SD∞ ニルヴァーシュ type ZERO 代行レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

SD∞ ニルヴァーシュ type ZERO 代行レビュー

eureka6.jpg
大変遅く なりましたが、「交響詩篇エウレカセブン」に登場する
「ニル ヴァーシュ type ZERO」が、新ブランド「SD∞」で登場 です。




(希望添 付曲)

『DAYS』 FLOW

『少年ハート』 HOME MADE 家族

『太陽の真ん中へ』 Bivattchee


『sakura』 NIRGILIS



. 「Space Rock」iLL



「交響詩篇エウレカセブン」という作 品に対しては、色々放送 当時思う事がありました。
本作品を個人的に総括すると、「ホラン ド」をはじめとする「口先ば かりの無責任な大人」
達に傷つけられ、苦しめられ、悩まされ続けた主人公「レントン」が、最後には 自分も
「無責任な大人」になって 終わる物語になってしまったような気がします。
テレビ版最終回で、「モーリ ス」「メーテル」「リンク」の3人の子供達を残して
「エウレカ」を救いに向かい、そのまま 戻っては来ませんでした。

「レントン」が「エウレカ」に代わって、「子供達 を自分が守る」
という方向に行かなかったのが残念でした。
コミカライズや小説版では、戦いが終わった世界で、
ちゃんと子供達を引き取って育てていると思しき描写がありましたが…
そう考えると、一番苦労 させられたのは、「レント ン」の祖父の「アクセル」だと思います。
息子の 「アドロック」は「ダイア ン」と「レントン」を残して先に逝き、
「ダイアン」は、「レントン」を残していなくなりました。
最後に 残った「レントン」も、結局「モーリ ス」「メーテル」「リンク」
を残して いなくなりました。

テレビ版の最終回のじれったさは、打ち切り になって尻切れ蜻蛉の形になった
「蒼き流星S.P.T.レイズ ナー」といい勝 負でした。
「機動戦士ガンダム」のキャラクターをデザインした
「安彦良和さん」が本作品の スタッフの力量のなさを指摘した上で、
「『エヴァンゲリオン』の劣化コピーだ!」と酷評し ていました。

長々と作品に対する批評を書きましたが、もちろん いい点もありました。
登場する「LFO」のデザインはかっこよく、「ニル ヴァーシュ」、「ジ・エンド」、
「デビルフィッシュ」等はお気 に入りでした。
オープニ ング曲や劇中で流れるBGM等、音楽も印 象深かったです。
物語についても、「チャー ルズ」と「レイ」の夫婦との戦いの結末は、
とても悲しいながら記憶に残っています。
様々な点で残念な作品だと思います。

前置きが長くなりましたが、レビュー を始めます。


(全体図)
eureka1.jpg
eureka2.jpg
eureka3.jpg
eureka4.jpg


(付属品)
eureka5.jpg
交換用手首(左右各2種・ビー クルモード用1種)リフボード(展開時・収納時)
エフェクトパーツ ブーメランナイフ 台座 支柱


(以下適 当にポーズ等)

※以下の写真には劇中の設定を無視した物 が多々ありますが、
飽くまで趣味で撮影した物なので、ご了承ください


(お決まりのポーズ)
eureka6.jpg

(パンチ)
eureka7.jpg

(セブンスウェル)
eureka8.jpg
eureka9.jpg

(「リフボード」無しで飛行)
eureka10.jpg
※「ニルヴァーシュ」が「ボード」無しで 飛んだのは、
「spec3」と「specV」に進化した時だけです

(キック)
eureka11.jpg


(「リフボード」収納状態で飛行)
eureka12.jpg


(しゃがみこむ「ニルヴァーシュ」)
eureka13.jpg
eureka14.jpg


(ジャンプする「ニルヴァーシュ」)
eureka15.jpg
eureka16.jpg



(「トラパー」に乗って「リフ」をする「ニルヴァーシュ」)
eureka17.jpg



(カットバックドロップターン)
eureka18.jpg
eureka19.jpg
eureka20.jpg
eureka21.jpg
eureka22.jpg
eureka23.jpg
eureka24.jpg
eureka25.jpg
eureka26.jpg




(「ビークルモード」全体図)
eureka27.jpg
eureka28.jpg
eureka29.jpg
eureka30.jpg
eureka31.jpg


(総評)


(長所)
約三頭身 の体型で、ちゃんと 「ビークルモード」に変形できるのがいいです。
「トランスモデル」や「ROBOT魂(spec2のみ変形可)」
では交換式だった「頭部」を付けたまま変形できるのが
うれしかったです。「SD」の体型で
様々なポーズを付けられて楽しかったです。

(短所)
商品の 「サイズ・付属品」と値段が釣り合っていない気がします。
少し高額 過ぎると感じました。
腰をひねろうとするとすぐに外れてしまうのが残念でした。
ビークル」に変形させる際「キャノピー」がなかなか動かず、
少しストレスになりました。

「SDX」に続く、ディフォ ルメ化されたキャラクターの
完成済み可動フィギュアの新シリーズという事で、
期待していました。残念な点 はありましたが、
これから改善される事を希望したいと思います。
今後は「マクロ スF」の「VF-25 メサイア(早乙女アルト機)」
がリリース予定です。ちゃんと
「ファイター」・「ガウォーク」・「バトロイド」
の三段変形が再現されるとの事で楽しみにしています。


それでは 今回はこれまで!



(あみあみ)
SD∞ 交響詩篇エウレカセブン ニルヴァーシュ type ZERO[バンダイ]《発売済・在庫品》
SD∞ マクロスF(フロンティア) VF-25F メサイアバルキリー(アルト機)[バンダイ]《予約商品09月発売》

関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント

<FC2 BLOG の HTTPS 対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます