしても、もっとも完成度の高いアイテムだと思います。

バットラング
batmano.jpg
バットラングは2個付属し、専用の持ち手に持たせることができます。
(小型爆弾は一部破損していたため未掲載です)

背中
batmanh.jpg
マントやバックパックを装着してない状態はこのようになっています。

ベルト
bat11.jpg
ベルトは二種類あり、こちらはボムガンの磁石が装着していないシンプルなほうのベルトです。

bat10.jpg
出荷された時期によっては、腹部から油が染み出すものがあったそうで、このフィギュアも例にもれず油が染み出しています。ここはメーカーに注意してほしかったです。

あと、ライトアップ機能のついた台座もありますが、ほぼジョーカーのものと仕様は同じため、ここでは省略します。


香港強襲タイプ

bat30a.jpg
bat31a.jpg
劇中で、香港に潜入した際のバットマンの装備です。大きな違いは背中のバックパックと、背中に磁石で分離したボムガンをつけられるベルトを装備します。このベルトにはグラップネルガンを腰背面にセットすることもできます。


(そのほか)
bat2.jpg
bat16.jpg
bat15.jpg
bat14.jpg
腕の武器は金属でできており、質感も十分なのですが、手にあたると結構いたいです。劇中のように発射及び取りはずしはできません。


bat12.jpg
足首の可動性は良いため、足の接地はかなり良いです。しかしゴムスーツの抵抗により、足を前方に上げた状態などに保持しておくことができず、自由にはポーズをとらせることはできません。私のものは股間のゴムに亀裂がはじめからあったので、足に関してはあまり無理にポーズは取らせないほうがいいみたいです。

bat36.jpg
bat35.jpg

batmana.jpg
batmanb.jpg
batmand.jpg
batmane.jpg
batmanf.jpg
batmang.jpg
batmani.jpg
batmanj.jpg
batmank.jpg
batmanl.jpg
batmanm.jpg
batmann.jpg
batmanp.jpg
batmanq.jpg
batmanr.jpg
batmant.jpg
batmanu.jpg
映画ではハービー殺しの罪をかぶり、ゴッサムから姿を消したバットマン・・・。彼は次の映画でこの絶望的な状況をどのように克服して復活するのか早く見たいですね。

(総評)

良かったところ
スーツの質感及び形状は良く作りこまれている。
武装の充実及びボムガン合体・分離のギミックの再現はすばらしい。
香港潜入及び通常形態を再現できるのは良い

悪かったところ
首以外の可動性は制限されている
腹部から油が出るのはどうにかしてほしい。

武器等の付属品、スーツの造形などさすがはDXというだけあって
豪華なセットになっています。しかも腕も足も軟質素材のスーツを
ゴム製で再現しており、スーツの質感は非常に高いと思いました。
またオプションの作りこみも高く、特にボムガンの合体変形を再現したギミックは
発売から時間が経った今見ても素晴らしいと思いました。

ただ、肩パーツや腹部の装甲、そしてゴムスーツの抵抗などがあって、
可動性についてはかなり厳しいです。さらに、腹部から油が染み出すような
状態は残念でした。
ダークナイトのバットマンフィギュアとしては現時点では決定版で、
可動性以外は素晴らしく、ジョーカー(DX版)のできに勝るとも劣らない
フィギュアです。

ただ、今後限定のビギンズ版バットマン(ウェインヘッド有り)が国内でも発売されるよう
なので、現時点ではDXは手に入りにくいみたいなので、
今からならばそちらを買ったほうがいいかもしれません。
私は限定版のウェインヘッドをこちらのDXにセットできるならばつけてみたいですね。

バットマンは最終作「ダークナイト ライジング」2012年夏に公開予定になっていますので、
その際にはまた新たなバットマンフィギュアがホットトイズから出てくる
可能性は大いに有ると思います。さらに、2012年3月にはティム・バートン版
バットマンとジョーカーも発売予定なので今後もバットマン関連のフィギュア
情報は目が離せませんね。

それでは今回はこれにて。




(関連レビュー)
ホットトイズ DX ダークナイト ジョーカー レビュー
ホットトイズ マスターピースDX ダークナイト ジョーカー 市警儀仗隊 レビュー



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます