S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアクセル 代行レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアクセル 代行レビュー

accel7.jpg
今回は、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアクセル 代行レビューです。


(「S.H.フィギュアーツ仮面ライダーアクセル」レビュー)



「仮面ライダーW」に登場する刑事「照井竜」が変身するもう一人の仮面ライダー
「仮面ライダーアクセル」が「S.H.フィギュアーツ」に登場です。 
本ブログ製作者様も以前書かれていましたが、
「照井竜」というキャラクターは「W」の中では、
特に学ぶ事が多いキャラクターです。
当初は「井坂深紅郎(ウェザードーパント)」に両親と妹を殺され、
「シュラウド」にもらった「アクセルドライバー」で
「仮面ライダーアクセル」に変身し戦う復讐鬼でした。
しかし「鳴海探偵事務所」の面々と関わる内に、
復讐以上に大切なものに気付き、
そのおかげで戦士としても人間としても成長していきました。
やがて「復讐心」よりも「誰かを守りたい」という強い意志により、
「仮面ライダーアクセル トライアル」
にパワーアップし「ウェザードーパント」を倒しました。

さらに、「園咲琉兵衛(テラ・ドーパント)」
に復讐するため、「仮面ライダーW サイクロンアクセルエクストリーム」
になることを強要してきた「シュラウド」に対し、
「憎しみ」の心がなくても戦っていける事を身をもって証明して見せました。

また、平成ライダーでは珍しい「特訓してパワーアップした仮面ライダー」
という印象もあります。


それではレビューです。

アクセル戦闘時BGM


アクセルテーマ曲


(全体図)
accel1.jpg
accel2.jpg
accel3.jpg
accel4.jpg




(付属品)
accel5.jpg
交換用手首(左右各5種類) エンジンブレード

(アクセルドライバー)
accel6.jpg
腰の「アクセルドライバー」は脱着可能です。

(エンジンブレード)
accel7.jpg
accel8.jpg
「エンジンブレード」は写真のように可動します。
「エンジンメモリ」の抜き差しのギミックは再現されていません



(決め台詞1)
accel9.jpg
accel11.jpg
accel10.jpg
accel12.jpg
accel13.jpg
accel14.jpg
アクセル「さあ、振り切るぜ!」



(タイヤ)
accel15.jpg
accel16.jpg
背中と足の「タイヤ」を回転させる事ができます。



(「バイクフォーム」へ変形)

※「WFCシリーズ」の「アクセル」は持っていないので、
大変お見苦しい写真になりすみません


accel17.jpg
accel19.jpg

accel20.jpg
accel21.jpg
accel22.jpg
accel23.jpg



(「アクセル」を諭す「W」)
accela.jpg
W(翔太郎)「あんた…仮面ライダーになるんじゃないのか!」
アクセル(照井竜)「何だと…」

accelb.jpg
W(翔太郎)「罪は憎んでも人は憎まない…
この風都の人々が仮面ライダーに望んでいるのは…そういう心だ!」


マキシマムドライブ)
accelc.jpg
acceld.jpg
accele.jpg
accelf.jpg
アクセルドライバー「アクセル!マキシマムドライブ!」



(アクセルグランツァー)
accelg.jpg
accelh.jpg
accelj.jpg
accelk.jpg
accell.jpg



(決め台詞2)
accelm.jpg
アクセル「絶望がお前のゴールだ!」



(エースラッシャー)
acceln.jpg
accelo.jpg
accelp.jpg



(ライダーツインマキシマム)
accelq.jpg
W(翔太郎)「いいか、タイミング合わせて、ライダーツインマキシマムだ!」
アクセル「俺もか?」
W(フィリップ)「君もだ!」

accels.jpg
accelu.jpg
accelv.jpg
accelw.jpg
W&アクセル「ライダーツインマキシマム!」


(以下適当にポーズ等)


(決め台詞3)
accelx.jpg
W(翔太郎)「おい照井、お前どうして今日はバイクに変形しないんだ?」
アクセル(照井竜)「…俺に…質問するな!」

(風都を守る2人の仮面ライダー)
accely.jpg
W「さあ、お前の罪を数えろ!」
アクセル「さあ、振り切るぜ!」

(2ショット)
accelz.jpg
accela2.jpg


(総評)

(長所)
赤のカラーリングに光沢があり、
劇中の「アクセル」のイメージをよく再現できていると思います。
よく見てみると、ゴーグルの奥のメカも再現されています。
ゴツゴツしたデザインですが、割と自由にポーズをつけられます。
「アクセルドライバー」の脱着や、「エンジンブレード」の可動ギミックも
再現されているのがうれしかったです。
背中と足の「タイヤ」が回転できるのもいいですね。

(短所)
デザインの関係とはいえ、襟の部分のせいで、
首の可動が制限されるのが残念でした。
また、体に対し、頭が少し大き過ぎて、
アンバランスな感じがしました。

そして今回は何よりも、「バイクフォーム」に変形できないのが残念でした。
まあ、プロポーションを優先させたのでやむをえない気もしますが…
何らかの形で「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアクセル バイクフォーム」
なんていうのも出してほしいですね。
「W」を乗せて劇中のコンビネーションを再現したいですね。


さて、「アクセル」と言えば、魂ウェブ限定で発売予定の
「仮面ライダーアクセルトライアル」も楽しみですね。
そして、「トライアル」変身直前に一瞬だけ登場する
「イエローカラーのアクセル」
も、もしかしたら限定販売されるかもしれませんね。
ただし「東映ヒーローネット」だけはやめてほしいです。
「Rナスカ・ドーパント」を予約受付を開始していますが、
「仮面ライダークウガライジングアルティメット(レッドアイズVer.)」
の購入の際苦い思いをさせられたので、ストレートに予約する気になれません…

それから、間もなく公開される
映画「仮面ライダーW FOREVER A TO Z 運命のガイアメモリ」
での「アクセル」の活躍も期待しています。


それでは今回はこれまで!


(魂ウェブ商店)
プレミアム バンダイ(魂WEB)
bnr_accel_02_fix.jpg


(楽天)
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント

<FC2 BLOG の HTTPS 対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます