FC2ブログ

ホットトイズ バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生 ワンダーウーマン レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生 ワンダーウーマン レビュー

wwtop
今回は、ホットトイズ バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生 ワンダーウーマンのレビューになります。







(全体像)
www01
ww02ww03

www02

今回のワンダーウーマンは「バットマンVSスーパーマン」に登場した際のコスチュームになっています。そのため、レビュー投稿日中に公開されている映画「ワンダーウーマン」の衣装とは少し違っています。首から胸上部および腕、脚はシームレスの素体を新規開発して使用しており、細身ですが筋肉質な身体を再現できていました。

(各部)
DSC05025DSC05026DSC05036DSC05029DSC05032DSC05034
ヘッドはサンプル版よりも改修されたようで、 サンプルよりも顔全体が細くなり口が若干開いた表情に変更されていました。
若干表情がついているので、無表情よりもポーズをつけた際により見栄えがよくなったと思います。額のティアラは、形状のサンプルから劣化なく仕上がっていました。


DSC05039
髪の毛は若干ウェーブがかかっており、少し絡み合っていることもありサンプルのように前髪を肩より前に出すのは少しやりにくかったです。

DSC05040
胸部の鎧はゴールドとメタリックレッドの表面を再現しており、全体に細いラインとダメージによるキズも詳細に施されていました。

DSC05047
鎧の上からストラップを取り付けることで、剣や投げ縄を装備することができます。ただそこまで体にしっかりと固定できるわけではなくずれやすいので、適宜自分で位置を整える必要があります。


DSC05051
腕には腕輪、ガントレットが装備でき、どちらも素体の上から取り付けるので着脱が可能でした。形状はサンプルからガントレットは少しモールド等が変更されているようですが、腕輪はさほど劣化も少なく造形されていました。

DSC05053
剣は背中のストラップに収納することができます。剣自体はしっかりと保持することができますが、劇中と剣の位置がなぜか逆なっているのが残念でした。

DSC05055
右腰には投げ縄を取り付けることができます。投げ縄は展開することもできるようですが、細い針金で結んであるので必要がない場合は無理に解かないほうがいいかも。

DSC05057
左腰にはストラップに備えてあるパーツはサンプルよりは彩色が不足しているようですが、劇中では暗くてよく見えないこともありさほど気にはならないかもしれません。

DSC05060
スカート部分は布でできており、劇中よりも薄めで簡素に見えます。布製なので脚の可動性を妨げにくいですが、強く折れ曲げると折れ目がつくので注意が必要です。

DSC05062DSC05065ashi
脚の鎧はブーツより上は素体の上に取り付けて再現されており、胸部鎧と同様にゴールドとメタリックレッドや細かいラインとダメージ塗装などが施されており取り付け具なども細かく再現されていました。

(オプション)
hands
ハンドは握り、剣持ち手、開きが左右、盾持ち手、投げ縄持ち手左右が付属します。

ken01ken04ken02ken03
剣はワンダーウーマンのものとは形状が違い「バットマンVSスーパーマン」で使用したものです。刀身のデザインは表面のエンブレムや凸凹も詳細に再現されていました。

tate01tate02
盾はバットマンVSスーパーマンで装備していたものをもとに立体化されています。周囲に刻まれた古代文字?など細かい部分の装飾まで作りこまれていました。裏側には腕を通すストッパーが二つ、手が握る持ち手が一つ備え付けられていました。

gan01
衝撃波を発動する際の発光するガントレットも付属し、通常のものと交換することで劇中の発光状態を再現できます。

stand
スタンドはバットマン、スーパーマンのものと同様で、支柱が金属製なのはバットマンと同じですがワンダーウーマンではクリップ式になっていました。

(可動性)
DSC05105DSC05107
首は左右に360度回転が可能です。ヘッドは前後に少ししか動かせる可動域がありませんが、首が若干動かせるようになっていました。

DSC05112DSC05114
首は中心から左右に約30度ほど傾けることができます。

DSC05116

DSC05120
首は前後に曲げることができ、この方向はそこそこ可動域がありました。

DSC05124
腕は横に約60度ほど上げることができます。これ以上も若干上がりそうですが破損する危険があるので注意が必要です。

DSC05125DSC05128
腕は前方に約80度、後方に約60度動かせます。こちらも若干上がりそうですが破損する危険があるので注意が必要です。

DSC05132
ひじは約100度ほどまで曲げることができます。

DSC05134DSC05137
ひじはクリック式で外側に20度、外側に40度動かすことができます。

DSC05140
ひざは約90度曲げることができます。

DSC05147DSC05152
脚は前方には80度ほど、後方には60度ほどまで動かせ、左右には70度ほど開くことができます。

DSC05141DSC05144
足先はジョイントの方向を調節することにより、少しやりにくいですが接地性を高めることができます。


(そのほか)
www03
ww27

ww05ww07ww09ww10ww15ww11ww14ww16ww17
腕を交差した衝撃波ポーズはなんとかとれますが、劇中のようにもっと上まで上げるのは私の購入分ではきつかったです。それにこのままのポーズだと肩に折り目がついたり損傷するので、素体を傷つけたくない方はあまりやらないほうがいいかもしれません。

wwtop

ww18

スーパーマン、バットマンと

ww21ww22wwlast

ww23
アメリカ本国でも驚異的なヒットを飛ばした単独作のこともあり、続くジャスティスリーグでもスーパーマン不在の中高い戦闘力で活躍が期待されます。

以上、ホットトイズ バットマンVSスーパーマン ワンダーウーマン レビューでした。


(総評)
よかったところ
体型及び衣装などサンプルよりほぼ劣化なく再現
ほとんど可動しないとの前情報だったが、可動性は高くないもののそこそこポーズはつけられた

気になったところ

剣の収納位置が劇中と逆
シームレスの素体部分は長時間大きく曲げると折り目がついたり損傷する

今回のフィギュアでは顔は若干本人より細目ですが、サンプル版からは改良してより本人に近い造形で商品化されていました。衣装も可動性を考慮したものではないものの見栄えは質感も高く良い出来だと思います。発売前情報では可動部位が少なくほとんどポーズを変えられないのではと思っていましたが、発売までにかなり改良されたようで部位や範囲は狭めですが剣を持って構えるなどのポーズには対応できる可動性がありました。

一方で、剣は柄が右側になるように劇中では背負っているのに対して、フィギュアは左側になっていました。「ワンダーウーマン」はまだ見れていないのでそちらとは比較できませんが、「バットマンVSスーパーマン」でも逆だったのでこれは修正してほしかったですね。本体の首、腕、脚などはシームレス素体を用いていることもあり、経年劣化に関して心配な点がありました。あと、腕や肩を折り目がつくほど曲げた状態で長時間おくとシームレスの素体にしわができたり損傷したりするので、長時間ディスプレイする際にはあまりシームレス素体の関節部分を動かさない状態にしたほうがいいと思われます。

可動性は通常のムービーマスターピースシリーズとしては低めですが、外見はよく再現できているのでバットマンVSスーパーマンのワンダーウーマンが欲しい方は購入を検討してもよいと思います。
今後は単独作映画が大ヒットしたことで、今後出てくるワンダーウーマンのライトアーマー版だけでなくジャスティスリーグ版などのリリースが期待できます。次のフィギュアでは、今回再現できなかったポーズに対応できるよう可動性を向上した改良に期待したいですね。

それでは今回はこれにて。


ホットトイズ ワンダーウーマン(あみあみ)(楽天)(駿河屋)
ホットトイズ ワンダー・ウーマン(トレーニングアーマーバージョン)(楽天)(駿河屋)

(関連レビュー)
ホットトイズ バットマン&スーパーマン トイサピエンス限定セット
ホットトイズ アーマードバットマン
ホットトイズ バットマン ナイトメア版

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

-->

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます