バンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ ウルトラマンベリアル レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

バンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ ウルトラマンベリアル レビュー

d04
今回はバンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ ウルトラマンベリアルレビューです。

 



(全体像)
v01v02v03v04
バンダスピリッツより、映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」に登場するウルトラマンベリアルのS.H.フィギュアーツブランドで発売されました。ベリアル自体は以前ULTRA-ACTブランドで通常とカイザーベリアル等がリリースされていました。それらと比べると体型はよりがっしりとして前かがみになり、劇中より筋肉質に見えますがイメージは崩さず立体化されていました。



(各部)
h01
h02h03h04h05h06
頭部は目の部分はオレンジのクリアーパーツを使用して、劇中通りの形状を再現しています。


b01
肩から腕にかけては筋肉質な体のラインをよく再現しており、胸部のカラータイマーや体のブラックの縞などもきれいに処理されていました。

b02
腹部は割れた腹筋の造形が再現され、脚部分もブラックのボディにレッドのラインがきれいに施されています。

b04b05
ベリアル特有の大型の手も付属しており、鋭い爪の造形もしっかりと造形されていました。

b06b09b10
背中も前方と同様に、レッドのラインや背中の突起などの形状も問題ない仕上がりでした。




(オプション)
option
オプションとして、ギガバトルナイザー、ギガバトルナイザー交換パーツ、デスシウム光線などに対応できる手、バトルナイザー保持用手が付属します。

op01 
ギガバトルナイザー用のハンドは両手付属し、片手、両手持ちに対応できます。また、バトルナイザーは交換パーツを用いて伸ばした状態にもすることができます。

(可動性)
a01a02a04
ベリアルの口は少しですが上下に開くことができます。

ha
見えにくいですが、口の中には歯もちゃんと造形されていました。

a06a07a08
首は前後に大きく曲げることができます。

a10
ヘッドは左右には写真までの回転が限度でしたが、首パーツも可動するのでより横に向かせることができます。

a11a12
最近のフィギュアーツウルトラマンと同様に、肩に引き出し機構により腕をより前に引き出すことができます。

a13
腕は予期には90度まで上げることができます。

a14
腕はひじは90度曲げられ、上には少し傾きますが150度ほどまで上げることができます。

a15a16
背中は後ろにはそこそこ曲がり、前方にはより深く曲げることができました。

a17
胴は、左右に約20度ほど傾けることが可能でした。

a19
胸部は、左右に約30度ほど回転が可能でした。

a20
脚は前方には約100度ほど上がり、今までのフィギュアーツウルトラマンでも高い可動域がありました。膝は120度ほど、つま先は60度ほど上に動かすことができました。

a21
脚は左右には約170度ほどまで開脚でき、足は前後左右に可動域があり接地性も高かったです。


 


(そのほか)
ve10d02d01d03ve02d04d05


VSゼロ
d06d07
battle01

VSゼロビヨンド
d09ve06ve08


VSジード
d10 ve01
lastaa

アトロシアスと
ve05ve07
より新しいデザインかつスリムな体型のアトロシアスですが、フィギュアの完成度としては後発ということもありますが今回のベリアルのほうが良いですね。 
以上、バンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ ウルトラマンベリアル レビューでした。

 

 

(総評)
よかったところ
劇中よりかなり筋肉質だが、ベリアルのイメージを十分に再現した造形と塗装
可動性はかなり高く、劇中のアクションポーズに多く対応

気になったところ
エフェクトパーツはなし
ハンドの接続部が若干はめにくい


ウルトラマンベリアルはULTRAACTシリーズなどで今まで複数回フィギュアがリリースされてきましたが、今回は最新版ということもありますが塗装、造形、関節の技術などもっとも進化したベリアルに仕上がっていました。体型は劇中より筋肉質にはなりましたが、力強く邪悪なベリアルのイメージを十分に再現しています。武器はギガバトルナイザーとハンドのみですが、各部の可動性が高いので、劇中戦闘をイメージした多数のポーズが可能でした。

逆に気になったことは、以前のウルトラアクトなどでは付属していたバトルナイザーのエフェクトパーツは未付属なのと、デスシウム光線のエフェクトもないのが残念でした。また、腕の接続部が少しはまりにくく、それが気になりました。

エフェクトパーツがないのは残念ですが、造形も良く可動性も高くプレイバリューは高いので、劇中で因縁のあるゼロ、ゼロビヨンド、ジードなどのフィギュアーツとディスプレイするのも楽しめると思います。

ウルトラマン関連のフィギュアーツは今後はウルトラマンビクトリー、ジードマグニフィセント、ULTRAMAN、 SUITver7 が発売予定ですが、ゼロやベリアルはゼロビヨンドやアトロシアスも出ているので当面は新作のリリースはなさそうですね。今年は「ウルトラマンタイガ」も放送開始されるので、タイガからもフィギュアーツが発売されるのかも期待したいです。

それでは今回はこれにて。



bnr_shf_ultramangeed_magnificent_600x163

S.H.フィギュアーツ ウルトラマンベリアル(あみあみ) (駿河屋)(楽天) (ヤフー)
S.H.フィギュアーツ ウルトラマンゼロ(あみあみ)(駿河屋)(ヤフー)
S.H.Figuarts ウルトラマンビクトリー(あみあみ)(Amazon) (駿河屋)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます