FC2ブログ

バンダイ METAL ROBOT魂 〈SIDE MS〉 武者頑駄無 レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

バンダイ METAL ROBOT魂 〈SIDE MS〉 武者頑駄無 レビュー

武者tp
今回は、METAL ROBOT魂 〈SIDE MS〉 武者頑駄無になります。





(全体像)
musha01musya02musya03武者03 (1)
METALROBOT魂では騎士ガンダムに続いて武者頑駄無が魂ウェブ商店限定で発売されました。デザインは現在まで複数出たリアルタイプ武者頑駄無のうちプライズやGAMDAM FIX FIGURATION に近い造形で、各部の造形がより詳細かつ豪華になっていました。

 

(各部)
mh01mh02mh03mh04
ヘッドはフェイス部分もサンプルから違和感なく造形されており、兜左右の吹返し部分や頭部部分の星、しころ部分の形状および塗装も綺麗に仕上がっていました。

c01
肩の鎧はSDなどに比べるとかなり大型化しており、胸部はマークや模様等もSDから追加されていました。

c02
胴体部分は艶消しのレッド塗装で他と差別化され、腰部分のスカート(草摺)は、表面の造形も鋲のような細かい部分まで詳細に再現。


b01b02
背中のバックパックはスラスターの内外まで詳細に塗装されており、着脱も可能でした。

ashi02ashi04asi01 
脚は鎧装甲部分やマークの造形塗装も綺麗に施されており、脚の膝から下はダイキャストパーツが多く使用されており質感だけでなく重量のため安定した自立も可能でした。

(オプション)
hands
ハンドは開き、銃持ち手、盾、鞘持ち手、刀や長刀持ち手が左右計8個付属します。

item04
付属武器として、盾、刀+鞘、火縄銃(オメガタネガシマ?)が付属します。


item07 
薙刀は柄部分が二種類付属し、通常とアクション用が付属します。

武者27武者back03
火縄銃はバックパック右に、薙刀はバックパック中央と左にジョイントを使用して装着できます。

武者back04
同様に盾も背中中央に装備することができます。

sh03shsh02
sh01
盾は裏側に持ち手が二つあり、さらにスタンドを引き出すことで自立させることができます。


saya01sh02 (2)
刀は鞘に納めて左右の腰に装着できます。

台座
boradborad02
台座には武者頑駄無の題字とマークが金メッキで表面に施されており、支柱は台座と武者頑駄無の下に差し込んで使用します。


item02
武器接続用ジョイントに加えて、武器を置くことができるスタンドが付属します。

武者02
スタンドをそれぞれ使用することで、火縄銃、太刀、薙刀をディスプレイすることができます。

 

(可動性)
aclast
ka01ka02
ヘッドは前方に少し傾けることができ、左右には約45度ほど回転が可能でした。

肩
両肩パーツの前部は上に可動域があり、腕を動かす際に干渉しにくくなっていました。

ka03
腕は前後には360度回転が可能で、ひじは90度曲がり肩を軸に左右に360度回転が可能です。

ka11 (1)
手甲部分は少し前後に可動域があり、腕の動きに合わせて移動させることができます。


ka06ka08
胸部と腹部が連動して、後ろにはほとんど動きませんが前に胴体を曲げることができます。

ka17ka15
肩は前方に大きく引き出すことができ、両腕の前方に移動させることができます。

ka13
スカート部分は前後左右に上方向に引き上げることができ、脚の可動域に干渉しにくくなっていました。


ka09
脚は前方に約90度、膝は120度以上曲がります。足先部分も前後に可動域があります。ka10 
脚は左右には90度ほど開き、足先は左右にも広い可動域があり接地性は高めでした。


(そのほか)
武者01

武者10武者11武者16武者tp武者13武者15

武者25武者23武者22武者19武者21gun02武者18
以上、METAL ROBOT魂 〈SIDE MS〉 武者頑駄無 レビューでした。

 

(総評)
良かったところ
全体の塗装及び造形もサンプルより劣化少なく詳細に再現
頭部以外の可動域は広く、可動性はかなり高い
刀、薙刀、火縄銃など武装が付属し、本体への装備や飾り台なども充実

気になったところ
頭部の可動域は狭い

リアルタイプの武者頑駄無ということで各部の装甲や装飾が追加され豪華な様相になっており、各部に使用されているダイキャストにより重量感もあり高級感のある仕上がりでした。ガンダムとしては特殊な形状をしていますが、各部のギミックにより可動域が狭まらないように工夫がなされており可動性はかなり高かったです。武器も刀、銃、薙刀など付属し、飾り台もあるのでアクションパーツのみならず武器ディスプレイ状態でも飾ることができます。
気になったことは、ヘッドはほかの個所に比べて可動域が制限されていたのが残念でした。あと個人的には武者ガンダムは盾がウイングになるギミックが昔あったと思うので、それもあったらさらに良かったですね。

今後このシリーズが続くのかはわかりませんが、プラモ等で出た武者マーク2などにも展開が広がるといいと思います。

それでは今回はこれにて。


METAL ROBOT魂 〈SIDE MS〉武者頑駄無『SD戦国伝』(魂ウェブ商店限定)(あみあみ)
METAL ROBOT魂 (Ka signature) 機動戦士ガンダムセンチネル[SIDE MS] ゼータプラス C1

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

-->

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます