FC2ブログ

ホットトイズ デッドプール2 デッドプール レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ デッドプール2 デッドプール レビュー

dptop02
遅れましたが、今回はホットトイズ 「デッドプール2」 デッドプール レビューになります。

 






(全体像)
all01all02all03all04
前作に引き続き大ヒットした映画「デッドプール2」に登場したデッドプールのホットトイズ版フィギュアです。衣装のデザインは前作版とあまり変更はないようですがプロポーションはより整えられており、前作版から変更された部分もちゃんと改良されていました。前作版はスーツ全体的にダメージ処理やウェザリング塗装もありましたが、今回のものはそれはなくなっていました。

(各部)
h01h02h03h04
ヘッドの形状はほぼ前作版と同じようですが、首のスーツ部分がより薄く作られている点や、ヘッドをより素体に深く取り付けられるようになっているので、首が前作版より短く見えるようになっていました。


b01 (1)
胸部スーツのデザインは前作版とあまり見た目は変わりませんが、前作版はスーツのつぎ部分は縫い目が大きくて目立っていたのに対して、今作では縫い目が減りより劇中のスーツに近い見栄えになっていました。

b03
脚部分はスーツを含めて前作版とほぼ同じ形状でしたが、ホルスターやベルトなどもしっかりと脚に固定されていました。


te
前作版ではハンドパーツの付け替えでスーツ先端部分が破れてくる不具合がありましたが、今回はジョイント手前で固定されており破れにくく改良されていました。


b05
脚のすねから靴の部分はメタリック塗装になっており、靴の身には少しウェザリング塗装が施されていました。

(オプション)
hands
ハンドは前作版と形状はほぼ同じですが、劇中に合わせて手の甲の部分のカラーがシルバーに変更されていました。

目交換パーツ
me
目のパーツは前作版と同じで、本体付属のものを含めて5種類のパーツが付属します。前作版に付属していた着脱用の磁石は未付属でしたが、パーツは前作版よりも取り外しやすくなっていました。


gun01knife
前作版と同様に、拳銃、ダガーナイフ、手裏剣が付属します。拳銃は同様にスライドやマガジンが取り外しできます。

katana
刀は鞘に納めることができ、鞘は前作同様にマグネットでデッドプールの背中にくっつけることができます。
s01
刀は刀身は前作同様に金属製ですが、先端が少し平たくなりつば上の部分の形状とカラーが変更されていました。

tuka
刀の柄の端にも、文字が再現されていました。

l06l07l09
前作版と同様に、ダガーナイフは左脚、拳銃は左右のホルスターに収納することができました。

att
劇中でミュータントの能力を抑制する首輪も付属します。

dp42
首輪は一か所が外れるようになっており、デッドプールの首にセットすることができます。

sh02sh01
Xmen見習いとして行動していた際にに身に着けていた専用シャツです。前方にはXmenのマークがあり、背中には劇中通りトレイニー(見習い)と書かれていました。シャツは左側部分がマジックテープで開閉が可能で、右側からデッドプールに着せることができます。


dp36dp35dp33
シャツを着せた後、刀の鞘を背中にマグネットで張り付けます。劇中のようにシャツをまくり上げた状態に無理やり鞘をくっつけることもできますが、見栄えがあまりよくないのでやめたほうがいいかもしれません。

op
そのほかにボタンとジョイント2個が付属します。

asiasi02
劇中でも一瞬出てきたハイヒールも付属しており交換が可能です。ただ通常の靴にジョイントがしっかりと接続してあるので、それを取り外すのが結構面倒でした。

uni045uni10

uni04uni05
映画宣伝ポスターに登場したユニコーンのぬいぐるみも付属し、劇中のように生地ではできていませんでしたが大きくイメージを損なわず立体化されていました。

hanger
シャツをかけるためのハンガーも付属します。 バックボードの棚の端などにシャツと一緒にかけることができます。

バックボード
b01
今回のバックボードは3つの棚が設置でき、そこにオプションパーツなどを並べでディスプレイすることができます。ただ私の購入分では左右の接続する板が初めから曲がっていたのが気になりました。

houuraura02
デッドプールのマークがあしらわれた磁石は、刀の鞘をボードに設置する際にボード裏側に使用することで鞘をボードにしっかりと固定できます。

スタンド
stand01
スタンドは前作版のようにダイナミックスタンドではなく、台座はアベンジャーズインフィニティウォーと形状は同じでそこにフレキシブルピラーの支柱がつけられたものになっていました。ほかのフィギュアと同様に、支柱のクリップにデッドプールを取り付けてジャンプした状態などでのディスプレイが可能です。

stand02
台座上部にはデッドプール2のデザインが描かれており、支柱の基部は初めから台座に接着されていました。そのため、ホームカミングスパイディの台座のように、根元が外れたり破損しにくくなっていました。


(可動性)
a01a02a04
頭部の首が一体なので分割してあるものに比べると可動域は狭いですが、左右は狭いものの前後はそこそこの可動域がありました。

a06
腕は説明書どおりに45度上に上げることができます。


a08
一方前方からだと約120度ほど上に上げることができました。ただこれ以上上げるとわきのスーツに負担がかかりそうなので注意が必要です。

a09
肘は約120度曲げることができます。

a10 (1)a10a12
胴体は前後には可動域が広く前方には約45度、後方には35度ほど曲げることができ、左右も45度ほど回転が可能でした。

a20
脚は前方には90度、膝は120度、足首は前後左右に可動域があり可動性は高かったです。

a24
左右は説明書通り45度ほど開脚が可能でした。もう少し開けそうでしたが、スーツが伸びて戻らなくなる可能性もあるので注意が必要でした。




(そのほか)
dp02dp03dp07dp40dp01katana (1)dp30katana03dp04
デッドプールが能力者を集めて結成した「エックスフォース」のポーズ。某ワンダーウーマンや某ワカンダフォーエバーのパクリとの疑いがありますが、せっかくパクったこのポーズもチーム自体がすぐに・・・。

dp20
dp21dp22
dp28

dp31dp30 (1)dp39dp43dp44dp51dp50 (1)dplastdplockdpokdp50 dpsj
以上、ホットトイズ 「デッドプール2」デッドプール レビューでした。

(総評)
良かったところ
本体のスーツは形状が前作版よりも細かく再現され、変更点もしっかりと改良されていた
可動性は高めで、戦闘からふざけたポーズまで再現が可能
前作版のパーツに加えてバックボードの棚などにより、ディスプレイの幅はより広がった

気になったところ
ヘッドと首可動域などの改良があればさらに良かった

今回のフィギュアは劇中でも前作版からスーツデザインの変更がなかったこともあり改良版に近い感じでしたが、スーツの形状やカラー、刀の形状、手首のスーツ改善、スタンドなど細かい部分まで改良されていました。可動性だけでなく目や手の多数の交換パーツにより、前作版同様に様々なポーズへの対応が可能でした。そして前作版にはなかった棚があるバックボードにより、使用していない付属品なども利用してディスプレイできるようになりました。気になったことはヘッドは前作版と形状は同じなので、ヘッドと首を分割して可動性が上がればよりポーズの幅が広がるので次は検討してほしいですね。

前作版の不満点が改善されたものも多いので、今から買うならばこの2バージョンのほうが良いと思います。ただ、前作も今作版もウェイド・ウィルソンのヘッドが付属していないので、素顔付属の決定版はまだ先になりそうですね。デッドプールは次の3作目も製作が期待されますが、3作目に出すならば素顔ヘッド付属のものを、そして今回出なかったケーブルなどほかのフィギュアも出してほしいですね。

それでは今回はこれにて。


ホットトイズ 『デッドプール2』デッドプール(駿河屋) (楽天)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

-->

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます