プレミアムバンダイ限定 想造ガレリア ロボット兵  Full Action Ver. ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

プレミアムバンダイ限定 想造ガレリア ロボット兵  Full Action Ver. ミニレビュー

flying02
今回は、プレミアムバンダイ限定 想造ガレリア 天空の城ラピュタ ロボット兵 Full Action Ver. のミニレビューになります。




(全体像)
robot01robot02robot03robot04
以前はスタチューで発光する飛行石ジオラマ台座と出たロボット兵の可動バージョンです。直立した状態を再現するためか非可動バージョンより腕、脚が短くなり、ボディのカラーは非可動版と比べて艶消し以外は塗装がかなり簡略化されていました。

(各部)
head01head02head03head04
ヘッドは前方はシルバーで塗装されており、後方の穴にはクリアーパーツが使用されていました。

 



body01
胸部中央にはクリアーパーツを使用されており、小さいですがラピュタの紋様が造形されていました。

body02
inner01
後方の紋章部分は上から開けることができ、内部にはラピュタ独特の模様が再現されていました。

DSC08592
腕はアニメ劇中のデザインに近く、非可動版と比べて外側のトゲが短くなっていました。

DSC08590
脚部分も腕と同様に多数の可動ポイントを有しており、形状はともに目立った問題はありませんでした。

可動性

DSC08594DSC08596DSC08598
ヘッドは基礎部分が前後にスライドするため、前後ともに大きな可動域がありました。

DSC08600
肩部分は360度前後に問題なく回転でき、横に120度ほどまで上げることが可能でした。

DSC08603DSC08607
腕は左右にひねることはできませんが前後にはフレキシブルによく曲ります。肩と手の付け根も360度回転が可能でした。指も握ることはできませんが、前後にそれぞれ動かすことができます。

DSC08608DSC08611
腰部分の接続がボールジョイントで胴体も前後左右に少し動かせる可動域があるため、前後に大きく胸部を動かすことができます。

DSC08614
脚は左右にはそれぞれ60度ほど開くことができ、足先部分も可動域が高いので接地性も問題ありませんでした。

DSC08616
前後には90度十分に動かすことができます。

DSC08620DSC08623
脚部分も腕と同じく高い可動性があり、足先にも可動ポイントがありました。

 

オプションパーツ
stand
ロボット兵の飛行用ディスプレイが可能になります。台座の周囲にはロボット兵背中の中にあるものと同じ模様が再現されていました。


差し替えケーブルパーツ
option01
背中に接続するケーブルパーツは、基部はプラスチックで線部分は導線が使用されていました。

code01
back
差し替えケーブルパーツは背中を開けて接続し、劇中での収納状態を再現できます。ただ深く押し込んでしまうとなかなか外れないので注意が必要です。

ウイング
 
交換用の腕は翼部分をパープルカラーのクリアーパーツが使われており、腕外側のトゲも伸びた造形に、手も横広いものに変更されていました。

wing03
ウイング用の腕は通常腕を肩から取り外して装着します。通常腕よりは可動域は狭いですが、上下左右に翼の形を変えることができます。

(そのほか)

 

flying02flying03flying01

flying
lamda11lamda10

lamda04 
最後は花の世話をしていたたった一体だけ残ったロボット兵の感じで。あのロボット兵は腕のギザギザがないうえに苔も体に生えていましたが、これが好評ならそのバージョンもでるかもしれませんね。
以上、プレミアムバンダイ限定 想造ガレリア 天空の城ラピュタ ロボット兵 Full Action Ver. のミニレビューでした。



(総評)
良かったところ
全身57か所が可動するため、自由なポージングが可能
腕の付け替えパーツで飛行状態や格納状態を再現可能
スタンドが付属し飛行状態でのディスプレイが可能

気になったところ
身体全体の塗装が以前の非可動のものより簡素
脚は劇中や非可動バージョンと比べても脚が短い


可動箇所57箇所というだけあって、腕と足の可動性は非常に高く、劇中の立ったポーズから這って歩くポーズまで幅広い劇中の動きに対応できます。背中にプラグをつけると格納状態、腕を交換することにより飛行状態が再現でき、スタンドも付属しているので飛行状態でのディスプレイも可能でした。ただ、塗装が簡素なので非可動バージョンより質感は安っぽいので注意が必要です。また、非可動版では長かった脚は直立した際のデザインあわせているようで短くなっているので、まったく同じポーズは取れない点は残念でした。

私としては塗装が簡素なのが気になりましたが、可動性は非常に高いので劇中のポーズを多数取らせて楽しみたい人には購入を検討してもよい出来だと思います。ただプレミアムバンダイ限定版なので、今後重塗装版や苔の生えたラピュタで植物の世話をしていたバージョンも出てもいいかもしれません。それにしても、このシリーズはロボット兵やフラップターなどは出ても、人物に関しては一切出ないのが残念ですね。今回のロボット兵にもHIMETAL Rのダグラムのクリンみたいに簡素な塗装でもいいからシータとか付属してもよかったと思います。このシリーズの今後の予定は未定のようですが、人物がだめなら千と千尋のハク(龍バージョン)、ナウシカの最終兵器、シシ神、「黙れ小僧!」の山犬などの展開にも期待したいです。

それでは今回はこれにて。


プレミアムバンダイ|こどもから大人まで楽しめるバンダイ公式ショッピングサイト

(関連レビュー)
バンダイ「想造ガレリア」天空の城ラピュタ ロボット兵 ミニミニレビュー

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます