FC2ブログ

ホットトイズ ドクター・ストレンジ レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ ドクター・ストレンジ レビュー

i01
今回はかなり遅れてしまいましたが、ホットトイズ 「ドクター・ストレンジ」ドクター・ストレンジ レビューです。





(全体像)
i11i12i13
top04
今回レビューのドクターストレンジは、2017年に発売されたホットトイズの映画「ドクターストレンジ」版になります。劇中中盤で手に入れたマントとアガモットの目を装備した状態でフィギュア化されており、映画「アベンジャーズ インフィニティウォー」でも同様の衣装として登場しますが、腰巻の位置が少し変わっていたりしましたが、大体はほぼ同じようでした。(フィギュアーツ版では手袋をしていましたが、一回映画を見た限りではつけていなかったかも?間違っていたらすいません)

マントなし
ge01ge02ge03 ge05
マントなしの状態も内部のスターウォーズのジェダイが着ているチュニックに似ている衣装を再現していました。体型は少し細身になりますが、マントなしでもそこまで違和感はありませんでした。


(各部)

fro01f03f04


head05名称未設定 
ヘッドはドクターストレンジを演じるベネディクト・カンバーバッチ氏の顔を見事に再現し、個性的な顔立ちやひげやもみあげなど細かい点までしっかりと造形及び塗装されていました。

b01 (1)
マントは襟にワイヤが仕込まれており、襟の形状を変えることができます。また、マントの肩に当たる部分にはマグネットが仕込まれており、フィギュアにしっかりと装着することができます。ただ私の所有しているものだとサンプル画像や劇中のような形状にするのが難しかったので、次バージョンが出るならば再現しやすくしてほしいですね。

b02
衣装は腰巻の部分も詳細に作られており、アイテムを装備させるフックなどもきちんと再現されていました。

rearb04 (1)
腰巻左右の装飾も詳細に再現されていました。

leg03
ブーツに布を巻き付けた状態の脚も実際に布を巻き付けて再現されており、靴の先のウェザリング塗装もあり質感も申し分ありませんでした。


マント
mantmant03m01 (1)
マントは左右非対称の形状を再現して作られており、表だけでなく裏地も凝ったパターンの模様が再現されていました。マントには一部ワイヤが仕込まれており、ある程度形状を変えることができます。

bb02arm01
背中部分や腕部分の装飾も詳細に作りこまれていました。

b04 
衣装の下の部分は、ジェダイのチュニックにも似たそれぞれ分かれた構造を再現していました。


(オプション)
i23
ハンドは握りに加えて魔法発動時に使用する手が7種類付属します。

エフェクト
effect01g01i07
グリーンの魔法エフェクトは、腕の装備させて発動状態を再現できます。

effect02g03
大型の魔法エフェクトは開き手に装備して使用できます。

アガモットの目
me02me01
アガモットの目は閉じた状態と展開状態のもの二つが付属し、魔法発動時のポーズにあわせて使用できます。

pen01
私の購入分だけかもしれませんが、アガモットの目をつなぐひもが片方が曲がりやすかったので両方とも均等に見えるように首にかけるのは難しかったです。

カリオストロの本
book01book02book04
カリオストロの本は開くことができ、中に何パターンかの魔法の言葉で書かれたページが記載されていました。ただこの本を大きく開くとページとページの接着部分が外れそうになるので注意が必要です。


スタンド
stand01ma05
アメイジングスパイダーマンなどと同じ台座ですが、支柱はプラスチックの円柱のスタンドが付属します。できるならばフレキシブルピラーの支柱のほうが自由に飾れてよかったかもしれませんね。


バックボード
backborad
バックボードはサンクタム・サンクトラムの窓が印刷されており、劇中をイメージしたものになっています。ただ前にストレンジを置くとほとんと窓が隠れてしまうのでもう少し大きいとよかったかも。

(可動性)
m01m02m04m06
ヘッドと首は一体成型なので分割型よりも可動域は低いですが、前後左右ともに可動域があり左右への回転は問題ありませんでした。


kad04kad02
腕は真上まで上がりひじも150度近くまで曲げられます。腕は左右には90度動かせ、衣装の干渉があるので前には引き出すことができませんでしたがアクションに耐える可動性はありました。

kad01
また腰は30度ほどですが左右に回転できました。

m12
脚は前方に90度、膝は約150度まで曲げることができました。

ashi
脚は左右合わせて150度ほど開脚できます。一方足先はブーツが固く可動域がないため、前後左右の接地性は低かったです。

 

 

(そのほか)

dra01kai09dra02i21i22iw01i01iw02iw04i10ac01ac02ac04st01fly01fly03i20kai02fly05hyogyuwalk01
以上、ホットトイズ ドクター・ストレンジ レビューでした。

 
 

(総評)
よかったところ
ヘッドは演じるベネディクト氏の顔を精巧に再現
マントや衣装は劇中スーツにかなり近く再現できており完成度が高い
魔法エフェクトも複数付属し、魔法発動などのポーズに対応

気になったところ
ブーツの可動域が狭く接地性が低い

ホットトイズのベネディクト・カンバーバッチ氏演じるキャラのフィギュアはこれが初めてでしたが、顔の特徴をよくとらえて造形及び塗装されており申し分ない出来でした。さらにマントや衣装も劇中衣装をから違和感なく作られており、各部の細かい模様までしっかりと再現されていました。オプションは魔法エフェクト複数と対応したハンドがそろっており、魔法発動ポーズなどにも広く対応できます。
一方気になった点は足先の可動性が低く接地性が低い点が残念でした。あと私の購入分だけかもしれませんが、マントの襟がサンプルや劇中のようにするのがちょっとやりにくかった点があったので今後出る際は改良してほしいです。

今回は単独映画版のストレンジでしたが、衣装は単独映画版だけでなくインフィニティウォーにも近いのでどちらをイメージしたディスプレイが可能なのでおすすめできるフィギュアだと思います。ただ発売時から品薄になっていたので、現在手に入りにくいのがネックですね。そのため、購入できなかった人やインフィニティウォー版が欲しい人のためにインフィニティウォー版の発売が待たれます。その際はヘッド改修は無理でも、脚の接地性など改良してほしいですね。

それでは今回は遅れましたがこれにて。


ホットトイズ アイアンマン・マーク50(楽天)(駿河屋)
ホットトイズ アイアン・スパイダー(楽天)(駿河屋)
ホットトイズ グルート&ロケット(楽天)(駿河屋)
ホットトイズ サノス(楽天)(駿河屋)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

-->

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます