ホットトイズ コミコン2018限定 「ブラック・パンサー」 ティ・チャカ レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ コミコン2018限定 「ブラック・パンサー」 ティ・チャカ レビュー

ka01
今回は、ホットトイズ コミコン2018限定 ブラック・パンサー ティ・チャカ レビューです。



 

(全体像)
cha01cha02cha03cha04
「キャプテンアメリカ シビルウォー」に登場した、ワカンダ国王ティ・チャカが、かつて身に着けていたブラックパンサーのスーツ姿のフィギュアです。ティ・チャカはシビルウォー劇中で暗殺されてしまい、その犯人をウィンターソルジャー(バッキー)と思い込んだティ・チャラ(ブラックパンサー)が、敵をとるべくシビルウォーに参戦することになります。

衣装はブラックパンサーに似ていますが、シルバーの部分がゴールドカラーになっており、顔もティチャカ版よりも丸みを帯びたデザインになっています。胴体にはワカンダのサッシュを巻いており、太もも部分のパンツもティチャカと異なっていました。

h01h02h03h06h07h08
ヘッドはティチャラのブラックパンサーとは形状が異なっており、ゴールドのラインが正面、側面に引かれたデザインになっています。 劇中のスーツのほうがゴールドのラインや目がメッキのような光沢だったのは再現されていませんでしたが、形状はそこそこ似ていると思います。

b01b02
胸部は首の飾りやスーツの模様などは、シビルウォー版ブラックパンサーと同じですが、首飾りはシャープな形状で光沢の強いゴールドメッキ仕様になっていました。
ar06
ar01
腕部分のスーツもブラックパンサーと同じですが、腕輪はゴールドメッキが施されていました。


ar02ar03
左腕にはブレスレットのキモヨビーズが着脱可能で装備できます。

 

b03b04
胸部から腰にかけてのワカンダのサッシュはアフリカ伝統様の幾何学的なデザインを詳細に再現しており、腰の縄や側面の結び目など詳細に作られていました。

kosi01kosi02
腰のひもやタグ(?)なども詳細に作られており、腰のポシェット様袋や複雑なデザインも再現されていました。

le01
脚ふともも部分はティチャラとは違ってパンツになっており、左右にバンドが取り付けられていました。


le02
ひざより下はテイチャラと同じスーツとなっており、足部分の爪も造形は同じようですがカラーがゴールドに変更されていました。

 

 

(オプションパーツ)
hands
ハンドパーツは本体の握りに加えて、開き二種類が付属します。

st01
スタンドは通常の支柱のものが付属し、台座は形状はインフィニティウォー版と同様の形状でした。

st02
台座には映画のロゴとシンボルマークがあしらわれており、デザイン透かし彫りされた複雑なデザインになっており、なかなかかっこよく仕上がっていました。

(可動性)
a01a02
ヘッドと首は分割されているので、前後には大きく動かすことができます。

a03a04
首も動かせることにより、ヘッドを傾けたり左右への回転も容易に行うことができました。

 

a07
腕は左右には90度上がり、前方にも引き出しはできませんがまっすぐ伸ばすことができました。

a09
腕は肩を軸に90度ほど回転でき、ひじは約100度ほど曲げることができます。

ude01
腕は真上に上げることができますが、結構スーツが引っ張られるのでそのままにしておくと伸びそうなので注意が必要です。


a10a13
ティチャラほどではありませんが、前後にもかなりの可動域がありました。


a14
左右には45度ほど回転が可能でした。

a17
脚は前方には45度ほどまでしか上がりませんでしたが、ひざは120度ほど曲げられ足も前後に可動域が十分にありました。

a18
脚は左右にはあわせて90度弱開くことができ、足は左右の可動域も高いので接地性は高めでした。


(そのほか)
tc02
ka02 


tc13tc15tc16

tc01tc04tc06tc07 (1)tc07tc09tc10

tc20
以上、ホットトイズ ブラックパンサー ティ・チャカ レビューでした。

(総評)
よかったところ
ボディは基本はシビルウォーブラックパンサーと同じだが、ヘッド、ゴールドメッキ、サッシュ、太もものパンツなどによりよく差別化
ゴールドメッキは光沢の強く、サッシュは複雑なデザインを見事に再現

気になったところ
可動性はシビルウォーのブラックパンサーほどではない
劇中場面が少なく、オプションパーツも少なめ

本体はテシビルウォーのブラックパンサーと同じ部分が多いですが、ヘッド、ゴールドメッキ、太もも部分のパンツ、そして肩から腰にかけてのワカンダのサッシュによりティチャラとかなり差別化できていました。サッシュは幾何学模様やベルト(?)なども詳細に作られており、ゴールドメッキも光沢が強く、見栄えはかなり良く見えました。
気になったのは、サッシュなどにより腰、脚も可動域がティチャラより狭くなり、劇中場面が少ないせいもありオプションパーツは少なめだった点です。
ティチャラほど可動性がないのが残念ですが、見た目はシビルウォーブラックパンサーとちゃんと差別化されていました。もともと劇中場面が少ないこともあり、ティチャラやキルモンガーと比べると目立ちませんでしたが、定価販売とオプションが少ないことが許せるなら欲しい人は購入を検討してもよい出来だと思います。

今後ホットトイズからはブラックパンサー(ティチャラ)、キルモンガー、シュリ、スローンなどが発売予定です。特にブラックパンサーはインフィニティウォーにも参戦していたので、アベンジャーズとともにディスプレイしたいですね。

それでは今回はこれにて。

 


ホットトイズ ティ・チャカ(トイサピエンス)
ホットトイズ ブラックパンサー(駿河屋)(楽天)
ホットトイズ エリック・キルモンガー(楽天) (駿河屋)
ホットトイズ ブラックパンサーシュリ (楽天) (ヤフー)(駿河屋)
ホットトイズ アクセサリー・コレクション ワカンダの玉座(楽天) (ヤフー)

関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
まとめ