FC2ブログ

バンダイ S.H.フィギュアーツ ウルトラマンエックス ゴモラアーマー レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

バンダイ S.H.フィギュアーツ ウルトラマンエックス ゴモラアーマー レビュー

ultraxtop
今回は、バンダイ S.H.フィギュアーツ ウルトラマンエックス ゴモラアーマー レビューになります。





(全体像)

x01b20x02x04 
ウルトラマンXは体型はサンプル写真から目立った変更はなく作られており、オーブやジードとは異なる鎧のような形状の胸部や肩のデザインもよく再現されていました。身体のカラーは劇中よりは光沢はないものの、少し怪しいところはありましたが許容範囲の塗装品質になっていました。
(各部)
top01top02top03top05top06top08
顔部分のデザインは劇中と違和感なく作られており、側面も耳にヘッドホンを着けたような特殊な形状をよく造形していました。目が劇中とは違って外側が少し暗く見えますが、形状はほぼスーツに近く再現されていました。

body01
body02
胸部にはほかのウルトラマンとは大きく形状が異なるエックスカラータイマーがブルーのクリアーパーツを使用して再現されており、周辺の形状も隙間はありますがおおむねは劇中スーツに準拠した造形になっていました。

body05
腹部から腰、脚にかけても、レッドやグレーのラインが劇中スーツのデザインから違和感なく見えるように施されていました。

leg01
脚も同様にスーツのラインを、分割パーツが使用されているにもかかわらず違和感なく見えるように再現されていました。

back01back02back03
背面も背中中央部分でスーツのデザインと少し違うところはあるようですが、そのほかはほぼスーツに準じたカラー塗装が施されていました。

(オプション)
op01
ハンドは本体付属の握り手に加えて、平手が二種類左右付属します。ただもう一組くらいあればよかったかも。

timer
胸部のエックスカラータイマーは、レッドに発光している状態にもパーツ交換で再現できます。カラータイマーはしっかりとアーマーにセットできますが、取り外す際には胸パーツごと取り外して細いもので後ろからカラータイマーを押し出して外すほうが破損せず安全に交換できます。

ゴモラアーマーパーツ
op02 ac21
ゴモラアーマー肩部パーツ×2です。アーマーはウルトラマンXの肩パーツを外して取り付けます。 肩パーツは接続部分を引き出してからのほうが接続させやすかったです。


op03 
胸部アーマーも、ウルトラマンXのカラータイマーと背中のパーツを取り外して取り付けます。

op05
armor
左右の腕用アーマーは中の先端にウルトラマンの手首を接続することができ、左右ともに腕にしっかりと取り付けることができます。アーマーパーツは本体よりも塗装品質も良く、形状もサンプルから劣化せずに仕上がっていました。 


装備状態
ga01ga02ga05ga04
アーマーを胸部、肩、腕に取り付けてウルトラマンXゴモラアーマーが再現できます。アーマーと本体との大きさのバランスもサンプル画像から悪くなった点はほぼなく作られており、本体の各関節などが適度の硬さがあることもあり、腕を動かした際の保持力や安定して自立させることが可能でした。

ac20 (1)
首回りや肩は若干可動域は狭くなりますがポーズは割ととりやすく、パーツも肩以外はしっかりと本体に接続できるので動かす際もさほどストレスなく動かすことができました。

(可動性)
ac01
ヘッドは左右には首と合わせて約90度ほど回転できました。
ac02
後ろにはジードなどと同じく動きに合わせて突起が引っ込むので、50度ほど上に動かすことができました。

ac28
前方にもかなり前までヘッドを動かすことができ、あごをしっかりと引くことができました。


ac13
ひじは約120度以上曲げることができました。
ac10
ac03 ac24
腕は前後には360度回転が可能で、左右にも肩パーツを上にせり上げることによって90度以上動かすことができました。
ac07
ac06ac09
胸部パーツが腕に干渉しますが、肩は前方に引き出すことができ可動域を拡大させることができます。

ac16ac18ac19
胴体は前後にも大きく動かせ、左右にも40度ほど回転が可能でした。

ac20
脚は左右にあわせて150度ほど開脚が可能で、足首も前後左右に可動域が広く接地性も高かったです。ただ、脚を左右に動かす際には太もも上部のパーツと腰パーツが当たって傷がつく可能性が高いので、動かす際は注意が必要でした。

ac22ac23
脚は前方には90度、膝は120度、つま先は約30度ほど上にはね上げることができました。ただジードと同じく、太もも上部は腰パーツにあたって傷がつくのが残念でした。


(そのほか)
op
b11 b10p01p05p06fly02fly01
b02kick01b01p06 (1)b03b04b06b07b08b09za02za01
ザナディウム光線のエフェクトパーツなどはないので、形状は違いますが魂エフェクトで代用。

gaz01b12b14b15 (1)b15b18b19 ultraxtopgomora01xorbzeed
ニュージェネレーションウルトラマンで発売済みのフィギュアーツはオーブ、X、ジードになります。これに次はロッソとブルが加わりますが、ギンガ、ビクトリーも出てほしいですね。

gomora02
以上、バンダイ S.H.フィギュアーツ ウルトラマンX ゴモラアーマー レビューでした。


(総評)
良かったところ
全身の造形、プロポーションやカラーリングも劇中に近くサンプルから劣化少なく再現
本体の可動性は良く、アーマー装着時でも一部を除きかなり高い
ゴモラアーマーはしっかりと本体に接続でき、動かす際にストレスなく動かせる

気になったところ
ジードほどではないものの、脚を動かす際に太もも部分にキズがつきやすい

今回のウルトラマンXはフィギュアーツブランドではウルトラシリーズニュージェネレーションとしてオーブ、ジードに続いての発売でしたが、本体の造形、カラーリングも劇中に近く再現されており、可動性も高いこともあり劇中の多数ポーズに対応可能でした。またゴモラアーマーも形状はほぼ問題ないうえに本体にしっかりと接続できるので、アーマーを着けたままストレスなく動かすことができました。
気になった点は、ジードほどではないですが脚を動かす際に太もも上部にキズが付きやすいというところでした。あとは脚も前方に90度以上動かすことができる改良も今後あればよいと思いました。あとはザナディウム光線エフェクトもあるとよりよかったですね。

造形、カラーリング、可動性も良く、通常、ゴモラアーマーへ装着状態も再現できるので、ウルトラマンXの可動フィギュアとしては現時点では完成度は高いのでお勧めできる出来だと思います。このセットではゴモラアーマーのみでしたが、出来が良いのでエレキング、ベムスター、ゼットン、ゼロ、ハイブリッドアーマーなどが再現できるセット等の発売が期待されます。

発売予定では次はゼロビヨンドが魂ウェブ商店で、通常販売ではウルトラマンロッソフレイム、ブルアクアが控えていますが、サンプル展示ではウルトラマンゼロ、ベリアル、ルーブなども控えており、エックスもアーマーセットやエクシードXなどの展開が広がってほしいですね。

 

それでは今回はこれにて。


【特典】S.H.フィギュアーツ ウルトラマンロッソ フレイム(あみあみ)
【特典】S.H.フィギュアーツ ウルトラマンブル アクア(あみあみ)
S.H.フィギュアーツ ウルトラマンR/B(ルーブ) ウルトラマンロッソ ウインド(amazon)
S.H.フィギュアーツ ウルトラマンR/B(ルーブ) ウルトラマンブル グランド (amazon)
S.H.Figuarts ウルトラマンオーブダーク(抽選販売)
S.H.Figuarts ウルトラマンロッソ グランド(魂ウェブ商店)
S.H.Figuarts ウルトラマンブル ウインド(魂ウェブ商店)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

-->

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます