ミニプラ ゴセイジャーロボシリーズ 「天装合体ゴセイグレート」代行レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ミニプラ ゴセイジャーロボシリーズ 「天装合体ゴセイグレート」代行レビュー

GGtop.jpg
今回は、ミニプラ ゴセイジャーロボシリーズ 「天装合体ゴセイグレート」代行レビューです。
※5/3ゴセイタイガー画像追加

(ミニプラ ゴセイジャーロボシリーズ 「天装合体ゴセイグレート」レビュー)


※よろしければレビューといっしょにどうぞ
『天装戦隊ゴセイジャー』NoB

『ガッチャ☆ゴセイジャー』高橋秀幸


「DXトイ」を購入しなくなって以来、久々の「戦隊ロボ」となる
(ミニプラ ゴセイジャーロボシリーズ 「天装合体ゴセイグレート」)
のレビューになります。

(ゴセイマシン)

(ゴセイドラゴン)
GG1.jpg
GG2.jpg
GG3.jpg
GG4.jpg



(ゴセイフェニックス)
GG5.jpg
GG6.jpg
GG7.jpg
GG8.jpg



(ゴセイシャーク)
GG9.jpg
GG10.jpg
GG11.jpg
GG12.jpg



(ゴセイスネーク)
GG13.jpg
GG14.jpg
GG15.jpg
GG16.jpg
GG17.jpg
GG18.jpg
GG19.jpg
足の部分を一部引き延ばし蛇行状態にできます。


(ゴセイタイガー)
GG103.jpg
GG102.jpg
GG101.jpg
GG100.jpg

(ゴセイヘッダー)

全て口が開閉可能です。
ドラゴンヘッダーのみ角が前後に可動します。

(ドラゴンヘッダー)
GG20.jpgGG21.jpg
GG22.jpgGG23.jpg
GG25.jpgGG26.jpg

(フェニックスヘッダー)
GG27.jpgGG28.jpgGG29.jpgGG30.jpgGG32.jpgGG31.jpg

(シャークヘッダー)
GG33.jpgGG34.jpgGG35.jpgGG36.jpgGG37.jpgGG38.jpg

(スネークヘッダー)
GG39.jpgGG40.jpgGG41.jpgGG42.jpgGG43.jpgGG44.jpg

(タイガーヘッダー)
GG45.jpgGG46.jpgGG47.jpgGG48.jpgGG49.jpgGG51.jpg



(コンバイン・ゴセイグレート)
GG73.jpg
GG72.jpg
GG71.jpg

GG69.jpg
GG68.jpg
GG67.jpg
GG66.jpg
GG65.jpg
GG64.jpg
GG63.jpg
GG62.jpg
GG61.jpg
GG60.jpg
GG59.jpg
GG58.jpg
GG57.jpg
GG56.jpg
GG55.jpg
GG52.jpg
GG54.jpg
GG53.jpg



(ゴセイグレート)
(全体図)
GG84.jpg
GG85.jpg

(ドラゴンソード)
GG74.jpg
GG75.jpg

「ゴセイドラゴン」の首と尻尾を接続して完成する
必殺剣「ドラゴンソード」は背中に装着できます

GG76.jpg
GG77.jpg
足はDX版と違いかなりの可動性があります。

(以下適当にポーズ等)
GG82.jpg
GGtop.jpg

(ヘッダーパンチ)
GG78.jpg
GG79.jpg

(ヘッダーキック)
GG80.jpg
GG81.jpg

(グレートストライク)
GG86.jpg
GG83.jpg
ゴセイジャー「我々護星天使が、悪しき魂に天罰を下す!」

(ヘッダー遊び)
GG87.jpg
GG88.jpg
ヘッダーの接続部は、ゴセイグレート頭部裏・ウイング上4つ・
胸部・両肩・両手首・両膝・両爪先の計14か所あります。
今後この接続部がどう生かされるのか楽しみです。

(総評)

既に多くの方々が紹介されている商品ですが、
「所詮はお菓子のオマケだから、安かろう悪かろう」
と思っていましたが、実際買って組み立ててみると考えを改めさせられました。

(長所)
重量感はないものの、DXトイと違いかなり自由なポージングができます。
特に肘の関節が曲がり、脛のパーツが分割して、
ヘッダーの角度を調節してきちんと接地できる点が良かったです。
ゴセイグレートの首の角度も微妙に調整できて、
見上げたり、顎を引いた状態にできて雰囲気が出ます。
この値段でこの完成度は、とてもお得な買い物をしたと思いました。

(短所)
本体が単色のパーツのためカラーリングのほとんどがシールで再現されています。
そのシールをしっかり貼っておかないと端から剥がれてしまうので注意が必要です。

(最後に)

追加装備である
「シーイックブラザー」・「ランディックブラザー」・「スカイックブラザー」、
「データスハイパー」の「ミニプラ」の発売が待ち遠しいです。
(願わくば、レッドの機転で一回のみ登場した
「エキゾチックブラザー」も商品化されれば言う事なしなのですが…)
以降も、劇場版で初登場のマシン、ゴセイジャーの新戦士、3号ロボが登場し、
「エンジンオーG12」、「サムライハオー」に続く「究極の全合体ロボ」
が登場するみたいで大変楽しみです。
ぜひぜひ全てミニプラで出してほしいですね。





(おまけ)

今回この場をお借りして、
これまでの「天装戦隊ゴセイジャー」の感想と
私個人の思うところをお話ししたいと思います。
「ゴーオンジャー」・「シンケンジャー」の主題歌が
、とてもテンポのいい激しい曲だったので、
当初「ゴセイジャー」の主題歌は物足りない印象でした。
しかし回を重ねるごとに作品のイメージとマッチしていると感じるようになりました。
毎回人を食ったようなタイトルの作品にぴったりの曲を作詞作曲する方、
その歌を歌いきる歌手の方はすごいと思わされます。

本編では、望君の父親役で、お笑いコンビ「髭男爵」の
「山田ルイ53世さん」が出演されていますが、
相方の「ひぐち君」はいつ出てくるかと楽しみにしているのですが…


ところで最近の「スーパー戦隊シリーズ」では、
「毎回登場する様々な人々との関わりが織りなす人間ドラマ」
があまり描かれなくなった気がします。
(仮面ライダーの方はちゃんと人間ドラマがメインなのですが…)
なので、前番組「侍戦隊シンケンジャー」が、悪い意味で言えば、
「主君と家来のなれ合い」という印象を持ってしまいました。
(クライマックスのシリアスな展開を除く)
「スーパー戦隊シリーズ」で、
上記の、毎回変わるゲストとの印象深い人間ドラマが描かれていたのは、
個人的に「未来戦隊タイムレンジャー」が最後だと思います。
(中でも第17話「ねじれた正拳」はお気に入りです。)
また、中でも特撮番組の定番であった
「いじめ」をテーマにした話もすっかり見なくなりました。
ここ最近の特撮番組で「いじめ」の問題を正面から描いた
(あるいはそれを彷彿とさせる場面があった)
作品は、テレビ東京系で放送されていた
「魔弾戦記リュウケンドー」「トミカヒーロー レスキューフォース」
「トミカヒーロー レスキューファイアー」くらいでした。

本「ゴセイジャー」でも、第6話で、逆上がりができずみんなから馬鹿にされ、

「練習してもムダ!」と嘆いていた望君が、怪我に耐えながら逆上がりを練習する
アラタ(ゴセイレッド)の姿を見て、最後に自分も練習する回でも、
「望君が馬鹿にされるシーン」自体は描かれませんでした。
そういうシーンを経て最後の練習の場面を見たら感動もひとしおと思うのですが…
「シンケンジャー」でも、第6話の、悪口を肉体のダメージに変えるアヤカシとの戦いで、
「ことは(=シンケンイエロー)」が子供の頃に周囲に散々悪口を言われていたから
耐性ができていたという話がありました。
こちらでも、いじめられる子供時代の「ことは」の姿は描かれませんでした。
時代の変化で、「いじめ」の問題がより深刻且つ複雑化したため、
それをテーマとして描く側にも相当の責任とプレッシャーがかかるため
避けられているのかもしれません。

人間ドラマが描かれない事に不満を感じているという内容を書きましたが、
「仮面ライダークウガ」放送当時、あまりのアクションシーンの少なさに
不満を感じていましたので、決して「特撮ヒーロー番組の内容を
人間ドラマ一色にしろ!」と言っている訳ではありません。

飽くまで、「特撮を生かしたアクションシーンと、
人間ドラマのシーンをバランスよく描いてほしい」と思っているに過ぎません。

何はともあれ、今後の「ゴセイジャー」の物語に期待したいと思います。
もちろん2号ロボ3号ロボや、ゴセイジャーの新戦士の活躍にも期待しています。
それでは本日はこれにて!

代行レビュー終わり

(herofigure)
多くの写真撮影ありがとうございました。
DX版とは違い高い可動性を誇るのが
非常にいいですね。
確かに戦隊ではそういう定番のお話が
このごろはなくなりましたね。
やっぱりクレームが来るのがいやなんでしょうかね。

それでは今回はこれにて。





関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント

<FC2 BLOG の HTTPS 対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
非公開コメント

トラックバック

DS スーパーロボット大戦L

まだ序盤ですが

2010-11-27 15:02 from ゲーム攻略

Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます