G.E.M.シリーズ ゲゲゲの鬼太郎 鬼太郎&ねこ娘 すねこすり付きセット (ねこ娘)ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

G.E.M.シリーズ ゲゲゲの鬼太郎 鬼太郎&ねこ娘 すねこすり付きセット (ねこ娘)ミニレビュー

ねこ娘09
今回はG.E.M.シリーズ ゲゲゲの鬼太郎 鬼太郎&ねこ娘 すねこすり付きセット (ねこ娘)ミニレビューです。



前編(鬼太郎&すねこすり)はこちら
G.E.M.シリーズ ゲゲゲの鬼太郎 鬼太郎&ねこ娘 すねこすり付きセット (鬼太郎&すねこすり)ミニレビュー



(全体像)
last01last02last03last06last08last10
2019年5月現在放送中の「ゲゲゲの鬼太郎」第六期に登場するねこ娘のメガハウスからのフィギュアです。いままではプレミアムバンダイ限定のHG GIRLSで2体、プライズで一体のフィギュアが発売(もしくは発売予定)されています。G.E.Mのねこ娘は劇中の妖怪能力を発動させるときのポーズでフィギュア化されています。大きさは立ったポーズでも以前レビューしたプライズ版よりも小さいですが、顔の再現、各部の造形や塗装に関しては今まで発売されたものの中ではかなり品質が高く仕上がっていました。ピンクのワンピースのカラーはHG GIRLS版よりも少し明るく、肌の色はわずかですがこちらのほうが白く塗装されていました。




(各部)

lastf01lastf03lastf05lastf06

aa01aa02
顔の造形はほぼどの方向から見ても破綻はなく、表情もアニメ劇中にもっとも近く見えます。プライズ版も顔の再現は良いほうでしたが、塗装がしっかりしていることもありこちらのほうがクオリティは高く見えます。


lastf07
頭には大きなリボンも再現され、右になびいた形状で造形されていました。

 

te01te02
服の腕部分にはしわが再現されており、指先の爪部分に光沢ある塗装が施されていました。

front
胸部分のブローチも再現

skirt
ワンピースのスカート部分は能力発動に伴う空気の乱れ(?)によってたなびく状態を再現。

asi01asi02
asi04
脚のバンドやハイヒールの塗装もプライズ版のような乱れもなくきれいな仕上がりでした。


(オプション)
c01
両腕の服の袖から先部分、フェイスパーツを交換することにより、戦闘モードの状態を再現することができます。

c03c05c02
戦闘モードでは、指先の爪が長く伸びた状態になっており、伸びた爪も通常状態と同じく光沢が加えられた塗装が施されていました。

c10c12c13c15c16
能力発動状態の表情です。目のプリントや眉毛なども綺麗に施されており、口は造形で食いしばった歯の形状を再現していました。劇中イメージに近い戦闘状態の表情を再現していました。

(台座)
stage
猫娘を載せてディスプレイできる台座が付属します。デザインは鬼太郎のものとほぼ同じですが、レッドのクリアー素材で作られており大きさも直径は14.8センチありました。


(そのほか)
ねこ娘01ねこ娘02ねこ娘03ねこ娘04ねこ娘09ねこ娘11

戦闘モードで

b01b03b04b06b08

顔は通常で爪は戦闘モードで
n02n03

鬼太郎、すねこすりと
set01set02

set05set06
劇中では一度消滅して子供化したりしていましたが、現在は元の姿にも戻ったようなのでファンは一安心でしたね。ただ子供状態のほうをもう少し続けてほしかったという人も少なからずいたようですが、また登場機会やフィギュア化もあるかもしれませんね。

以上、G.E.M.シリーズ ゲゲゲの鬼太郎 鬼太郎&ねこ娘 すねこすり付きセット (ねこ娘)レビューでした。



(総評)
今回はねこ娘のフィギュアになりますが、鬼太郎と比べて動きのあるポーズということもあり、見た目の迫力はこちらのほうが上でした。顔や各部の造形なども問題なく、塗装は少し乱れているところもありましたが値段も高いこともあり今まで出たねこ娘のフィギュアの中でも品質及び完成度もかなり高かったです。鬼太郎もヘッドパーツを交換できますが、こちらはヘッドと両手を付け替えることによって能力発動戦闘モードに換装でき、ポーズは変わらないもののかなり見た目も変わる点が良かったと思います。

今まで出たフィギュアの中では高額なほうですがその分完成度も高く換装可能でもあるので、第六期のねこ娘のフィギュアが欲しい人なら満足できるのではないかと思われます。

この後の鬼太郎関連フィギュアは、HGGIRLねこ娘(花嫁バージョン)と今月に今回の猫娘と同じくメガハウスから同スケールでまなが発売されます。ただ一方で主人公である鬼太郎のフィギュア発売予定は出ていないのですが、正直なところハイターゲット向けとしては鬼太郎よりも猫姉さんのほうが需要があるそうで・・・。もし猫むすめが可動フィギュア化される際には、それに乗じて鬼太郎も一緒に出てほしいですね。

それでは今回はこれにて。



ゲゲゲの鬼太郎フィギュア各種(プレミアムバンダイ)(あみあみ)


(関連レビュー)
バンダイスピリッツ HG GIRLS ねこ娘(ウェディングドレスVer.)
バンダイ HG GIRLS ねこ娘
バンプレスト ゲゲゲの鬼太郎 GLITTER&GLAMOURS -NEKOMUSUME-
バンダイ HG GIRLS 犬山まな
G.E.M.シリーズ ゲゲゲの鬼太郎 鬼太郎&ねこ娘 すねこすり付きセット (鬼太郎&すねこすり)

関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます