特撮リボルテック SERIES No.002 大魔神 代行レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

特撮リボルテック SERIES No.002 大魔神 代行レビュー

大魔神剣3
本日は、リボルティック 大魔神のレビューです。

(特撮リボルテック 大魔神 レビュー)

「ゴジラ」、「ガメラ」に並ぶ日本の怪獣(?)映画の人気キャラが
リボルテックになって登場です。
以前「探偵ナイトスクープ」で
「『大魔神』のスーツアクターに会いたい」という依頼がありました。
実は「大魔神」の着ぐるみに入っていたのは、当時野球選手をされていた方でした。
 素顔は愛嬌たっぷりの方でしたが、番組内で「大魔神」の仮面を被った途端、
そこから覗いた眼はまさに「大魔神」でした。
「大魔神」と言えば、近年ではプロ野球で、ゴジラ(=松井秀喜)と共に、
佐々木主浩元投手の愛称として知られていました。

「大魔神」は、映画が3本製作された後、新作映画の企画が噂されては
立ち消えという流れを繰り返していました。
しかし今年、特撮テレビ番組「大魔神カノン」として復活を果たしました。
設定をオリジナル版から大きく変更したそうですが、なかなか面白そうな内容です。
長くなりましたがレビューを始めます。


大魔神1
(「イカが入ってないー!!」)

昔見たカップ焼きそばのテレビCMをイメージして撮りました。
もう一つは「天才バカボン」の「目玉のおまわりさん」のバージョンでした。
歌手の森高千里さんとお酒のCMで踊っていた事もありました。

(全体図)
大魔神前面
大魔神側面A
大魔神側面B
大魔神後面


(付属品)
大魔神オプション
ネームプレート、剣、鞘、収納状態の剣、杭、手首(開き両手、握り両手、武器用右手)、
悪代官付き左手首、交換用フェイス


(上半身アップ)
くいあり大魔神
くいなし大魔神
額の杭は抜き差し可能です。
かなり奥までささります。

(抜刀シーン)
大魔神剣1
大魔神剣2
大魔神剣3
剣を鞘に納める事ができない点が残念な気がしますが、
その分剣のディテールはよくできていると思いました。
ちなみに「大魔神」が腰の剣を抜いたのは、映画第3作のみです。


(大魔神通常状態)
封印状態大魔神1
大魔神封印状態4
大魔神封印状態3
普段の「大魔神」は埴輪の顔をした状態で神として祀られています。
しかし、この顔を見るとどうしてもNHKで放送されていた
「おーい はに丸」を思い出します。


(変身シーン)
おきまり1
お決まり2
おきまり3
おきまり4
おきまり5
埴輪から魔神へと変身するおなじみのシーンです。
漫画やバラエティー番組で、よくネタとして使われます。

(「大魔神」怒る!)
大魔神覚醒

(悪代官を掴む「大魔神」)
代官1
悪代官「えーい、放せ!」

(タワーに向かう「大魔神」)
代官2
(悪代官をタワーに押し付ける「大魔神」)
代官3

(額の杭を抜く「大魔神」)
代官4
代官5

(正義の鉄槌)
代官6
代官7
代官8
代官9
※18歳未満は見ちゃダメよ!(現在テレビではこのシーンは放送禁止)
悪代官「ぎゃあー!!」

(「大魔神」対「ゴセイグレート」)
大魔神VSゴセイグレート2
設定では「大魔神」はこんなに巨大ではありませんので悪しからず


(総評)
顔はもちろん、鎧のデザインや色づかいも劇中のイメージを
よく再現されていて作りが細かいです。
腰の鎧は柔軟な素材を使用してポージングに
干渉しないよう配慮されているものの、
あまり下半身は動かせない点は残念でした。
あと、杭を抜き差し可能の頭部しか付属しないため、
杭を抜くとポッカリ額に穴のあいたままの状態になってしまいます。
穴のない頭部も付属していたらなお良かったです。
惜しい所はありますが、今回写真を撮影してみて、
イメージしていた場面をかなり忠実に再現する事ができたので
その点は大満足の出来でした。

今後も「特撮リボルテック」では「バラゴン」、「ガメラ」、「ギャオス」等の
怪獣ものが発売予定ですので、そちらの出来も期待したいと思います。

では今回はこれにて。



(あみあみ)
特撮リボルテック No.001 エイリアン[海洋堂]《発売済・在庫品》

特撮リボルテック No.002 大魔神[海洋堂]《発売済・在庫品》







関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント

<FC2 BLOG の HTTPS 対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます