ホットトイズ 「アイアンマン」 アイアンマンマーク3 バトルダメージバージョン レビュー 前編 - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ 「アイアンマン」 アイアンマンマーク3 バトルダメージバージョン レビュー 前編

ironmanBD表紙
今回は、アイアンマン2が公開を控えるなか、ホットトイズから
ムービーマスターピース アイアンマン マーク3 バトルダメージバージョンの
レビューです。

※2010/04/11 21:00 エアブレーキ写真、説明追加

今回はホットトイズ アイアンマンマーク3 バトルダメージ版のレビューになります。
以前発売されたノーマルバージョンは人気が出て数回再販されたそうですが 未だネット及び店頭でも品薄が続いていました。 このバトルダメージ版では、前回再現できなかった劇中のアイアンマンのギミックの 再現しているとのことがノーマルバージョンとの大きな違いです。 前作と比較してどこまで作りこまれているかが期待されます。

それではレビューを始めます。

(全体像)
ironmanBDfront.jpg ironmanBDrear1.jpg ironmanBDbrear1.jpg ironmanBDBrear2.jpg
全体的には全身にスリ傷のペイントが施されています。 フィギュア自体の直立させた際の安定性は ノーマルバージョンよりも安定しています。 ノーマルバージョンと比較して全体の塗装がメタリック仕様になっており、美しく仕上がっています。


ノーマルヘルメット
ironmanBDgunD.jpg ironmanBDgunE.jpg ironmanBDgunF.jpg
今回のノーマルヘッドは前回とほとんど作りは同じです。 このヘッドは首パーツの照明装置による目の発光が可能です。 しかし、胸や手のライトに比べて目のライトアップはかなり暗く ノーマルバージョンのほうが発光は良かったです。

バトルダメージヘルメット
ironmanBDDmask1.jpg ironmanBDmask2.jpg ironmanBDmask3.jpg
今回はバトルダメージ版のヘッドが付属します。 こちらは塗装でのダメージ処理が施されています。 そういえば劇中では、戦闘機とのドックファイトの前にすでにヘッドパーツにはこのような傷が付いていました。

トニー・スタークフェイス
ironmanBDtonnt2.jpg ironmanBDtonny1.jpg ironmanBDtonny3.jpg
バトルダメージ版のマスクはマグネットで着脱可能になっており 中にはトニー社長のフェイスが再現されています。 顔はノーマルとは違っているように見えます。
ironmanBDtonny4.jpg
顔には戦闘での傷が再現されています。ちなみにアイアンマンの下あごの 部分は少し上下に可動します。

首可動性
ironmanBDneck1.jpg ironmanBDneck2.jpg
今回はノーマルとは違って首とヘッドが別々のパーツになっているので 可動性は向上しています。ただ、首が上を向けないので 飛行ポーズを再現できないのが残念です。

胸部アーマー
ironmanBDnormal.jpg ironmanBDdamege1.jpg ironmanBDreactor1.jpg
今回のバトルダメージバージョンでは、通常(少しダメージ処理あり)と ダメージバージョンが付属しています。どちらも着脱は簡単に行えます。 ダメージバージョンでは左半分には薄くですが全体的にスリキズの処理が されています。内部メカにはダメージ処理はされていません。


各部ギミック
肩部多連装式銃
ironmanBDgunA.jpg ironmanBDgunG.jpg ironmanBDgunB.jpg ironamanBDgunC.jpg
今回のバトルダメージ版で新しく追加されたギミックの一つが この肩部多連装式銃です。劇中ではマーク3初戦闘で、人質をとったテロリストに 対して使ったシーンが印象的でしたがノーマルバージョンでは 付属していませんでした。

収納方法
ironmanBDgunH.jpg
この銃は本体を縦にして前部のアーマーを前にスライドさせた後 下へ押し込んで収納します。 ironmanBDgunI.jpg
銃を装備するときは、アーマーを前部に引くと 銃が飛び出してくるの銃身をスライドさせてセットします。 簡単に収納と取出しが行えるのでこのギミックはよくできていると 思います。

右腕ギミック
右前腕部シールド展開
ironmanBDlefthand1.jpg ironmanBDlefthand2.jpg
このフィギュアの広告でもよく取り上げられていた右腕の展開ギミックです。 劇中ではアイアンモンガーに追い詰められたアイアンマンが このシールドを展開させて攻撃を防いだシーンが印象的でした。 展開した内部メカの造形もノーマルバージョンよりも細かく作られています。
展開のやり方
ironmanBD_right1.jpg
まず、ミサイルパックを立ち上げておきます。 ironmanBDright2.jpg
次にハンドパーツを回転させて右側アーマーを開きます。 ironmanBDright3.jpg
ハンドパーツを元の位置に戻して左アーマーを横に引き出して完了です。

ミサイル発射態勢
ironmanBDrighthands.jpg
ミサイルパックだけを立ち上げると、ノーマル版とおなじミサイルが セットできます。ノーマルでは折りたたんだミサイル部分がえらく硬かったのですが これも改善されています。


左腕ミサイル発射装置
ironmanBDleftmissle.jpg ironmanBDmissle.jpg
左手のミサイルは右手と違って新造形であり、こちらのほうがリアルに作られています。 こちらはミサイルが折りたたまれておらず、そのまま引き出すことができます。

両足エアブレーキギミック
ironmanBDleg1.jpg
ノーマル版と比較して、ギミック自体がかなり異なります。 ironmanBDadd5.jpg
バトルダメージでは上のフラップは同じですが、 下は横に開くのではなくそれ自体が上に上がります。 また中央が開くようになっています。
ironmanBDleg3.jpg ironmanBDleg4.jpg
ノーマルと比較して上のフラップの動作は同じですが、 下の部分は上に開く上に内側部分が開くことができます。

腰ギミック(フレア・ランチャー)
ironmanBD_frea1.jpg
劇中で、F15(?)戦闘機のミサイルを防御するために使用したのと、 アイアンモンガーにつかまれた際に脱出のために使用した場面があります。 実際のフレアは、赤外線誘導ミサイルの命中を回避するために 航空機から空中へ放出する欺瞞装置の一種だそうです。

動かし方
腰にあるフレアランチャーを反時計回りに回します。
ironmanBD_frea2.jpg
するとランチャーが持ち上がるのと同時に、ランチャー周りの突起も立ち上がります。 両腰のフレアランチャー共にこのギミックが再現されており、 突起の出し入れも再現しているところは目立ちませんがすごいと思いました。

背面ギミック
(エアーフラップ)
airfrap1.jpg
ノーマルにもこのギミックは付いていましたが今回は6枚のエアーフラップが すべて可動し、一部は金属で作られていました。 airfrap2.jpg airfrap3.jpg airfrap4.jpg airfrap5.jpg airfrap6.jpg
本当は全身に金属を使って欲しいところなんですが、 それだと値段がいまの2倍以上になりそうなのでこれは仕方ないですね。

※追加
2018年現在では全身金属製ではないもののダイキャストを使用したアイアンマンが発売されています。このときの予想通り、値段は二倍以上です。

その他ギミック
ironmanBDpose13.jpg
あとは手と胸、目のライトアップ機能があります。 ノーマルとの違いは胸のリアクターと目の照明装置が 分離されていることです。ただ、目のライトアップが 弱いのが残念です。

その他ポーズ等
ironmanBDpose2.jpg ironmanBDpose4.jpg ironmanBDpose5.jpg ironmanBDpose6.jpg ironmanBD1.jpg
それでは今回はここまでになります。
後編に続きます。

それでは一旦はこれにて。


※つづきはこちら↓
ホットトイズ アイアンマン バトルダメージバージョン レビュー後編


関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

<FC2 BLOG の HTTPS 対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます