FC2ブログ

S.H.フィギュアーツ 真骨彫製法 仮面ライダーエターナル ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

S.H.フィギュアーツ 真骨彫製法 仮面ライダーエターナル ミニレビュー

 w03 (1)
今回は、S.H.フィギュアーツ 真骨彫製法 仮面ライダーエターナル ミニレビューになります。





(全体像)
e01e02 (1)e03e04
映画「仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ」より、劇中最強の敵である仮面ライダーエターナルのフィギュアーツ真骨彫製法版になります。ボディはレビューはしていませんが真骨彫Wサイクロンジョーカーと共通のためプロポーションなどは劇中スーツと違和感なく、全身のホワイトや腕のブルーフレアなどのカラー及び模様もしっかりと再現されていました。

head01head02head03head04
ヘッドは写真で拡大してみるとところどころにわずかな塗装の乱れがありますが肉眼ではほとんど気になることはなく、ツノや目部分の内部構造なども劇中に近い形状を再現できていました。


chest01chest02chest03 
ほとんどWサイクロンジョーカーと共通ボディのようですが、胸のマキシマムスロット、両腕のブルーフレアや腰のロストドライバの造形及び塗装も劇中とそん色なく詳細に仕上がっていました。

ashi10
脚部分のアンクル部分のブルーフレアの模様は、塗装に少し乱れはありますが小さいこともありさほど気にならなかった程度でした。

(オプションパーツ)
ガイアメモリ装填状態スロット、エターナルエッジ
o03
ガイアメモリ装填状態メモリスロットとエターナルが付属します。エターナルエッジには劇中どおりユニコーンメモリを装填できます。


メモリフルセット状態

aaa01aaa02aaa03

g01
メディコムトイのRAH DXでも再現できなかった、劇中で登場したT2ガイアメモリすべてを装着した最強状態を再現できます。

full05
full06 (1)full06full07
それぞれのガイアメモリは着脱は不能ですが、かなり小さいにもかかわらずマークや溝まで細かく造形及び塗装されていました。

ガイアメモリ(着脱可能)
o01
着脱可能なガイアメモリは3つで、ユニコーン、ゾーン、エターナルメモリがあります。それぞれのマークや差込口など小さいですが詳細な部分まで再現されています。

交換用ハンド
o04
ハンドは計14個付属し、サムズダウン、エターナルエッジの逆手持ちやガイアメモリをホールドすることにも対応していました。

マント
o06o08 
マントは前バージョンとは違って布製で、縁にはワイヤが仕込まれており形状を変えることができます。
z02
z01
マントは着脱可能で、エターナルの上部のメモリスロットを2つ取り外して装着します。
mant01
装着状態ではマントの干渉があるため首の可動域のみ制限されますが、それ以外に問題はなく劇中のマントをまとったスタイルを十分に再現できていました。

可動性
JPEGイメージ (18)JPEGイメージ (15)JPEGイメージ (20)JPEGイメージ (21)
首はマント装着状態では制限されますが、未装着ならば前後左右と左右回転ともに可動域は広めでした。

 

JPEGイメージ (16)
腕は前後には上下問題なく、側面には90度上げることができます。腕は二の腕を軸に360度回転でき、肘は120度ほど動かせました。

JPEGイメージ (8)
胴体は左右に約45度ほどまで回転することができます。

JPEGイメージ (10)JPEGイメージ (13)
上半身は前後ともに動かせますが可動域はそこまで広くありませんでした。

JPEGイメージ (7)
脚はひざは最大150度近くまで曲り、つま先も上下に30度ほど動かせるので、しゃがんだポーズにも十分対応できます。

JPEGイメージ (2)
JPEGイメージ (1)
脚は前方には90度後方には70度ほど動かせ、左右には合わせて120度ほど開脚が可能でした。足先は前後左右に可動域があるため接地性は高めでした。

 

 

(そのほか)
w03 (1)


ba11battle01battle02 
 f04 (1)
f01w03ba11 (1)

www

w01w02et01 
以上、S.H.フィギュアーツ 真骨彫 仮面ライダーエターナル ミニレビューでした。 


 

(総評)
フィギュア全体の造形は以前のバージョンより格段に進化しより劇中スーツに近くなった
布製マント、ガイアメモリ、メモリ充填スロットなど付属品が充実し劇中のスタイルをほぼ再現可能
個体差かもしれないが、Wサイクロンジョーカーと比べて肩アーマーが外れやすい

今回のエターナルは真骨彫Wサイクロンジョーカーと共通のボディのためプロポーションは問題なく、各部のカラーやアンテナなどもしっかりと劇中に準拠したデザインで造形されていました。そしてメディコムRAH DXでも再現されなかったガイアメモリフル装備状態をパーツ交換で再現でき、メモリも一つ一つカラーやマークなど細かな部分まで再現されているのも良かったと思います。可動性も高いので様々な劇中ポーズに対応できました。

気になったの私の購入分だけかもしれませんが、肩パーツが取れやすかったのとエターナルエッジのスロットではユニコーンメモリがしっかりとセットできない点がありました。

実際のスーツに近いのはRAH DXですが、それに準じた造形かつ高い可動性を持ちマントありなしメモリ装備状態をすべて再現できるのはこのフィギュアしかないので、仮面ライダーエターナルが好きな人ならば文句なく満足できる完成度のフィギュアだと思います。最近は魂ウェブ商店の再販はしないとの情報もありましたが、これは欲しい人がいれば抽選でも販売してほしいですね。

最近のフィギュアーツは完成度が高くなるにつれて値段も高騰し、フィギュアーツが始まった当時の「安くて品質の良いフィギュア」といった概念はほとんど消えつつありますね。今月発売のフィギュアーツの仮面ライダービルドは安価ですがオプションパーツは別売りになっており、完成度を維持しつつ値段を上げない取り組みにも期待したいです。

それでは短めですが今回はこれにて。 

 


S.H.フィギュアーツ 真骨彫 仮面ライダーエターナル(楽天)
S.H.フィギュアーツ (真骨彫製法) 仮面ライダーW ファングジョーカー(あみあみ)
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

-->

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます