魂ウェブ限定 S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーNEW電王 ストライクフォーム」ミニミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

魂ウェブ限定 S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーNEW電王 ストライクフォーム」ミニミニレビュー



今回「NEW電王」が主役の映画のレビューを書いたので、 これまでの代行レビューの脇役で
既に登場済みですが、
(「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーNEW電王 ストライクフォーム」ミニミニレビュー)
をお送りしたいと思います。

Climax Jump the final (高音質)


(全体図)
new電王1
new電王2
NEW電王3
NEW電王4 



(付属品)
NEW電王5 
ライダーパス 2枚 交換用手首 各3種 デンガッシャー(分離状態) マチェーテディ マチェーテディ接続用部品



(魂STAGE)
NEW電王6 



(「マチェーテディ」装備)
NEW電王7
NEW電王8 
「接続用部品」を使って、「マチェーテディ」を背中に背負った状態にできます。


(以下適当にポーズ等)
NEW電王9
NEW電王11
NEW電王12 

(「マチェーテディ」銃モード)
NEW電王13
NEW電王14 
 

(必殺「カウンタースラッシュ」)
NEW電王15 
テディ「幸太郎、カウントは?」


NEW電王16
幸太郎「10秒…いや9秒でいい!」

NEW電王17
NEW電王18 
テディ「9・8・7・6・5・4・3・2・1・0!」

NEW電王19
NEW電王20 


(総評)

(長所)
特徴的な「目」を、 「クリアパーツ」とその奥のギザギザ模様で良く再現できていると思います。
発売前は、 「劇中でほんの少ししか登場しなかったから再現されていないかも…」 と不安だった、
「『マチェーテディ』を背中に背負った状態」 も再現できる点がうれしかったです。
また、カラーリングも劇中のそれを良く再現していてきれいだと思います。

(短所)
手首の可動範囲の限界により、 「マチェーテディ」を「銃」として使用する際の、
「腕と『マチェーテディ』が一直線になる状態」 を再現できないのが残念でした。
また、ポーズを付けていると、 「デンガッシャー」がポロポロ外れてしまうのも残念でした。


劇中のかっこいい「NEW電王」はきちんと再現されていると思いますので、
今後ぜひ相棒の「テディ」も商品化してほしいと思います。

それでは今回はこれまで!





ハピネット・オンライン 超・電王トリロジー特集


関連記事
スポンサーサイト





このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント

<FC2 BLOG の HTTPS 対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます