ホットトイズ 「ブラックパンサー」 ブラックパンサー レビュー 後編 - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ 「ブラックパンサー」 ブラックパンサー レビュー 後編

bp01 (1)
今回はホットトイズ 「ブラックパンサー」 ブラックパンサーレビュー後編です。



前編はこちら
ホットトイズ 「ブラックパンサー」ブラックパンサー レビュー 前編



(バックボード)
a21
今回のバックボードは劇中場面等ではなく、ブラックパンサーのデザインが描かれている仕様でした。


(可動性)
a01a02
ヘッドは前後に大きく動かすことができ、背を低くしている際などの頭の位置にも対応できます。

a03
ヘッドは左右には10度ほど傾けることができます。

a05
ヘッドは左右には360度回転が可能でした。

a08
腕は左右には約100度ほどまで上げることができます。ひじも約100度、手首も45度ほど傾けることができます。

a10
腕は、90度以上上げたまま少し後ろに反らせる可動域がありました。

a11
腕は上には約90度、肩から腕を前方にはあまり引き出せませんが、正面までには腕を移動させることができます。ただ腕を真上に上げるとスーツがかなり引っ張られるので、スーツのダメージが気になる人は注意が必要です。

a13
胴体は、左右には45度ほど回転が可能でした。ただ前後に腰を曲げた状態だと、回転できないようなので注意が必要です。

a15
a17
腰はクリック式関節が採用されており、前方には30度、後方には45度ほどしっかりと保持したまま曲げることができます。

a18
脚は、下方向に引っ張って可動域を拡張することができます。
前方には約90度近く、膝は150度、足先は45度ほど上げることができます。脚は、後方には約60度ほど可動域があります。


a19
脚の前後の可動域が広いのでキックなどにも十分に対応できます。

a23
足は前後左右ともに可動域が広く、接地性もこのくらいまでならば十分に接地できます。

ac20
脚は、180度近く開脚が可能でした。今回は新規素体が使用されていることもあり、シビルウォー版よりも可動域が改善された部位が多かったです。




(そのほか) 
bpl03

bp01 (1)

bpl02

bkl01

bp03 (1)

bp11 (1)

bp06

bp11 

bb01

li07

li09 (1)

li03 (1)

li10 (1)

li02 (1)

li12

li11 (1)

li13
th02
これらの写真は付属のライトではなく別売りのブラックライトを使用して撮影しましたが、光が強い分全身の模様がかなりくっきりと見えるようになります。ただ劇中での少し光った状態にしたいならば、直立に近いポーズなら付属のブラックライトスタンドを、大きくポーズをつけた場合は市販のブラックライトを距離をとって照射すると良いでしょう。 

th01
一応ブラックライトなしも一枚


キャップと
b&c03 

b&c01

キャップ、ウィドウと 
bcb01

劇中ではほとんど絡まなかった思いますが、一応同じ戦場にいたのでソーと

bp20

bp21

VSサノス軍

battle01

battle02

vs20

vs10

vs07

vs03
さすがのブラックパンサーも、サノスが相手では有効な攻撃手段が乏しいでしょうね・・・。

 bpl08

bl01

wf02

wf01
ワカンダフォーエバー。腕をクロスさせるポーズはワンダーウーマンやデッドプール(パクリ?)など最近はするヒーローも多いですね。 

bpl06
以上、ホットトイズ 「ブラックパンサー」ブラックパンサー レビューでした。



(総評)
よかったところ
スーツは前作版と比べると地味だが、デザイン再現度は高い
ブラックライトで全身に施されたされた細かい紋様が輝く仕様が素晴らしい
可動性は足先の可動部位追加があり、劇中アクションに一部を除き対応できる高い可動性を有する
ヘッドはティ・チャラのヘッドやマスクの目を交換などで3パターンのヘッドの状態を再現可能
ブラックライトはスタンドにセットでき、容易にライトアップ可能

気になったところ
胴体にクリック式関節が導入されたが、曲げたままだと胴体の左右回転はできない
ブラックライトユニットは簡素な作りで、紙の接着が不十分

前作版に比べて外見は地味に見えますが、スーツデザインはほぼサンプルから劣化なくまとまったスタイルを再現していました。そして付属のブラックライトにより全身の文様が浮かび上がる仕様になっており、模様の細かく施されており非常に美しく輝きます。可動性は前作版より足先に可動部位が追加され、もともと高い可動性もあり劇中アクションポーズの多くに対応できる可動性を有していました。また前作版では付属しなかったティ・チャカのヘッドが付属しするだけでなく、目の部分がオープンした状態も再現できます。あとはアイアンマンネオンテックやソーなどブラックライト対応フィギュアでは付属しなかったブラックライトユニットがあることで、このフィギュアセットだけでライトアップ機能が使用できるのも魅力だと思います。

気になったのは胴体の前後の可動部位にはクリック式関節が導入されしっかりと胴体を曲げることはできるようになったものの、胴体を回転しにくくなったのが残念でした。またブラックライトユニットは発泡スチロールにブラックライトLEDをセットして紙を巻いた簡素なつくりのため、私の購入分では紙の接着部分がはがれてきていたのが残念でした。

残念な点も少しありましたが、スーツ再現度、ブラックライト紋様発光、高い可動性、ヘッド用パーツが豊富など、映画「ブラックパンサー」「アベンジャーズ/インフィニティウォー」の劇中に近いブラックパンサーが欲しい人は現時点では文句なくお勧めできるクオリティだと思います。

ホットトイズのブラックパンサーフィギュアは今後はキルモンガー、シュリなどが発売予定ですが、私は映画公開前からキルモンガーはスーツデザインが気に入っていたので発売が楽しみです。このブラックパンサーも現在は在庫切れでプレミア価格になっているのようですが、欲しい人が多いならば以前のドクターストレンジのようにインフィニティウォー版などとして改良して再販してほしいですね。

それでは今回はこれにて。



ブラックパンサー 「ブラックパンサー」 ムービー・マスターピース 1/6 【駿河屋)
シュリ 「ブラックパンサー」 ムービー・マスターピース 1/6 【駿河屋)


(関連レビュー)
ホットトイズ ブラックパンサー(シビルウォー版)
ホットトイズ ティ・チャカ
ホットトイズ アイアンマンマーク50
ホットトイズ アイアンマンマーク50拡張パーツセット
ホットトイズ ウォーマシンマーク4
ホットトイズ ドクター・ストレンジ(アベンジャーズ・インフィニティウォー)
ホットトイズ アイアン・スパイダー
ホットトイズ キャプテンアメリカ(アベンジャーズ・インフィニティウォー)
ホットトイズ ソー(アベンジャーズ・インフィニティウォー)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます