FC2ブログ

バンダイ S.H.フィギュアーツ ウルトラマンジード プリミティブ レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

プレミアム バンダイ

バンダイ S.H.フィギュアーツ ウルトラマンジード プリミティブ レビュー

ultramanzeedprimitive
今回は、バンダイ S.H.フィギュアーツ ウルトラマンジード プリミティブ レビューです。







(全体像)
a01 (1)a02 (1)a03 (1)zeed04
2017年に4か月にわたって放送され、2018年3月10日から公開される劇場版「ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!」にも登場するウルトラマンジードの基本形態プリミティブがフィギュアーツで発売されました。プロポーションは劇中スーツから違和感なく作られており、ウルトラマンベリアルの息子ということで全身のカラーリングはウルトラマンに多いレッドとシルバーに加えてブラックからなるカラーリングを、分割したパーツにわたって見事に再現できていました。


(各部)
zh01zh02zh03
頭部は特徴的な形状を劇中スーツに近く造形されており、特に目はクリアーパーツ下の塗装塗分けにより、劇中のように中央部が明るく(白く)見えるようになっていました。

01
胸部の複雑な模様もきちんと塗分けられており、首や腕との接続部もオーブと比べて目立ちにくくなっていました。
b03b02
フィン(?)のある前腕部の形状やカラーリングも問題なく仕上がっていました。

b05
腹部から太ももにかけてのカラーリングも問題なく、写真ではずれていますが太ももを回転させることにより太ももと腰部分に続くライン等をしっかりと合わせることができます。

asho01
脚のひざ部分はオーブと比べても隙間がないように設計されているようで、より自然な形状に近く造形されていました。

back01
背面部分も少し塗装に気泡が入ったような部分はありましたがそれ以外は問題はなく、独特の複雑なカラーリングを十分に再現していました。
back02back04
後方からはひざの裏がオーブよりも関節パーツが大きくむき出しになっていますが、正面の見栄えを上げるためには仕方なかったのかも。そのほかは特段不具合等もありませんでした。

(オプション)
effects18
レッキングバーストのエフェクトパーツはブルーの光線エフェクトの上にブラックに近いレッドカラーの電撃状のエフェクトが張り付けられており、劇中の激しい発射エフェクトを再現しています。ただレッドカラーはもう少し明るいほうが劇中により近く見えるように感じました。

timer02timer01
胸部のカラータイマーはブルーとレッドの二種類に交換が可能です。タイマー部分は差し込み式でしっかりと固定できるので、オーブオリジンのようにすぐに外れてしまうことはありませんでした。

ハンド
hands
ハンドは標準の握り手に加えて、開き、平手、ポーズ用が3付属します。

 

(可動性)
s02
s03
首はオーブなどと同様に顔を上げる際には背中の一部分が首パーツ内に押し込まれ、首の可動性を妨げないようになっています。可動域はほぼオーブと同じくらいあり、飛行ポーズ等に対応できます。

s01
前方にはかなり顎を引くことができ、オーブよりも可動域は広かったです。

s09
腕は前後には360度、横には90度強可動域があり、ひじは120度以上曲げられました。あと前腕部は上腕部を軸に左右に少し回転できますが、もう少し広ければ腕のポーズの幅が広がってよりよかったですね。


kata01kata02

te
腕は肩から前方に引き出すことができ、胸部上部のくぼみに腕を合わせて動かすと前方に腕を交差させるくらいの可動域がありました。


s11s10
胴体は胸部腹部腰部が連動して前後に曲げることができ、背びれ(?)の部分は前方に深く曲げるときは無理ですが前後に動かす際もつながって見えるように見事に造形されていました。

s14
腰部分は左右には胸部と腹部の部分で左右に曲げることができます。

kosi
左右には胸部、腹部パーツを一緒に動かすことで80度ほどまでは回転可能でした。ただ私の購入分は少し腹部を回すと腰パーツが外れそうになるので、胸部パーツのみ動かすのがいいかもしれません。

s13
脚は前方に90度、ひざは120度以上、つま先は90度近くまで曲げることができます。ashi01
脚はオーブオリジンなどとは違って、後ろにも少しですが可動域がありました(20度くらい?)。

ashi03
脚は左右には150度くらいまでは開くことができます。ただ腰パーツがに胸部パーツが当たるとキズついて塗装が剥げるので注意が必要です。


(そのほか)
zeeedddlandingposezeed05ultramanzeedprimitivezeedpose10runzeed02attackzeedkick a01zeedbarrierwrecking roarwreckingripper
posezeed06posezeed07r04a11a07

映画で共演する人たちと
gyaorbzeed01gyaguorbzeed02
映画では予告映像などではジードウルティメイトファイナルが並び立っていましたが、今のところ劇場版ウルトラマンはオーブトリニティも出ていないのでフィギュアーツで出るのは厳しいかもしれませんね。ただ出る機会があるならば欲しいですね。

flying05flying02a03a02
以上、S.H.フィギュアーツ ウルトラマンジード プリミティブ レビューでした。

(総評)
良かったところ
劇中に近いプロポーションとカラーリングを見事に再現
各部関節はオーブよりも隙間なく作られかつ可動性も良好
関節は適度に硬く、ポーズをつけやすい

気になったところ
脚パーツと腰パーツの干渉

プロポーション及びカラーリングの再現はかなり良く、オーブよりも各部関節等の隙間がなくなりより劇中に近く見えるようになりました。各部関節はオーブスペシウムゼペリオン同様に適度に硬いので、オーブオリジンよりも容易にポーズをつけることができます。可動性は高めなので、劇中すべてのポーズまではいかないもののかなりの数に対応できると思います。

気になった点は脚を前に上げる際に腰パーツに当たると、脚パーツがキズつき塗装が剥げてしまう点でした。他にはレッキングバーストエフェクトパーツの一部が劇中よりも黒く見えるので、もう少し赤くしてほしかったところです。

腰パーツによる脚パーツがキズつくの改善してほしいですがそのほか本体の完成度は高く、ジードが好きな人ならば購入を検討しても良い出来だと思います。

今後のフィギュアーツウルトラマンシリーズはジードではジードロイヤルメガマスター、ベリアルアトロシアス、オーブからはサンダーブレスター、昭和からはウルトラマンジャック(帰マン)やツインテールなどが発売予定になっています。ジードはソリッドバーニング、アクロスマッシャー、マグニフィシェント、ウルティメイトファイナルがフィギュア化されていませんが、全部は無理でもどれかは追加でリリースしてほしいですね。

それでは今回はこれにて。


bnr_shf_royalmegamaster_600x163
bnr_shf_ultramanbelial_atrocious_600x163
S.H.Figuarts ウルトラマンジード ロイヤルメガマスター(魂ウェブ商店)
S.H.Figuarts ウルトラマンベリアル アトロシアス(魂ウェブ商店)

S.H.フィギュアーツ ウルトラマンジード プリミティブ(楽天)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

-->

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます