ホットトイズ ターミネーター2 T-1000(サラ・コナー変形版) レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ ターミネーター2 T-1000(サラ・コナー変形版) レビュー

sarah3dash.jpg
今回は、東京おもちゃショー2010で限定300体販売された
ホットトイズ ターミネーター2 T-1000(サラ・コナー変形版)のレビューです。

このフィギュアは、日本では「東京おもちゃショー2010」で300体限定で販売されたもので、 T-1000とは言いながら実際は前に出たサラ・コナーの変形版になっています。
前に出たサラ・コナーは劇中でサイバーダイン社の技術者(研究者?)であるダイソンの襲撃時のイメージだったのに対して、こちらはダイソン宅後半とサイバーダイン社研究所襲撃時からエンディングまでのサラのイメージを再現しています。
劇中での鬼気迫る状況を再現しているのかどうかがポイントだと思います。

(全体像)
sarah101.jpg
sarah102.jpg
sarah103.jpg
sarahaaaaaa.jpg
全体的なプロポーションは、女性用素体を使用しているので問題ないと思います。
服や装備等しっかりと作られています。
(顔拡大)
sarah7.jpg
sarah6.jpg
sarah8.jpg
後半の戦闘の鬼気迫る表情をよくあらわしている思います。顔に流れる血ペイントで再現され、見えにくくてすいませんが、口の中の歯もちゃんと再現されています。
私としては通常版よりもこちらのほうがいいと思います。

(上半身拡大)
sarah5.jpg
sarah11.jpg
サラの戦闘服も、細かく作られています。ベルト等は自由に着脱することができます。
sarah9.jpg
腰にはコンバットナイフの鞘をセットすることができます。ただ、ベルトに通すのが若干めんどうです。
(髪の毛)
sarah13.jpg
他のホットトイズのフィギュアとは違い、このフィギュアは頭髪が植毛されています。そのため、通常のヘッドよりもリアルな髪型をアレンジすることができます。説明書には、整髪料などを使用して劇中に近い髪型を再現できるとあります。ただ私の場合、男用の整髪料しかもたない上に、髪の毛を固めないほうがいろいろな状態を再現できると思ったため、処理はしてないです。劇中のような髪型にするのかは、購入者の好みによりけりですね。
(足)
sarah10.jpg
足は、ブーツ型であり足首の可動が制限されています。しかし、靴の紐を通すところの金属部分が金色で塗られているなど細やかに塗装されています。

(可動性)
sarah14.jpg
sarah15.jpg
腕の可動性は、写真よりも大きく肘が100度、腕は前後が制限なし、水平には80度まで開くことができます。ただ、肘の可動部分は固めです。
可動性
(首の可動)
sarahead1.jpg
sarahead2.jpg
sarahead3.jpg
首と頭の接続部の可動は全方向にありますが、可動角度は小さいです。しかし、ボディの首パーツが良く動くため、頭全体の可動性はかなり高いです。
(足の可動)
sarah106.jpg
ブーツのため足首の可動が制限されていますが、他はおおむね良好だと思います。ただし、しゃがんだポーズは足首の可動性が制限されているためT-800同様とりにくいです。

(手等オプション)
sarahF.jpg
手パーツ6種類、手パーツ接続部スペア2つ、T-1000ダメージ用パーツ2個タバコなど

(武器類)
ショットガン
sarahL.jpg
sarahK.jpg
劇中では、T-1000をあと一歩というところまで追い詰めた、レミントン870です。銃の上部分が上方に可動し、セットされている銃弾はそれぞれ外すことができます。あとは、銃下部部分が可動します。
拳銃
sarahI.jpg
sarahH.jpg
拳銃は、T-800のものと違い、全体的にシルバーっぽいデザインになっています。 T-800のものと同様、マガジンの取り外しと上部スライドが可能です。
コンバットナイフ
sarahlast.jpg
鞘付のコンバットナイフです。ナイフの刀身は光沢がよく再現されており、柄の部分の木目もきれいに再現されています。

タバコ
sarah19.jpg
劇中でもサラが吸っていたタバコも付属しています。タバコ専用の持ち手があるのでタバコを吸っているシーンも再現できます。

(T-1000ダメージヘッド)

t1000head1.jpg
sarahN.jpg
sarahO.jpg
sarahQ.jpg
このフィギュアのもう一つの目玉でもある、T-1000のダメージヘッドです。劇中での頭部への銃撃のダメージが回復しきらない状態のT-1000の状態をよく再現しています。顔の造形はおおむねよく作られており、顔のダメージ穴の中もちゃんとシルバーで塗装されています。

(サラ擬態T-1000)
sarahP.jpg
sarahR.jpg
胸にダメージパーツを取り付けることにより、T-1000が擬態したサラを再現できます。胸の部分に金属プレートが入っているため、マグネットでダメージパーツをつけることができます。

(擬態T-1000用ディスプレイ)
sarahS.jpg
劇中で、ジョンがT-1000の擬態を見破った一因であるこの足部分も再現されています。ただ、このディスプレイが付いているため、通常のホットトイズフィギュアに付いているスタンドは付属してしません。

(ディスプレイ)
sarahT.jpg
ディスプレイは、擬態足の部分に四つのパーツを接続することでより大きいディスプレイ台にすることができます。四つのパーツのみでも台を構築でき、通常版サラのディスプレイとして使用することができます。


(適当にポーズ)
sarahA.jpg
sarahD.jpg
sarah1.jpg
sarah2.jpg
sarahE.jpg
sarah3dash.jpg
sarah20dash.jpg
sarah4.jpg
sarah16.jpg
sarah17.jpg
sarah18.jpg
(T-800と共に)
sarahC.jpg
sarahB.jpg



(総評)
(良い点)
劇中の鬼気迫る表情をよく再現している
胸から腹にかけてT-1000の弾痕パーツをセットすることができる
武器のギミック等は相変わらず良く作りこまれている
T-1000のダメージヘッドが付属している
悪い点
日本での販売形態
可動性は全般的に良いが、しゃがんだポーズはとりづらい
腕の関節がシームレスになっている部分が硬い
サラ・コナーの1/6フィギュアとしては文句ない出来だと思います。劇中での後半の激戦の際の状態をよく再現しています。さらに、T-1000が化けたサラの商品であるため、胸から腹にかけて弾痕パーツの取り付けが可能であったり、劇中での床と同化したスタンドセットがあるなどサラと擬態T-1000の両方をよく再現することができます。また、T-1000ボーナスヘッドも弾の貫通部分の銀塗装もしっかり塗られておりよく作られています。
ただ、このフィギュアの問題なのは、おもちゃショー限定での販売形態です。関東在住の人ならいいですが、それ以外の人では平日に会場に行くことも難しくオークション等でもプレミアがついてしまい、地方在住者は購入コストが非常に高いです。これについてはメーカーの販売形態の改善を強く要請したいです。あとは大した問題ではないのですが、しゃがんだ状態で自立するのはT-800と同様難しいのと、腕のシームレスの部分が硬いということです。
フィギュアとしては良くできており、ターミネーター2の最終決戦を再現できるので私としては通常版サラよりもおすすめできるフィギュアだと思います。 T-1000のヘッドパーツが目当ての人も多いと思いますが、サラ自体のフィギュアとしても十分な出来だと思います。 ただ、販売形態が特殊なため、高い価格でしか現在は手に入らないのが残念です。しかし、オークション等での値段も下がってきているので欲しい方はこれから購入されるほうがいいかもしれません。
私としては、T-1000本体が発売した際には、このサラフィギュアを使って最終戦のシーンを是非再現したいですね!このフィギュアはT-1000ヘッドパーツとともに T-1000のレビューでも使用する予定です。
それでは今回はこれにて。

(関連レビュー)
ホットトイズ ターミネーター2 T-800 レビュー前編
ホットトイズ ターミネーター2 T-800 レビュー後編

関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

<FC2 BLOG の HTTPS 対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます