バンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ アベンジャーズ/エンドゲーム ローニン ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

バンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ アベンジャーズ/エンドゲーム ローニン ミニレビュー

浪人04
今回はバンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ アベンジャーズ/エンドゲーム ローニン ミニレビューです。



 

(全体像)
ro01ro02ro03ro04
バンダイスピリッツより、映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」に登場する「ローニン」のフィギュアが発売されました。ローニンは名前の通り日本の「浪人」のイメージを取り込んだヒーローで、本来のヒーローが本人と知られないようにするための仮の姿のことのようです。映画の予告映像でもネタバレしているので正体はホークアイなのですが、通常のホークアイの得意な弓と矢はなく刀を身に着けています。衣装もフードをかぶり目だけを露出したマスクを身に着け、ブラックを基調とした侍よりは忍者っぽい衣装が再現されています。全身はゴールド、シルバーカラーは少しで大部分はブラックカラーですが、ブラック部分でも各部で艶あり艶なしに塗分けられていました。


(各部)
h01h02h03
頭部はデジタル彩色が用いられており、目と目の周囲のみですがホークアイの目が再現されています。また、マスクにも細かいながら空気穴の造形も再現されていました。

h04h05
フードは取り外すことができます。このフィギュアでは頭部にさらにマスクをかぶったような状態のヘッドになっています。ただ、これはこれで忍者っぽく見えるので見栄えはそこまで悪くないと思います。


b01
ローニンの衣装は劇中に近く再現されており、肩パットや刀のためのバンド、ベルトやバックルもしっかりと再現されています。前方のチャックやバンドの留め金部分などの塗装も細かく仕上げられていました。

b02
また肩部とスカートは軟質素材でできており、特に足の動きには干渉しにくいようになっていました。また胴体側面のメッシュ状の衣装部分も細かく再現されていました。

b05
腕部分の塗装や造形も問題なく見えましたが、私の購入分はやたら左腕の関節が外れたのでそれが残念でした。

b33
後ろのスカートの造形や塗装も問題ない仕上がりでした。

l01
l03
脚部分も別パーツではないものの太ももに巻き付けたバンドや膝あて、脛のゲートルなど造形と塗装ともにしっかりと再現されていました。とくに膝あては、格子状の表面の造形など細かいところまで良く作られていました。


(オプション)
hands
ハンドは計6種類あり、握り、開き、刀持ち手が左右ともに付属します。

浪人20
刀は一種類、鞘は二種類と鞘に収まった刀の計4種類付属します。刀の入った鞘と鞘のみの二つは、ローニンの背中にセットすることができます。ただ、私の購入分ではあまりしっかりと固定できなかったのが残念でした。刀は劇中のようにみね(刃の逆の部分)に穴は開いていないのですが、これで穴開けると耐久性に問題出そうなのでこれでよかったのかもしれません。もう一つの鞘は刀と同じで手に持たせることができます。

hh01
交換用ヘッドは目線が左のものが付属します。フードは軟質素材でできており、ローニンの襟の外側部分の3か所の穴に差し込んでセットできます。




(可動性)
ac01aco2
ヘッドは後方は襟が邪魔してあまり動かせませんが、ヘッドと首の可動域は広いため前方には大きく曲げることができます。

ac03
左右には30度ほどヘッドを傾かせることができ、左右にはフードのない状態では360度回転できます。

ac08
腕は左右には90度上がり、ひじは120度ほど曲げることができます。ただ肩パーツのため、まっすぐ上には腕を上げることは難しく、前方にも腕の引き出しギミックはありますがまっすぐ伸ばすのが限界でした。

ac09ac10
胴体は前後にはそれぞれ30度ほど動かすことができます。

ac11
横には約30度ほど傾けることができます。

ac12
上半身は胸部、腹部とも左右に360度回転が可能でした。

ac14
脚は前方には約90度、膝は110度、足先は約80度ほど動かすことができます。

ac15
脚は左右にあわせて150度ほど開脚することができます。ただ足の可動性はそこそこなので、接地性はあまり良くはなかったです。



(そのほか)
浪人05浪人03
浪人01浪人02浪人04浪人06浪人08浪人10浪人11浪人15浪人35
aka01シアンー20

ブラック・ウィドウと
浪人蜘蛛

浪人13
フードを被った姿はかっこいいのですがヘッドを動かすにはフードを外さないと操作しにくいので、もっと簡単に着脱できたらさらによかったですね。
以上バンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ アベンジャーズ/エンドゲーム ローニン ミニレビューでした。



(総評)
アレンジはあるが概ねは劇中に準拠したデザインを再現
可動性は高めだが、肩パーツの干渉がある腕の可動域は少し狭い
腕や脚の関節部が割と抜けやすかった
背中の鞘が外れやすい


もともとアベンジャーズの予告でも姿を見せていたこともあったためか、劇中などの写真と比べても衣装デザインは若干アレンジは加わったものの概ね再現されていました。オプションはさすがに予告の時にフードを脱いだホークアイのヘッドはありませんでしたが、背中にセットする鞘や刀などのパーツが必要最低限は付属していました。

可動性は、脚がスカートと干渉するものの軟質素材なのでそこまで可動性が下がらず動かすことがでまきました。一方肩はパーツに軟質素材を使用してはいますが腕の動きに大きく干渉するので、ブラックウィドウなどに比べても可動域は狭めでした。また私の購入分だけかもしれませんが、腕や足の関節が外れやすいのと、刀の鞘をセットする背中の穴が緩いため取り付けてもすぐ外れてしまうのが気になりました。

デザインの再現はこの値段では頑張っていると思いますが、劇中でも激しい戦いを演じていただけに可動性が上がるように肩パーツの干渉を何とかしてほしかったですね。今後は魂ウェブ商店で正体のホークアイが予約受付されていますが、そちらにはローニンで使用していた刀は付属していないようです。もしホークアイのヘッドをこちらに着けたり刀をホークアイに持たせたいならば、両方購入したほうがプレイバリューは広がりそうですね。

それでは今回はこれにて。

 


bnr_shf_hawkeye_aeg_600x163
S.H.Figuarts ホークアイ(アベンジャーズ/エンドゲーム)(魂ウェブ商店)
S.H.フィギュアーツ ローニン(あみあみ) (楽天) (ヤフー)
ホットトイズホークアイEG版(あみあみ) (楽天) (駿河屋) (amazon)

関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます