ホットトイズ スターウォーズ Ep8 最後のジェダイ カイロ・レン レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ スターウォーズ Ep8 最後のジェダイ カイロ・レン レビュー


len01
今回は遅れましたが、ホットトイズ スターウォーズ Ep8 最後のジェダイ カイロ・レンのレビューになります。

 



 

(全体像)
top01top02top04 back100
ホットトイズより、映画「スターウォーズ Ep8 最後のジェダイ」版のカイロ・レンが発売。前作版はマスクのみで素顔のヘッドはありませんが今回は付属し、交換用ヘッドとして前回のマスクヘッドが付属します。素体は高身長かつ細身の素体が使用され、衣装は前作版のフードが付いたコートではなく、チュニック、ベルト、ブーツなどの服装になっていました。

 

(各部)
ren01ren02ren03 head100
ヘッドは演じるアダム・ドライバー氏本人よりも少し精悍にも見えますが十分に本人に近く造形されており、完全ではないもののかおのほくろまで概ね再現されていました。前作でレイのライトセイバーの斬撃での傷は劇中設定どおりに移動されており、最後のジェダイでの右目上から首にかけてのキズがしっかりと造形及び塗装されていました。


p02p01p03 
胸部は全面は横や斜めの折り柄のついたチュニック丈の衣装を着ており、腕部分の衣装も前作版とは違うデザインをよく再現していました。前作版と同様にベルトは正面のバックル部分があり、右側にライトセイバー柄をセットする接続部分がセットされていました。


ashi02 
パンツはブラックの少し光沢のある生地を使用しており、ブーツは光沢及び汚し塗装がしっかりと施されていました。

ashi01
脚後ろも同様に縫製等にも問題なく仕上がっていました。

 

(オプション)
hands
ハンドは開き手が本体に左右付属し、それ以外は握り、ライトセイバー持ち手が左右、フォース発動時の手は左のみ付属します。

ライトセイバー
saber01
ライトセイバーの形状は前作版とほぼ同じようですが、塗装が変更されて質感が向上していました。

kosi
柄は前作版と同様に、ベルト右の接続部にセットすることができます。


saber02
ライトアップ対応ライトセイバーは右腕ごと交換して使用します。ただ私の購入分では、ライトアップが中央の刀身にいきわたらずあまり発光はよくありませんでした。 確か前作版もこうだったと思うので、最終作版ではレイたちのように刃全体に光がいきわたって発光できるようにしてほしいですね。

カイロレン交換用ヘッド
head01
head02head03head04
headop
前作版のマスクは首パーツとともに付属し、本体に交換して接続することができます。ただ前作のコートは付属していないので、交換可能であればさらによかったですね。

 

ケープ
cape01

co01co02 
劇中で身に着けていたケープが付属し、表面の劣化したような加工もしっかり施されていました。ケープはマグネットで本体背中に固定でき、両肩に掛ける感じで着せることができます。
ただケープは肩部分は固定できないので、腕を大きく動かした際には肩から外れてしまうのが残念でした。


スタンド
stand01stand02stand03
スタンドには二種類のカードが付属し一つはファーストオーダーの施設内、もう一つはカイロレンがあしらわれたものになっていました。

 

(可動性)
a01a04cairo01
ヘッドは首と一体型のため、襟の干渉もあり前後左右に可動域は少しでした。左右の回転は問題なくすることができました。

a05a07
腰は少し衣装の干渉はありますが、前後に少し動かすことができました。

a09
腰は脚を左右45度回転することができます。

a10
脚は前方には90度、後ろには30度ほど動かせ、膝は約120度ほど曲がりました。

a11
脚は左右には85度ほどまで開くのが限界で、足首はブーツの素材が固いため可動域がほとんどないので接地性は悪かったです。

(そのほか)
kren17kren16 (1)kren16

kren20 (1)kren25kren23kren22


ren01 (1)kren10kren20kren02kren13kren15kren12klen11kren01 
レイ共闘だが
reiandren02reiandren

dats01
ブースの広さの関係上やたら近くなりましたが、ライトセイバーの取り合い風で

len01
以上、ホットトイズ スターウォーズ Ep8 最後のジェダイ カイロ・レン レビューでした。

(総評)
良かったところ
ヘッドは演じるアダム・ドライバー氏の顔を少し精悍だがよく似ていた
マスクヘッドが付属し、ケープも合わせて衣装のバリエーションが増えた
一部動きにくいところもあるが、可動性は高めなのでしゃがんだポーズなどもなんとかとれる

気になったところ

ライトセイバーライトアップがあまり改善されていない

前作版のカイロレンはマスク姿の再現はよくできていましたが素顔が付かないのが残念だったので、今回は素顔付きということも期待して購入しました。顔つきは劇中よりも精悍ですが本人によく似て造形塗装されており、アダム・ドライバー氏の初めてのヘッド立体化でしたが良い出来だと思いました。ほかにも、マスクヘッドやケープが付属し、前作版と比べて衣装のバリエーションがあるのも良かった点だと思います。可動性も一部を除き高めなので、ポージングの幅は広めでした。

一方気になったのは、特殊な形状のライトセイバーということもありますが、今回のライトアップ機能でも左右はそこそこライトアップされましたが真ん中はあまりライトアップできていませんでした。Ep9版も多分出ると思うので、その際は全体的にライトアップできるように改良してほしいですね。

今回のフィギュアは素顔やケープにより前作版と違って衣装のバリエーションがあるので、前作版で素顔がなくて物足りなかった人などは購入を検討してもいいと思います。Ep8からは今後はルークのクレイト版がリリース予定ですが、それをもってこのシリーズのホットトイズ発売予定は終了と思われます。そして来年12月に公開予定の最終作Ep9でもホットトイズはレイやカイロレンは少なくとも発売すると思うので、いままでの製作経験をふまえて最終版にふさわしい完成度のフィギュアのリリースに期待したいですね。

それでは今回はこれにて。


カイロ・レン 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(駿河屋)
ルーク・スカイウォーカー(クレイト版) 「最後のジェダイ」 ホットトイズ(駿河屋)
レイア・オーガナ 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」 (駿河屋)
ルーク・スカイウォーカー 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」 (駿河屋)

関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
まとめ