FC2ブログ

ホットトイズ アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー ブラック・ウィドウ レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー ブラック・ウィドウ レビュー

black02
今回は、映画「アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー」よりホットトイズ ブラック・ウィドウ のレビューになります。






(全体像)
wysa
 
widow08
widow06
widow03
今回のフィギュアは、「アベンジャーズ インフィニティウォー」の公開を記念して2018年5月27日まで東京原宿のトイサピエンスにおいて開催されている「アベンジャーズ エクスクルーシブストア」の会場限定商品として販売されているホットトイズ ブラック・ウィドウ インフィニティウォー版のレビューになります。 映画「アイアンマン2」登場して以来、「アベンジャーズ」、「キャプテン・アメリカ ウィンターソルジャー」、「アベンジャーズ エイジオブウルトロン」、「シビルウォー・キャプテンアメリカ」と今作において毎度衣装や髪型が変わるブラック・ウィドウですが、今回は金髪ショートになり戦闘スーツもシビルウォーの戦闘スーツにグリーンのジャケットを装着したような衣装になっており、前作の流用パーツは多いものの劇中衣装から違和感なくフィギュア化されていました。

 

(各部)

widow203
f02f03f04 
ヘッドの造形はシビルウォー版とほぼ同じようです。顔の塗装はシビルウォー版よりも肌が白くなっており、口紅の色も濃くなっていました。アッシュブロンドの髪は劇中よりは少し明るめですが気になるほどではないですが、劇中に髪型を似せようとするならば自分でスタイリングする必要がありました。
body01body02 (1)body02 (2)
上半身は、ダークグリーンのタクティカル・ベストの下にブラックのジャンプスーツを着た状態を再現しています。ベストのジッパーは少し動かせますが、ジャンプスーツのジッパーは非可動でした。

body04 
背中にはバトンのハンドルを収納できる新規造形のバックパックが装備されており、表面にウェザリング塗装が施されていました。

body06
両肩のアーマーは新規追加されており、バックパックと同様に表面にはウェザリング塗装が施してありました。

bullet
手首の銃弾ベルトは塗装は違いますがシビルウォー版のパーツが使用されています。

w02
腰のベルトはシビルウォーのものの流用で、つながるバンドもほぼ同じもののようですがホルスター部分は変更されていました。
w10w11
ホルスターにも少しですがウェザリング塗装が施されており、銃ではなくディスクシューターをおさめるようになっています。
w03w07
膝あてはシビルウォー版と造形は同じですが、ウェザリング塗装が施されていました。

w12
脚部分はシビルウォーのものを流用して作られているようでした。

(オプションパーツ)
w01 baaa
背中に装備しているバトンとは別に、先を伸ばした状態と二本を合体させた状態のものが付属します。伸びた部分の造形も細かく再現されており、
専用のハンドに持たせることができ持たせた際の保持力も高めでした。

wea
disk
背中に収納した状態を再現するためのバトンのハンドルが2個、今までのハンドガンの代わりにホルスターに納めるディスク・シューターが付属します。ディスクシューターは、先端の発射口?や側面の液晶のようなパネルなど、細かい部分まで造形されていました。




交換用ハンド
hands
今回ハンドは、開き、握り、ディスクシューター用、バトン用が左右計8個付属します。

スタンド
st01


st02
スタンドは台座が6角形になっており、表面に映画のロゴとアベンジャーズマークがプリントされています。

st04
今回のものにはブラック・ウィドウが右側に描かれたシートが付属し、台座にセットすることができます。

(可動性)
w14ac02
可動性はシビルウォー版とほぼ同じなのでそちらを参照願いますが、エイジオブウルトロン版よりシビルウォー版は可動性が下がっていたこともあり、今回はその点を改善してほしかったですね。

(そのほか)
widow202

wy09

widow100widow300black02wy10kick
black01
pose01wi02widow204wy07wy01wy03wy02
wodow200
以上、ホットトイズ アベンジャーズ インフィニティウォー ブラック・ウィドウ レビューでした。

(総評)
よかったところ
ヘッドや各部衣装はシビルウォー版の流用が多いが、劇中のスタイルはほぼ問題なく再現
スーツや武器の再現も良く、可動性もシビルウォー版並みにある

気になったところ
国内ではイベント限定かつ定価販売
髪の毛は少しスタイリングする必要あり

今回のウィドウはシビルウォー版のヘッドや衣装パーツを多数使用していますが、塗装の変更や劇中に合わせた新衣装の追加により見栄えはほぼ問題ない出来でした。各部の衣装は目立った不具合もなく、武器も劇中などから違和感なく作られていました。オプションはさほど多くはないですが、劇中での戦闘でも目立った別武器を使用したこともなかったと思うので、それ準じたポーズには対応できそうでした。可動性はシビルウォー版とほぼ同じようなポーズはとらせる可動域は維持していました。 気になったところは、髪の毛は開封直後だと劇中のような髪型ではないのでスタイリングをしないと劇中に近くならない点です。

今回のものは劇中に対応可能なオプションパーツもほぼ揃っているので、定価販売でヘッドが新規造形でないのが気になる人は厳しいかもしれませんがそれ以外の人は購入を検討しても良い出来だと思います。ただ先日レビューした1/4スケールインフィニティ・ガントレットとともに海外では一般販売されているそうなので、シビルウォー版の流用パーツが多いとはいえ映画でも活躍するのにこれをイベント限定商品にするのは正直あまり良い判断とは思えませんでした。もしストアで売り切れないならばイベントに行けない人でもアベンジャーズを揃えたい人もあると思うので、トイサピ限定で地方の人にも買えるようにしてほしいです。

ホットトイズではMCU関連フィギュアは次はソーバトルロイヤル版のソーやハルクが控えており、アイアンマンなどのインフィニティウォー版はそのあとのリリースになるようです。その間にアントマン&ワスプやキャプテンマーベルなどもあるので、それらのヒーローのフィギュアにも期待したいですね。

それでは今回はこれにて。


ホットトイズ キャプテン・アメリカ(駿河屋)(楽天)
ホットトイズ DIECAST アイアンマン・マーク50(楽天)(駿河屋)
ホットトイズ サノス(楽天)(駿河屋)
ホットトイズ ソー(楽天)(駿河屋)
ホットトイズ ブラックパンサー(駿河屋)(楽天)
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

-->

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます